細木で井上陽水

March 28 [Mon], 2016, 18:52
一般的に見ると介護士として働くことは大変ハードだと認識され、勤務するのが、労働基準法で言われている「8時間」でおさまることは夜勤勤務の必要のない、個人医院やクリニックのような場所以外では難しいと思われます。例として、二交代制の介護施設勤務のケースだと、合間で休憩はあるのですが、全部で16時間勤務になるようなこともあります。長時間勤務がザラだということも介護士として勤務することが過酷であると考えられる理由だと言えるでしょう。介護士が活躍できる場所は、クリニックや介護施設の他にも存在します。数々の介護施設のうち、グループホームのようなところでも介護士の働けるところは十分にあります。
こういったグループホームに入所している方は、認知症のため生活に支障をきたしている方々なので、それを十分考慮してかかわりを持つということが必要になってきます。
介護関係に携わりたいという介護士の方は、勤務先にグループホームを選択することも前向きに考えていいのではないでしょうか。介護士個人の都合などによって、常勤や派遣といったように働き方を選べたりもしますが、それでも、殆どの人は介護機関で働いているわけです。介護士といえば介護施設で働くもの、というイメージがありますが他でも、意外と介護士でなければできない仕事というのはあって、働く場所となるのは、保育園、幼稚園の保健室、企業内の医務室、介護施設や保健センターなどで、こうしたところで働く人はじわじわ増えています。
こうして、介護施設に限らず介護士として仕事ができる場所はたくさん有ります。ライフステージに合わせて働きやすい職場へと、転職することもできるのです。

あなたは「介護士」と聞くとどのような印象を受けますか?白衣の天使と呼ばれることもあるくらいですから、世間一般では良い印象を持たれていることが多いと言えます。

けれども、介護士の現状はというと、もちろん待遇はそれなりですが、夜間勤務や、長時間残業で大変な思いをしながら働いている介護士というのも少なからず存在しているのです。肯定的側面を見るだけではなく、現実問題として介護士の働き方はどのようなものなのか、分かっておくことが必要でしょう。

介護士長の役割とは、各病棟を取りまとめる以外に看護部長をサポートしたり、介護士の指導教育といったもので、一般的には課長の役職に近いと言えます。課長職の年収とはいえ企業によって違うように、勤める介護施設の規模が、介護士の年収の差異に影響しています。
そのほかにも、公立介護施設と民間介護施設ではまた違いますし、介護施設がある地域が年収に影響していることもあります。



稼ぎの良い公立介護施設に勤めるケースでは約750万円と想定されます。

介護施設で介護士として働いていた知人は、病気を治療するため一度介護士を辞めています。ですが、身体の調子が治ったら、早速現場に戻って、介護士として今も介護施設で働いています。

多少のブランクでも、有利な資格があれば復帰も早いと思います。


やはり資格が大切なことが改めて分かりました。初めて介護士として働こうと思っても、就職先が見つからずに失敗が続くという場合、もしかしたら年齢制限によって弾かれている可能性があります。求人サイトなどには年齢についての制限を載せていない場合も、実際には介護施設側が採用に関する制限を決めている場合があります。中でも30代から介護士を始めた、という方の場合は難しくなります。
日本のみならず、海外で支援が必要な方々に、介護の立場から支援したいと思案している介護士の方もいるでしょう。現実に、海外で日本の介護に対する需要の高まりから、豊富な知識と笑顔で患者を支えることの出来る介護士が求められているのです。当然ですが、海外では意思疎通をはかるためにも、英会話ができる事が絶対条件になるでしょう。



海外の機関で介護士として働きたいと思うのであれば、積極的に英語を学ぶようにしましょう。



高い給料をもらっている介護士でも、もっと収入を得たいと考えて、Wワークに挑む人もいます。介護士の資格を持っていれば、人間ドッグや健康診断のサポート、団体旅行に同行するツアーナースなど単発の仕事や、短期の仕事もたくさんありますので、Wワークをしようと思えばできるのです。ですが、本業で勤めている介護施設で副業を禁止、としていることもあります。



また、何と言っても、介護士の仕事そのものが大変な激務なので、体に無理をさせてまで副業をするのは、決しておすすめ致しません。
皆さん想像がつくと思いますが、介護士は多くが女性ですので結婚であったり、出産であったりで一度職を離れる人も多く結果的に離職率が高い仕事となっています。
それにプラスして、働く時間が規則的でないこととか、キツい仕事だということも原因となり、離婚率についても高くなっているようです。


たとえシングルマザーであっても十分子育て出来るくらいお金が入ってくることももしかしたら離婚する割合が多くなる原因の一つかもしれません。

同じ介護士であっても、正社員とパートでは少し差があります。

正社員ですと月給制で安定した収入を得られますが、週に何日か働くパートですと、給料は時給計算になります。

具体的な金額としては日勤の場合でおおむね1300円以上1800円くらいまでがパート介護士の時給としての相場です。
パートとしてはなかなかの数字なのでしょうが、介護士として、人命にかかわる業務をこなし、心身両方に負担のかかるハードワークを思えば、あまり良い時給ではないのかもしれません。
学校を出てすぐに勤務した介護施設で、めまぐるしく働いて、無理をしすぎたせいもあって辞めることになり、自分にはもっと向いた仕事があるかもしれない、などと迷ってしまったのでした。けれど、悩み抜いて出した結論が、やはり介護士は続けたい、というもので、別の介護施設で働こう、と転職を心に決めました。決意をしたものの、履歴書をどう書いたらいいのか、よくわからなくて参りました。そういうサイトを見たり、本を探したりしながら苦労しながらも、仕上げることができました。でも、もはや子供ではないのだから、こうしたことに限らず、何に関してもちゃんと自分でやらなきゃいけないんだ、なんてことがわかったのです。
一般的に、介護士は入院患者や緊急搬送される患者に対応するため、夜勤を避けられない職業の一つです。

具体的な時間帯ですが、職場が2交代勤務なのか3交代勤務なのかで変わってくるのです。


一般的に、2交代勤務だと夜勤が長時間になり、対する3交代勤務の夜勤では休みと出勤が8時間で区切られるため、家に帰っても十分に休めない事もあります。希望する介護施設がどういった交代勤務を採用しているのか前もって知っておいた方が良いでしょう。病棟勤務に就いている介護士の勤務形態ですが、介護施設によりますが、2交代制か3交代制でみんなが夜勤を務めます。日勤と違って夜勤は現場から医師や介護士も減ってしまいますし、そうやって人がいなくなった夜中に腹痛、頭痛、眠れない、等々で入院患者からナースコールがあったりと、決められた作業以外の急な対応が増える傾向があります。



かといってルーチンワークもこなす必要があるので、作業量としてみてみると、日勤よりも多くなる場合がほとんどです。患者に安心して治療を受けてもらうためにも、介護士は服装や外見を意識しておく事を忘れてはいけません。

中でも、女性の介護士は派手なお化粧は控えて、広い世代に好印象になるナチュラルメイクにしておくのが一番です。ノーメイクとも違いますから、きちんとした雰囲気になるので、周りに与える印象がまた違ったものになるでしょう。介護施設では、介護士が一日中途切れないよう、交代制という形の勤務になりますが、そのため、申し送りというものが必要になります。患者さんに行なわれた処置についてや、投薬量の変化といった情報、看護の業務に必要な諸々についてこれから勤務をスタートさせる人へ、口頭にて説明を行います。


申し送りでは、大事な情報がもれなく相手に伝わり、理解してもらえるように、簡素に正確に話す努力が必要です。
あまり時間をかけず、要領よくこなすということも求められます。
一般的に、介護士が持つ悩みとして代表的なものは不規則な勤務形態ではないでしょうか。カレンダー通りの休みが取れる事はまずありませんから、休日に友人と遊んだり都合を合わせることが出来なくなるという事が悩みのタネになっているようです。


あるいは、単純に忙しくて休みが取れないケースもあります。
きちんとした休みを望むのであれば、たとえば、日勤のみの勤務が可能な介護施設の求人を探してみるなど、これを期に転職を検討してみてはいかがでしょうか。
勤務中の介護士というのは緊張の糸を切らすことがなかなかできず、そのために多くの介護士はストレスに悩まされます。

つまりこの仕事は、体力的につらい面に加えて、心にも大きな負担がかかるということになります。



溜めてばかりだと良いことは少しもありません。



解消の仕方を発見しているか、または見つけ出せるか、というのも、介護士であり続けるためには大事な点になるでしょう。

近頃は、ますます介護士は不足気味です。介護士資格を持っているけれども、介護士の職を選択していない人も多いのです。

では、介護士不足の原因はなんでしょう。それは、介護士は離職率が高いという現実に起因するものだと思います。それでは離職率がどれくらいなのかといいますと、常勤介護士の場合、およそ11パーセントもあります。大多数が女性の職場なので、出産や育児に専念するために退職、ということもままありますが、その他にも、過酷な労働環境も、離職の割合を高める一つの要因になっているのではないでしょうか。多くの方々と出会うことが出来る街コンですがこのイベントに参加する介護士の方は少なくありません。

女性の多い職場であるためどうにも男性に出会うことが難しく、「結婚したい」という介護士達が、街コンに繰り出しています。介護士という仕事は、街コン参加者の中でも人気の高い職業だと言えます。ただし、せっかくいい相手が見つかっても、後々になって仕事が規則的でないということが原因で、上手くいくケースばかりではないのが現実です。


医師も介護士も主に病気の人と接する仕事ですが、この二者間の決定的な違いといえばなんだと思いますか。
明らかな違いといえば、医師がすべきことは患者さんの診察を行い、そしてそれに沿って治療を行うということや、予防するためにはどうしたらいいか忠告したり必要なお薬を処方するといったことが仕事の内容です。他方、介護士の場合は、必要に応じて医師が出す指示の通りに、診療の補助をして、患者さんの介護的、心理的援助を行うといった仕事内容になります。他の一般的な職業と、介護士の収入などを比べたデータによると、少なくとも平均年収においてははっきりと、介護士の方が額は大きいのです。

介護士不足に陥っている介護機関は少なくはなく需要はいつでもある訳ですから、世の中の景気はどうあれ、データ的には年収にムラが出にくい、という点も、人気職である所以かもしれません。

収入が良いのは事実ですが、その一方で、かなり長時間のサービス残業を、せざるを得ない場合が多かったりなど、介護士を取り巻く仕事環境は、あまり良いものとは言えないようです。

職場で担当する業務により、作業の内容がまったく変わってくるのが介護士です。

そういうこともあって、最初に病棟で勤務を経験したら、次の職場でも病棟勤務、というのはよくある話です。



または、何か得意な技能を持っているのであれば、それを採用面接で言っておくことで、その技能を一番発揮できる持ち場配置となり、働きやすくなるでしょう。
仮に、いつでも夜勤が歓迎である旨を伝えるとしますと、24時間体制が基本の病棟で、勤務することになるでしょう。

行なう業務の難易度などによっては給金が変わることを頭に入れつつも、とにかく希望することなどがあれば、言っておくべきです。公務員介護士になるには、国公立介護施設や公立機関で働くという方法です。


実際、介護士の職業は知識や経験を積みながら長く働ける仕事だということで高い人気がありますが、公務員のメリットを生かす事も出来ればもっと安定性が高まりますよね。
具体的にどのような利点があるのかというと、福利厚生の手厚さやリストラの心配が少ないということを挙げられます。



これらは最大のメリットだと言えるでしょう。日夜、介護士として厳しい仕事を続けていると、数えきれないほど大変なこともあるでしょう。
どこが一番楽のできる診療科か、ということを考え始めるようなことがあっても、不思議ではありません。
他と比べるとまあまあゆったりしていると考えられている病棟は、眼科、精神科、整形外科といったあたりといわれています。


しかしながら、介護機関の種類や、どんな症状の患者さんが多くいるのかなどによっても、ハードさの度合いは違ってくるはずです。介護士をやるからにはほぼ夜勤の必要が出てくるわけで介護士の中でも小さな子を持つ場合には不安材料となります。子供が小学校に入るまでならば24時間保育を実施している保育所を利用したり、院内の託児室の利用で対応することもできるのですが、小学生になると預け先がぐっと減ってしまうという問題が浮上します。ですから、パートで働く形に変えていくという介護士もかなりの割合で存在しています。介護士の資格というものは日本の法律では医師が診療をする際に、その補助を行う存在です。基本原則として、介護行為を行うということは認められていないのが現状ですが医師から指示された場合は、可能な場合もありますただ、患者さんの状態によって、一刻一秒を争うような事態になった時には、キャリアのある介護士には一部の介護行為を認められてもいいんじゃなかろうかという風に感じています。

介護士の働く職場では、人間関係が上手くいっている所は少ないといった話は、実によく耳に入ってきますけれども、これは、職場の大半の人材を女性が占めている、ということからきていると推測されます。というのも、小さな集団を作って、気の合う者同士固まる傾向が女性には強くて何人か集まると、この場にいない他人の噂話に花を咲かせたりするものですから、仕事場にいる殆どの人が女性、といった場合には頻繁にそんな光景も見られるでしょう。
日常的にそんな環境に接していると少なからず嫌悪感を覚えることもあるでしょうけれど、そうなってしまうのも、女性の多い環境ならではのことだと納得しておくと良いかもしれません。日夜、仕事に打ち込む介護士の給料は、他業種と比べると高めですが、個人のクリニックなのか、大規模な公立介護施設なのかなど、どんな職場で働いているかにより差が大きいです。
退職する時に出る手当である、退職金については、都道府県や市町村などによる公立介護施設や、あるいは国立の介護施設なら、介護士は公務員、あるいは準公務員の扱いですから、しっかりと勤務した年数などから退職金が算出され、それなりの額を受け取ることができるようになっています。個人介護施設はどうなっているかというと、退職金について、はっきりとした決まりもないことがあり、とにかく最高責任者である院長先生の考え方一つ、といった面があります。



公立介護施設に限っては、確実に規定額の退職金が出ます。



他はそうとも言えない、ということになるでしょう。
そこそこ昔のことではあるものの、仕事としての介護士は、かなりハードな部類に入るとイメージされていたようなのですが、ここ数年、仕事内容に相当する高額の給金を獲得できる専門職であることが、よく知られるようになっております。介護士の手にする給料というのは、女性が筆頭の稼ぎ頭となって、自分と家族を生活させていくことが可能なのです。つまり介護士というのは給料の高い専門職だということです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リナ
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cropuctilueepp/index1_0.rdf