手数料を比較しよう 

August 09 [Mon], 2010, 18:26
取引においては手数料が発生するのが普通ですが、当然手数料は低い会社の方が有利となります。

手数料無料というのがもっとも理想的でしょう。

最近では手数料無料の会社も増えてきているので、そうしたものもチェックしておきたいところです。

しかし、だからと言って「じゃあ手数料無料の会社で決めよう」というのは早合点です。

いくら手数料が無料でも、たとえば取引単位が限定されていたり、レバレッジが限定されていたりすれば、自分が希望する取引を存分に行えないかも知れません。

また、スワップ金利を利用して長期的な資産運用を予定しているのであれば、スワップ金利が有利な会社を選んだ方が結果的に得になるという場合もあります。

手数料を各会社を比較する際の検討事項として考慮するのは大切ですが、まずは自分の投資法を明確にし、その目的にもっとも合った会社を選ぶという事が大切になります。


また、手数料無料の会社では個人資産を保障していない会社も見られます。

このリスクについては「業者リスクを確認しよう」の項で改めて説明しますが、資産保全を重要視するのであれば、信託保全を完備した会社を選ぶということも大切になってきます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:crimson365
読者になる
2010年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる