コムクドリがチャコちゃん

February 17 [Sat], 2018, 9:45
株式投資はきわめて魅力的な投資のやり口のひとつです。

ただし、株の売り買いにはいろいろなリスクも伴います。
株の重大なリスクとしては、値下がり、流動性、倒産などのリスクがあります。
株式投資には定期預金などとは異なって、元本が保証されません。株を始めたばかりの人は、リスクを十分に認識して慎重に投資をする必要があるでしょう。

株を始めたばかりの人が株式投資をする狙い目は、みんなが株式投資に関心を失くし、株式市場が暇な状態になっている時なのです。
このような時期では、どの銘柄もありえないほど安値で株価が放置状態なので、優良銘柄を買うとすれば絶好の時期だと考えられるからです。

株では株式チャートによって売買判断を行うという方法が一般的にあります。そして、そのうち1つが押し目買いという名で知られている手法になります。
株価が移動平均線と接する部分を底値と考えて、その底値近くの数字で、株を購入するというのが押し目買いというものです。これまでの実績や経験的に、今後、株価が上昇していく傾向が強まるポイントだといえます。株の取引をはじめたばかりの人はどの銘柄に投資するのがよいかわからないので、株式雑誌がオススメしている推奨銘柄の中からよさそうな会社を選んで投資するのがいいかもしれません。


売買を繰り返して、段々と知っている銘柄の数を増やしていって、自分でいいと感じる銘柄を見つけるようになるのだと思います。株には詳しくない者が初歩的な知識を学ぶために必要になることは、株式投資について書かれた本を読むことで、基本と呼ぶべき本を5冊以上読まなければならないと思われます。株式投資関連の本を五冊ほど読めば、それらの本を読み終えての共通する部分は重要だということが判明するからです。

初めての株取引であるなら確定申告対策として、源泉徴収ありの特定口座を開設することを提案します。面倒な確定申告の作業や調査に費やす時間をなるべく減らして、その分を、株取引のための情報を調べることに時間をかけることができるからです。株を持つ場合、自身の資金に対しての利回りを意識してしまうのではと思います。銀行に預けていたとしてもあまり利息がつかない現在では、債券や国債、定期預金や投資信託などに比べ、利回りが良いものでなくては投資の意味がありません。しっかりと利回りを意識しながら投資を行うのが重要です。



株式に資金を投じる世界ではテクニカル指数を駆使して株の投資に携わっている人たちが大勢います。そんなわけで、株投資の初心者もテクニカル指数については一通り、書籍などで学んでから株式の売買などを始めた方が、勝つ割合が高くなるでしょう。株式投資を行う機会には、単元株式ではない、ミニ株式を買い入れる方法も存在します。単元株では購入する金額が高すぎて購入できない株を購入したい場合にはミニ株でぽつぽつと買い入れることによって、一回に大金を準備しなくても求める銘柄を購入できます。私の保有する株が最近、特に上がったり下がったりとしているので、下がりそうな株、儲かりそうな株を己で判断し、売ったり買ったりしています。時折失敗して、損になることもありますが、現在のところは収支がプラスになっています。

この先もプラスで売り抜けられたら嬉しいな、なんて思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヨウタ
読者になる
2018年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる