ネガティブ情報が載ってい ました

November 06 [Fri], 2015, 18:44
時効の援用後は信用情報にネガティブな情報が残り、
管理している組織によって扱いに差があるというのは本当なのか

そんな話もよく聞きます

相談
援用後の信用情報について

昨年の5月頃にCICとJICCに開示請求したところ、CICに6件、JICCに1〜2件(記載内容と件数は
今資料が手元にないのではっきりわかりません)ネガティブ情報が載ってい ました。
給料が安定しなく、払っていく事ができない事から弁護士に相談しようと思っていたのですが、
仕事が夜勤の為なかなか行く事ができずに放置してました(支払いは開示請求する前から6〜7年ほど放置してました)
それで今年の話ですが、やはりこのままじゃダメだと思い今年の8月に弁護士に頼み時効の援用をしました。
そして9月末頃に担当弁護士の助手?事務員?さんから連絡があり、
「相手方から異議申し立てがなかったので成立しました」との事。
時効の援用した以降、CICやJICCに開示請求していないのですが、ネットで調べてみると
「JICCの場合、時効の援用後、1ヶ月ほどで記録は抹消される」
「CICは5年間ネガティブ情報が載ったまま」
との情報を見ました。
私の場合、JICCは真っ白になるが、CICに6件ネガティブ情報が載ったままになるのでしょうか?
業者によっては削除される場合もあるのでしょうか?

<引用元:https://www.bengo4.com/roudou/1098/b_215139/>

JICCのように全く情報を載せない運用が妥当であり、CICの運用は不当でしょうが、その運用は違法とまでいえるかどうか微妙と思われます。


今すぐ信用情報開示請求を考えてる方は専門家へ相談を!
アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション