私の本が発売! 

2008年11月22日(土) 20時50分

自著の告知「夢幻空花なる思索の螺旋階段」
下記の画像をクリックすると楽天でご購入できます。

陰翳――断章 弐 

2008年01月07日(月) 9時38分

――ほらほら、無といふ文字や零といふ記号で封印されたものたちが、蛇が外界の状況を把握する為にちょろちょろと舌を出すやうに己の場所から逃げ出さうとしてゐるのが見えないかい? 



――ふっ、それで?



――奴等もまた己が己であることに憤怒してゐる《存在》の虜囚さ。身の程知らずったらありゃしない……へっ。



――さういふお主もまた自同律の不快が持ち切れずに己を持て余して《他》に八つ当たりしてゐるじゃないかい?



――へっへっへっ。さういふお主もつんと澄ました顔をしてゐるが、へっへっへっ、自同律の不快が持ち切れずに《他》に八つ当たりしてゐるじゃないかい?



――はっはっはっ。馬鹿が……。あっしは己の翳の深さを思ひあぐねて七転八倒してゐるだけさ。



――ふむ。お主はProgramerなら誰でも知っているハノイの塔を知っているかね?



――それで?



――そのハノイの塔の翳は、さて、その中心部が最も濃いと思ふかい?



――ふむ。多分さうだらう。それで?



――お主は翳の深さがあの厄介者の《存在》と紐帯で結び付いてゐるとしたならどう思ふ?



――さうさねえ……、……翳もまた翳で己から逃げ出したい《存在》の虜囚じゃないか、へっ。



――ふっ、さて、そこで己の己からの遁走が可能として、その己は何になる?



――へっ、それは愚門だぜ、己は《他》になるに決まってらあ!



――ふっ、それで、己が《他》に変化できたとしてその《他》もまた己といふ《存在》の虜囚じゃないのかい?



――へっ、大馬鹿者が! 己は《他》に変化できたその刹那の悦楽を存分に喰らひたいだけなのさ。その《虚しさ》といふ快楽が一度でも味はへれば馬鹿な《己》はそれで満足するのさ。



――へっ、それが生きるための馬の眼前にぶら下げられた人参といふ事かね。阿呆らし。



――さう、人生なんぞ阿呆らしくなくて何とする?



――ははん。他人の家の庭はよく見えるか、様あないぜ、ちぇっ。







































審問官 参拾――主体弾劾者の手記 廿九 

2008年01月06日(日) 9時16分

――もしや、この眼前の全く面識のない赤の他人の彼の人は……、もしや、恍惚の中に陶酔してゐるのかもしれぬ……。



《眼球体》と化した私は眼前に横たはる彼の人をまじまじと凝視しながら不意に何故かしらさう思ったのであった。否、実のところ、さう思はずにはゐられなかったのである。これは実際のところ私の願望の反映に過ぎないのかもしれないが、しかし、生き物が死すれば



――皆善し!



として自殺を除いて全ての死したものが恍惚の陶酔の中になければならないとしか私にはその当時思へなかったのであった。



――うぅぅぅぅあぁぁぁぁああああ〜〜



この絶えず彼の人から発せられてゐる音ならざる苦悶の呻き声は、もしかすると歓喜の絶頂の中で輻射されてゐる慈悲深き盧遮那の輝きにも似た歓喜の雄叫びなのかもしれぬと思へなくもないのである。否、寧ろさう考へたほうが自然なやうな気がするのである。自殺を除いて死すもの全て



――うぅぅぅぅあぁぁぁぁああああ〜〜



と、ハイゼンベルクの不確性原理から解放された完全なる《一》たる己を己に見出し歓喜の雄叫びを上げて吾が生と死に祝杯を捧げてゐるに違ひない。生きてゐる間は生老病死に苛まれ底なく出口なき苦悶の中でもがき苦しみやっとのことで未完の生を繋いで来たに違ひない生者達は死してやっと安寧を手にするに違ひないのだ。ところでそれはまた死の瞬間の刹那のことでその後の中有を経て極楽浄土へ至るこれまた空前絶後の苦悶の道程を歩一歩と這い蹲るが如くに前進しなければならないのかもしれない来世といふ《未来》に向かふ巨大な巨大な巨大な苦難の果てといふ事からも一瞬、解放されてゐるに違ひない……。と、不意に《眼球体》と化してゐた私は吾の自意識と合一して、私はゆっくりと瞼を開けたのであった。そして、私は雪の美しい相貌を全く見向きもせず天空で皓皓と青白く淡き輝きを放つ満月を暫く凝視するのであった。この一連の動作は全く無意識のことである。ところが、瞼を開けても最早私の視界から彼の人の明滅する体躯の輪郭は去ることがなく、満月の輝きの中でも見えるのであった。



――ふう〜う。



と私は煙草を一服し月に向かって何故か煙草の煙を吐き出したのであった。煙草の煙で更に淡い輝きになった月はそれはそれで何とも名状し難い風情があった。と、不意に私の胸奥でぼそっと呟くものがあった。



――月とすっぽん。



私はその呟きを合図にそれまでの時間の移ろひを断ち切るやうにMemo帳を取り出し雪と再び筆談を始めたのであった。



*******つまり、自由を追い求めるならば、つまり、月とすっぽん程の、つまり、激烈な貧富の格差は、つまり、《多様性》の、つまり、現はれとして、つまり、吾々は、つまり、それを甘受しなければならないと思ふが、つまり、君はどう思ふ?



と、全く脈絡もなく視界の彼の人を抛り出してとっさに雪に書いて見せたのであった。満月の月光の下ではMemo帳に書いた文字ははっきりと見えるのである。すると雪は美しく微笑んで、しかし、何やら思案するやうに



――う〜む。難しい問題ね。あなたの言ふ通りなのは間違いないわ。しかしね、社会の底辺に追いやられた人々はその《多様性》といふ《自由》を持ち堪へられないわ……、多分ね。でも……、残酷な言い方かもしれないけれども《自由》を尊ぶならばあなたの言ふ月とすっぽん程の格差といふ《多様性》は受け入れるしかないわね……。



と切り出したのであった。



――うぅぅぅぅあぁぁぁぁああああ〜〜



(以降に続く)





































考へる《水》 五 ‐ 『円柱、また、塔』 

2007年12月24日(月) 4時49分

エジプトやギリシア、そしてイタリア等の古代遺跡跡に今も立つ円柱を思ふと巨大な石造りの建造物が権力や富の象徴として君臨してゐたことが窺ひ知れるが、さて、其処でその巨大な石造物を支へてゐた円柱群の林立する写真等を目にすると、其処に人間の浅墓さと共に何やら構築せずにはゐられない人間の性のやうなものが去来する。



地に屹立する円柱群。そして、その上にあったであらう石造りの豪奢な天井若しくは人工天上。それら円柱群が時空間を人間の思ひのままにぶった切り人造の絢爛豪華な時空間を支へる円柱は、その淵源を辿ると母胎を支へる子宮に通ずるやうに思へるのだ。つまり、地に屹立する円柱の長さ分、神の坐す天上界を人間界にずり下げ、母胎内で無意識に思ひ描いてゐたであらう理想郷を人間は築かずにはゐられないのだ。それは正に泡沫の夢である。何故ならば円柱が地に屹立する遺跡の写真は建築物が永遠のものではなく《崩壊》した事を如実に示してゐる。それはまるで、人間もまた何時までも子宮内に留まれずに此の世に出生させられるのと同じやうに……。それは何とも儚く諸行無常といふ言葉を思ひ起こさせるのである。



――さて、自然もまた自己崩壊する運命にあるのであらうか……。



ところで、建造物は何時の世も人間が思ひ描く《宇宙》の縮図である。私にとって今のところ最高の《宇宙》の縮図は私の幼少時の私の祖父母の家である。それは茅葺屋根の家であったが其処にゐる心地良さは今もって味はったことのない至福の時間であった。そして、もう一つ《宇宙》の縮図を挙げればそれは法隆寺の五重塔である。カフカが生きてゐた迷宮のやうなプラハやブダペストなどオーストリア・ハンガリー帝国の都市を除くと石造りの西洋の街はどうも私の性に合はないが、木造建築で現存する最古の法隆寺の五重塔は諸行無常にあって何やら微かではあるが恒常不変にも通じる深遠なる何かを指示してゐるやうで、私は五重塔を見る度に感慨に耽るのである。



さて、法隆寺の五重塔や建築については後の機会に譲るとして、しかし、塔と言へば私は即座にノーベル文学賞受賞者でアイルランドの詩人兼劇作家のイェーツの「塔」といふ作品が思ひ起こされるのである。それは螺旋にも通じるものでそれはまた後の機会で改めて取り上げるとしてイェーツの「塔」はかうである。



W.B.Yeats



The Tower





I



WHAT shall I do with this absurdity -



O heart, O troubled heart - this caricature,



Decrepit age that has been tied to me



As to a dog's tail?



Never had I more



Excited, passionate, fantastical



Imagination, nor an ear and eye



That more expected the impossible -



No, not in boyhood when with rod and fly,



Or the humbler worm, I climbed Ben Bulben's back



And had the livelong summer day to spend.



It seems that I must bid the Muse go pack,



Choose Plato and Plotinus for a friend



Until imagination, ear and eye,



Can be content with argument and deal



In abstract things; or be derided by



A sort of battered kettle at the heel.



II



I pace upon the battlements and stare



On the foundations of a house, or where



Tree, like a sooty finger, starts from the earth;



And send imagination forth



Under the day's declining beam, and call



Images and memories



From ruin or from ancient trees,



For I would ask a question of them all.





Beyond that ridge lived Mrs. French, and once



When every silver candlestick or sconce



Lit up the dark mahogany and the wine.



A serving-man, that could divine



That most respected lady's every wish,



Ran and with the garden shears



Clipped an insolent farmer's ears



And brought them in a little covered dish.





Some few remembered still when I was young



A peasant girl commended by a Song,



Who'd lived somewhere upon that rocky place,



And praised the colour of her face,



And had the greater joy in praising her,



Remembering that, if walked she there,



Farmers jostled at the fair



So great a glory did the song confer.





And certain men, being maddened by those rhymes,



Or else by toasting her a score of times,



Rose from the table and declared it right



To test their fancy by their sight;



But they mistook the brightness of the moon



For the prosaic light of day -



Music had driven their wits astray -



And one was drowned in the great bog of Cloone.





Strange, but the man who made the song was blind;



Yet, now I have considered it, I find



That nothing strange; the tragedy began



With Homer that was a blind man,



And Helen has all living hearts betrayed.



O may the moon and sunlight seem



One inextricable beam,



For if I triumph I must make men mad.





And I myself created Hanrahan



And drove him drunk or sober through the dawn



From somewhere in the neighbouring cottages.



Caught by an old man's juggleries



He stumbled, tumbled, fumbled to and fro



And had but broken knees for hire



And horrible splendour of desire;



I thought it all out twenty years ago:





Good fellows shuffled cards in an old bawn;



And when that ancient ruffian's turn was on



He so bewitched the cards under his thumb



That all but the one card became



A pack of hounds and not a pack of cards,



And that he changed into a hare.



Hanrahan rose in frenzy there



And followed up those baying creatures towards -





O towards I have forgotten what - enough!



I must recall a man that neither love



Nor music nor an enemy's clipped ear



Could, he was so harried, cheer;



A figure that has grown so fabulous



There's not a neighbour left to say



When he finished his dog's day:



An ancient bankrupt master of this house.





Before that ruin came, for centuries,



Rough men-at-arms, cross-gartered to the knees



Or shod in iron, climbed the narrow stairs,



And certain men-at-arms there were



Whose images, in the Great Memory stored,



Come with loud cry and panting breast



To break upon a sleeper's rest



While their great wooden dice beat on the board.





As I would question all, come all who can;



Come old, necessitous. half-mounted man;



And bring beauty's blind rambling celebrant;



The red man the juggler sent



Through God-forsaken meadows; Mrs. French,



Gifted with so fine an ear;



The man drowned in a bog's mire,



When mocking Muses chose the country wench.





Did all old men and women, rich and poor,



Who trod upon these rocks or passed this door,



Whether in public or in secret rage



As I do now against old age?



But I have found an answer in those eyes



That are impatient to be gone;



Go therefore; but leave Hanrahan,



For I need all his mighty memories.





Old lecher with a love on every wind,



Bring up out of that deep considering mind



All that you have discovered in the grave,



For it is certain that you have



Reckoned up every unforeknown, unseeing



plunge, lured by a softening eye,



Or by a touch or a sigh,



Into the labyrinth of another's being;





Does the imagination dwell the most



Upon a woman won or woman lost?



If on the lost, admit you turned aside



From a great labyrinth out of pride,



Cowardice, some silly over-subtle thought



Or anything called conscience once;



And that if memory recur, the sun's



Under eclipse and the day blotted out.





III



It is time that I wrote my will;



I choose upstanding men



That climb the streams until



The fountain leap, and at dawn



Drop their cast at the side



Of dripping stone; I declare



They shall inherit my pride,



The pride of people that were



Bound neither to Cause nor to State.



Neither to slaves that were spat on,



Nor to the tyrants that spat,



The people of Burke and of Grattan



That gave, though free to refuse -



pride, like that of the morn,



When the headlong light is loose,



Or that of the fabulous horn,



Or that of the sudden shower



When all streams are dry,



Or that of the hour



When the swan must fix his eye



Upon a fading gleam,



Float out upon a long



Last reach of glittering stream



And there sing his last song.



And I declare my faith:



I mock plotinus' thought



And cry in plato's teeth,



Death and life were not



Till man made up the whole,



Made lock, stock and barrel



Out of his bitter soul,



Aye, sun and moon and star, all,



And further add to that



That, being dead, we rise,



Dream and so create



Translunar paradise.



I have prepared my peace



With learned Italian things



And the proud stones of

Greece

,



Poet's imaginings



And memories of love,



Memories of the words of women,



All those things whereof



Man makes a superhuman,



Mirror-resembling dream.





As at the loophole there



The daws chatter and scream,



And drop twigs layer upon layer.



When they have mounted up,



The mother bird will rest



On their hollow top,



And so warm her wild nest.





I leave both faith and pride



To young upstanding men



Climbing the mountain-side,



That under bursting dawn



They may drop a fly;



Being of that metal made



Till it was broken by



This sedentary trade.





Now shall I make my soul,



Compelling it to study



In a learned school



Till the wreck of body,



Slow decay of blood,



Testy delirium



Or dull decrepitude,



Or what worse evil come -



The death of friends, or death



Of every brilliant eye



That made a catch in the breath - .



Seem but the clouds of the sky



When the horizon fades;



Or a bird's sleepy cry



Among the deepening shades.





何とも味はひ深い作品であるがイェーツについても何れかの機会に改めて書かうと思う。

審問官 廿九――主体弾劾者の手記 廿八 

2007年12月23日(日) 9時02分

――しゅぱっ。



雪がもう一本煙草に火を点けたやうだ。



――はあ〜あ、美味しい。



私は雪のその心地良ささうな微笑んだ顔が見たくて《眼球体》の吾から瞬時に私に戻りゆっくりと瞼を開け、雪の顔を見たのであった。



――うふ。私ももう一本吸っちゃった。あ〜あ、何て美味しいのかしら。……どう? 死者の旅立ちは。



私はおどけた顔をして首を横に振って見せた。



――そう。三途の川を超へた者皆、その道程は艱難辛苦に違ひないけど……そして彼岸から先の極楽までの道のりが辛いのは簡単に損像できるけど……実際……さうなのね?



私は雪の問ひに軽く頷き煙草を美味さうに喫む雪の満足げな顔につい見蕩れてしまふのであったが、その雪の顔は美しく美貌といふ言葉がぴったりと来るのである。その顔の輪郭が絶妙でこれまた満月の月光に映えるのであった。



そして、私は雪の美貌を映す満月の光に誘はれるやうに南中へ昇り行く仄かに蒼白いその慈愛と神秘に満ちた月光を網膜に焼き付けるやうにじっと満月を凝視し続けたのであった。



――科学的には太陽光の反射光に過ぎないこの月光といふものの神秘性は……生き物全てに最早その様にしか感じられないやうに天稟として先験的に具へられてしまったものなのかもしれぬ……。



――ふう〜う。



私は煙草を身体全体にその紫煙が行き渡るやうに深々とした呼吸で喫みながら暫く月光を凝視した後にゆるりと瞼を閉ぢたのであった……。



その網膜に焼き付けられたらしい月光の残像が瞼裡の闇の虚空にうらうらと浮かび上がり、あの全く面識のない赤の他人の彼の人の仄かに輝きを放つが今にもその虚空の闇の中に消え入りさうなその死体へ変化し横たわったままの体躯は、ゆるりと渦を巻く瞼裡の闇の虚空にAurora(オーロラ)の如く残る月光のうらうらと明滅する残像に溶け入っては己の《存在》を更に主張するやうに自身の姿の輪郭を月光の残像から孤立すべく、月光の残像の明滅する周期とは明らかに違ふ周期でこれまた仄かに瞼裡の闇の虚空に明滅しながら月光の残像の中で蛍の淡い光の如くに輝くのであった。



――うぅぅぅぅあぁぁぁぁああああ〜〜



私は再び瞼裡の闇の虚空の渦に飲み込まれるやうに自意識の一部が千切れ《眼球体》となる狂ほしい苦痛の呻きを胸奥で叫び、とはいへひょいっと《眼球体》となった私は渦巻く瞼裡の虚空に投身するのであったが、最早瞼を閉ぢると眼前で渦巻く瞼裡の闇の虚空に吸い込まれるのは避けやうもないらしい。



それにしてもこの眼前に拡がる瞼裡の渦捲く闇の虚空は一体何なのであらうか。



――中有。



とはいへ、其処が中有とは今もって信じられ難く懐疑の眼でしか見られずに、しかも《眼球体》となって瞼裡の渦捲く闇の虚空に《存在》するこの私の状態は、さて、一体なんなのであらうか……。



唯、《眼球体》の私は自在であった。例へてみれば、そのAuroraの如き月光の残像の中に飛び込めば其処は眩いばかりの光しか見えない《陽》の世界であり、一度月光の残像から飛び出ると彼の人の闇の中に消え入りさうな体躯が闇の虚空にぽつねんと浮かび上がるのが見える《陰》の世界であった。そして、《眼球体》の私は多分月光の残像の中では陽中の陰となり、月光の残像から飛び出ると《眼球体》の私は陰中の陽となり、其処は太極魚陰陽図そっくりの構図に違ひないとしか思へなかったのであった。



――うぅぅぅぅあぁぁぁぁああああ〜〜



相変はらず彼の人は声ならざる声をずうっと発し続けたままであった。



――うぅぅぅぅあぁぁぁぁああああ〜〜



(以降に続く)















































頭痛 

2007年12月17日(月) 7時20分

私は、脊髄が痺れ、脳髄の芯が麻痺するが如く我慢ならない頭痛にしばしば襲はれるが、しかし、この異常にも思へる頭痛は、此の世に私が確かに存在してゐる事の呻きのやうに思へ、私はこの異常な程の苦痛を伴ふ頭痛を偏愛してもゐる、或る種Masochist(マゾヒスト)なのだらう。勿論、脳波やらCT-Scanやら病院で徹底的に頭痛の原因を精査したが、現代医学ではその原因すら皆目解らず鎮痛剤を処方されて仕舞ひである。



頭痛の時は睡眠時に既に私はそれを感知してゐるらしく何とも不思議な夢ならざる夢もどきの虚ろに移ろい行く支離滅裂な表象のSlow motionに何やら不安を感じて覚醒するが、成程、頭痛かと何時も覚醒時に合点するのが常であった。さうして私は布団の中に暫く横たはったまま脳髄の芯から発してゐるであらうその頭痛を我慢しつつも或る種の快楽の中に溺れてゐる自身をじっと味はっては



――吾、此処に在り!



と感嘆の声を胸奥で独り叫ぶのであった。さうした後に徐に立ち上がり途轍もなく濃い珈琲を淹れ、気休めにその途轍もなく濃い珈琲を一杯出来るだけ早く飲み干すのである。それでも異常な頭痛は治まる筈もなく、しかし、途轍もなく濃い珈琲の御蔭で鮮明になった意識は頭蓋内の闇に手を突っ込むが如くに私の内部で増大しつつある不安を手探りで探し出してはその不安を握り潰して、更に頭痛の苦痛といふ快楽に溺れるのであった。



――吾、此処に在り!



その数十分の時間は胸奥で快哉を上げる或る種至福の時間でもあったのだ。普段であれば鎮痛剤を飲んでそのまま通勤し、一日中その頭痛と格闘しながら仕事に励むのであるが、それが休日であれば、私は鎮痛剤は飲まずひたすらその異常な頭痛の狂おしい痛みといふ快楽に溺れ続けるのが常であった。間歇的に胸奥で叫ぶ



――吾、此処に在り!



といふ快哉は頭痛の苦痛に苛まれながらも爽快なのである。不安といふ快楽は私にとって麻薬同然のものなのかもしれない……。この不安と快楽とに大きく振幅する私の意識の状態は何やら私といふ《存在》を揺すってゐるやうに思われ、さうして揺すってゐる《存在》から、例へば



――許し給へ。



等といふ言質を取れればもう私の喜びは言はずもがなである。それは私を悩まし続ける《存在》といふ観念をふん縛って持国天の如くその《存在》を邪気の如くに踏み付ける憤怒の形相の《吾》を想像する快楽である。とは言へ、それは一時の妄想に過ぎない。狂おしい頭痛は休む事を知らず、直ぐ様私を襲ひ



――へっ、阿呆の戯言が!



と私の内部でさう発する声に私は一瞬で打ちのめされるのであった。さうやって私は日がな一日絶望と歓喜の間を振幅しながら独り己といふ《存在》と格闘するのであった。



――吾、此処に在り!



…………



…………



――其、《存在》を吾ふん縛る!



…………



…………



――へっ、阿呆の戯言が!



…………



…………











































審問官 廿八――主体弾劾者の手記 廿七 

2007年12月16日(日) 9時37分

ねえ、君。人間とは《存在》といふ魔物に囚はれる虜囚たる事を宿命付けられた哀れな生き物だね。もし仮に正もせずに《存在》に無頓着なそれこそ能天気な輩がゐたら、さういふ輩には哀れな微笑みを送ってやるしかないね。何故って、さういふ輩は既に自身を馬鹿者として積極的に肯定した阿呆に違ひないからさ。先づ、自身の存在を全肯定出来る事自体が馬鹿の証さ。そいつ等の話を聞いて御覧。薄っぺらな内容に終始して、そのくせ小心者ときたならば、もう目も当てられないね。そういふ輩は愚劣極まりなく醜悪さ。私はそいつ等の放つ悪臭――勿論、これは幻臭だがね――に堪へられず、いつも反吐を吐いてゐたがね。



ねえ、君、そもそも《存在》とは何ぞや。いつ何時も、さう、睡眠中に夢を見てゐる時さへ、自身の《存在》に懐疑の眼を向けざるを得ない《私》といふ《存在》はそもそも何ぞや。吾と己に《ずれ》が生じる故に《生存》といふ変容に身を置ける原動力になってゐるのは当然として、さて、其処に介在する《時間》といふこれまた魔物の流れに取り残され絶えず《現在》に身を置かざるを得ないこの《私》とはそもそも何ぞや。つまりは、身体の細胞Levelで考へてみると、身体を形成してゐる数十兆もの細胞群は分裂、増殖、そしてApoptosis(アポトーシス)を繰り返して何とか《私》を存続させてゐるが、この絶えず変容する《私》は過去の《私》に未練たらたらで現在の変容する未完の《私》をどうあっても《私》として受け入れなければならない宿命を背負ってゐて、もしもそれを拒否したならば《私》は死ねない細胞たる癌化するしかない哀れな《存在》でしかない……。するとだ、生物は絶えず不死たる癌細胞への憧憬を抱いてゐて、不死たる《私》でありたいと心奥では渇望してゐるに違ひないのさ。つまりは神。近代までは人間はそんな傲岸不遜な考へを断念しひた隠して来たが、現代に至ってはその恥知らずな神たらうとする邪悪な欲望を隠しもしない侮蔑すべき《存在》に成り下がってしまったが、しかし、それが《存在》の癌化に過ぎない事が次第に明らかになるにつれ、人間は現在無明の真っ只中に放り出されて、唯漫然と生きてゐる――それでも「私は懸命に生きてゐる」と猛り狂う輩もゐらうが、それは馬鹿のする事さ――結果、現世利益が至上命題の如く欲望の赴くままに生き、そして漫然と死すのみの無機物――ねえ、君、無機物さへも己の消滅にじっと堪へながら自身を我慢しながら存在してゐるのさ――以下の生き物でしかない……。その挙句が過去への憧憬となって未来は全く人間の思考の埒外に置かれる事になってしまったが、さて、そこで現在がどん詰まりに気付いて慌てて未来に思いを馳せてみると人類は絶滅するしかないことが闡明になってゐて、さてさて、現在、人類は滅亡に恐れをなして右往左往してゐるのが現状さ。



自同律の不快。人類は先づ生の根源たるこの自同律の不快に立ち戻ってパスカルの言ふ通り激烈なる自己憎悪から出直さなければならないと思ふが、君はどう思ふ? 倒木更新。未だ出現せざる未来人を出現させるためにも現在生きてゐる者は必ず死ななければならない事を自覚して倹しく生きるのが当然だらう。へっ。文明の進歩なんぞ糞喰らへ、だ。人類は人力以上の力で作られたものは全て人の手に負えぬまやかし物である事に早く気付くべきさ……。へっ。ねえ、君。一例だが、科学技術が現在のやうに発展した現代最高の文明の粋を結集して、茅葺屋根の古民家以上に自然に馴染んだ家を、つまり、朽ちるにつれてきちんと自然に帰る家が作れると思ふかい? 無理だらう……へっ。





《眼球体》と化した私の意識は中有の中に飛び出し私の瞼裡に仄かに輝き浮かぶ誰とも知れぬ赤の他人の彼の人の顔貌をまじまじと凝視したが、すると彼の人は消え入りさうな自身の横たはる身体を私の眼前に現はしたのであった……。



(以降に続く)













陰翳――断章 壱 

2007年12月10日(月) 10時18分

マラルメ詩集(【岩波文庫】鈴木信太郎訳)「エロディヤード」より





               おお 鏡よ、



倦怠により その縁の中に氷れる冷かなる水、



幾たびか、またいく時か、数々の夢に悶えて、



底知れぬ鏡の淵の氷の下に沈みたる



木の葉にも似し わが思出を 探し覚(もと)めて、



汝の中に杳かなる影のごとくに われは現れぬ。



しかも、恐し、夕されば、その厳しき泉の中に



乱れ散るわが夢の裸の姿を われは織りぬ。



(一部旧字を当用漢字に変換)





影に一旦魅せられると最早其処から去れぬなり。何故か。それは将に影即ち《物自体》の影を映す鏡也故。



吾、今宵もまた闇の中に埋まりし吾部屋で和蝋燭を点しける。Paraffin(パラフィン)で出来し西洋蝋燭は炎が殆ど揺らがぬ故に味気なし。脈動する陰翳の異形の世界に浸るには之和蝋燭に限るのみなり。



――ゆあゆあ……ぽっぽっ……ゆあゆあ……



と点りける和蝋燭がこの吾部屋の心臓なりし。和蝋燭の炎の強弱絶妙なりし。和蝋燭の炎が弱まりそれ故一瞬の闇に包まれし吾部屋の静寂、ぱっと和蝋燭の炎が強まりしと同時に物皆その面を此の世に現はしきらりと輝きし。其の様、何とも名状し難き趣あり。



――吾、此処ぞ。



――吾も此処ぞ。



――吾もまた此処ぞ。



と物皆、己の存在を無言で表白するなり。さはあれ、然りしも、物皆の陰翳、ここぞとばかりに深き闇に変貌するなりしが、其の闇に溺れし異形の物達もまた無言の煩悶する呻き声を彼方此方で発するなり。



――無限の物の相貌が和蝋燭で生じし陰翳の深き闇の泉の中に生滅しては



――吾、何ぞや。



と哀しき哀しき無言の嘆きに満たされし吾部屋の中、独り、吾もまた



――吾、そもそも何ぞや。



と深き懊悩の中に沈みける。



唯唯、明滅する和蝋燭の揺らげき炎を凝視する中、吾の頭蓋内の深き深き闇に異形の吾が無数に生滅するなり。



――これも吾。あれも吾……。



と、思ひながら、吾、不意に吾暗き頭蓋内に独り残され、怯え顫へる侏儒の哀れなる吾を見つけし。その侏儒の吾が不意に此方を振り向きし時のその面、醜悪なる美といふか、紊乱し醜と美と煩悩とが渾然となりし無様な異形の吾の面に魅入られし吾に対する不快、これ名状し難きなり。



――自同律の不快……。



其の刹那、吾、不敵な嗤ひを浮かべ、侏儒の吾に向け罵詈雑言の嵐を浴びせし。



――ふっふっふっ。



と侏儒の吾も不敵な嗤ひを浮かべ吾を侮蔑するなり……。



吾部屋では独り、和蝋燭のみ恬然と点り続けし……。



――ふっふっふっ。



――ふっふっふっ。



…………



…………















































































審問官 廿七――主体弾劾者の手記 廿六 

2007年12月09日(日) 7時19分

瞼裡に仄かに輝き浮かぶ瞑目した全く面識のない赤の他人の彼の人は、ゆるりと瞼裡全体が渦を巻き始めたときに口元が仄かに微笑んだやうに見えたのはもしかすると私の気の所為かもしれぬが、しかし、それを見た刹那彼の人は地獄ではなく極楽への道を許されたのだと思った。

――それにしてもこの瞼裡の光景は私の脳が勝手に私に見せる幻視なのか……。

と、そんな疑問も浮かぶには浮かんだが

――へっ、幻視でも何でもいいじゃないか。

と更に私の意識は瞼裡の影の虚空に引き込まれて行くのであった。さう、私もまた、瞼裡の渦にそれとは知らずに巻き込まれてゐたのであった。

――うぅぅぅぅあぁぁぁぁああああ〜〜

それにしても中有は彼の人以外ゐないところから徹底的に孤独でなければならぬ場らしい。瞑目した彼の人は、さて、この孤独の中で何を思ふのか。既に死の直前には自身の人生全体が走馬灯の如く思ひ出された筈である。

――そもさん。

――説破。

と、彼の人は自己の内部に、否、魂の内部に沈潜しながらその大いなる《死》の揺籃に揺られながら既に《物体》と化した自己を離れ《存在自体》若しくはカント曰く《物自体》と化して自問自答する底知れぬ黙考の黙考の黙考の深い闇の中に蹲りながら《存在》といふ得体の知れぬ何かを引っ掴んで物珍しげにまじまじと眺め味はひ、そして、その感触を魂全体で堪能してゐるのであらうか……。

――うぅぅぅぅあぁぁぁぁああああ〜〜

その証拠が瞼裡の影の闇の虚空に仄暗く浮かび上がる彼の人の顔貌の輪郭なのではないか……と思ひながら私はまた煙草を

――ふう〜う。

と、喫むのであった。すると、私は何やら名状し難い懊悩のやうな感覚に包まれたかと思ふと源氏物語の世界の魂が憧(あくが)れ出るが如くに私の自意識の一部が凄まじい苦痛と共に千切れるやうに瞼裡の闇の虚空に憧れ出たのである。私もまた其の刹那

――うぅぅぅぅあぁぁぁぁああああ〜〜

と、呻き声に成らぬ声を私の内部で発したが、しかし、それは言ふなれば私といふ《眼球体》――それはフランスの象徴主義の画家、オディロン・ルドンの作品「眼は奇妙な気球のように無限に向かう(1882年)のやうなものであった筈である――がその闇の虚空へと飛翔を始めた不思議な不思議な感覚であった。何もかもがその闇の虚空では自在であったのだ。私の思ふが儘、その《眼球体》と化した私は自在に虚空内を飛び回れるのである。それはそれは摩訶不思議な感覚であった。

――うぅぅぅぅあぁぁぁぁああああ〜〜

《眼球体》と化した私は瞑目して深い深い黙考の黙考の黙考の中に沈潜してしまった彼の人にぴたりと寄り添ひ今更ながらまじまじと彼の人の顔貌を凝視したのであった……。

(以降に続く)

崖上にて 

2007年12月03日(月) 6時19分

この頬を掠め行く風の群れの中にもしや鎌鼬達が身を潜め今直ぐにでも私の頬を切り裂くやうな朔風が断崖絶壁のこの崖の壁面を這ふやうに登って来る中で、多少高所恐怖症気味の私は崖の際に打ち付けられた手摺りに掴まって漸く下界の景色が味はへるのであったが、その下界はといふとすっかり冬支度を始めた木々達の紅葉が誠に美しかったのである。一方この朔風の上昇気流を上手く利用して鳶達が天空をゆっくりとゆっくりと輪を描きながら上昇し悠々と飛翔してゐるのであった。

――地球の個時空の《現在》たる地表もまた波打ち起伏に富んだ《ゆらぎ》の下でしかその形象を保ち得ずか……。

さうなのである。《現在》とはのっぺりとした《平面》である筈は無く、高峰から海淵までの《現在》のずれが自然を自然たらしめる重要な要素なのは間違ひない。

――それにしても宇宙全体から見れば全く取るに足らぬこの地球の個時空の《現在》のずれは、しかしながら、人類にとっては最早畏怖すべきものであって人類は自然外では一時たりとも生きられない羸弱極まりない生き物にも拘はらず、未だ反抗期の子供の如く自然に反発してみたはいいが、しかし、その結果人類は人類自身の手で滅亡する瀬戸際に人類自ら追いやったその馬鹿らしさに漸く気付き始めたが、ところが、それは最早手遅れかもしれないのだ。

山上には古からの山岳信仰と仏教が絶妙に習合した地獄に見立てられた地も極楽に見立てられた地もあるが、成程、下界から見れば山は《過去》でも《未来》でもあり得る聖地に違ひない。死者達の魂が集ひし所でもあり神が棲む、否、山そのものが神たる霊峰として崇められてゐる。

と、突然と突風が私の身体を持ち上げんばかりに吹き付けて来たのである。

――ううっ。このまま眩暈の中に私自身が飛び込んだならば、さて、私は神の懐に潜り込むことで、私が神に成り果せるかな、ふっ。馬鹿らしい。ところが、人類は神に成らうと目論んでゐたのは間違ひない……。その結果が、巨大な墓石の如き鉄筋Concreteで出来た群棟に住む摩訶不思議な《高層族》が出現し、日々其処から誰かしらが飛び降り自殺をするどん詰まりの生活場に人類は引き籠ってしまった……。さて、千年後、さう、高々千年後、この崖から私が今見てゐる景色を見る未来人は、さて、存在するのであらうか……。

私の心には巨大な穴がぽっかりと開いたのか、下界から吹き付けて来る朔風が私の心に開いたその巨大な穴をも吹き抜けて、私は何やら物凄く薄ら寒い不安の中に独り取り残されたやうに、下界の誠に美しい木々の紅葉を眺めながらも途轍もなく重苦しい孤独の中に独り沈潜して行くのであった……。

しかし、

――だが……

と、この暗澹たる思ひを全て飲み込むと私は顔をくっと上げ次第に強まる朔風に真っ向から対峙するが如くに鳶が悠然と飛んでゐる虚空を睨み付けるのであった。

――ふっ、千年後に生き残ってゐるのは何も人類でなくても良いじゃないか。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:積 緋露雪
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1964年2月25日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:栃木県
  • アイコン画像 職業:その他
  • アイコン画像 趣味:
    ・読書-ドストエフスキイなどが好きです。
読者になる
来年四十五歳になる新米の物書きです。
三度の飯より思索好きです。
今もって独身。
2008年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Yapme!一覧
読者になる