金持ちウイルス初感染

August 09 [Fri], 2013, 17:04
重い言葉「銀行の経営なんてものは銀行の信頼によって勝者になるか、そうでなければ融資する値打ちがない銀行であると診断されたことで失敗する。どちらかだ」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキンの有名な言葉)
よく聞くコトバ、外貨両替とは?⇒海外旅行にいくときであったり外貨が手元になければいけない、そんなときに利用する。最近は日本円に不安を感じているのか、外貨を現金で保有する場合も増えている。為替手数料はFX会社と銀行で大きく異なるので気をつけよう。
平成10年6月に、大蔵省(現財務省)銀行局や証券局等の所掌していた事務のうち、民間金融機関等の検査・監督に関する部分のセクションを分割して、総理府(省庁再編後に内閣府)の強力な外局としてこれまでになかった金融監督庁をつくりあげたとい事情があるのだ。
きちんと知っておきたい用語。外貨両替について。例えば海外へ旅行にいくときもしくは外貨を手元に置いておきたい場合に活用されている。しかし円に対して不安を感じているためか、外貨を現金で保有する場合も増えている。為替手数料はFX会社と銀行で大きく異なるのでよく調べる必要がある。
保険ってなに?保険とは偶然起きる事故が原因で生じた主に金銭的な損失に備えて、よく似た状態の多数の者が定められた保険料を出し合い、集めた積立金によって予測不可能な事故が発生した者に規定の保険金を給付する制度なのです。
今後、安定という面で魅力的であり、バイタリティーにあふれたこれまでにない金融市場や取引のシステムの構築のためには、民間金融機関や金融グループ及び行政(政府)が双方が持つ解決するべき課題に積極的に取り組んで解決しなければいかなければ。
今後も、わが国内においては、銀行などの金融機関は、国内だけではなくグローバルな金融市場や取引に関する規制等が強化されることも視野に入れながら、財務力のの強化だけではなく、合併・統合等をも取り入れた組織の再編成などに積極的に取り組んできています。
MMF:公社債であったり短期金融資産で運用して利益を求める投資信託です。注意すべきは取得してから30日未満に解約しちゃうと、残念ながら手数料に罰金が上乗せされるというルール。
このため我が国の金融・資本市場における競争力を強化する為に進められた緩和のほか、金融に関する制度の更なる質的向上が目標の取組や試み等を実践する等、市場環境及び規制環境の整備が着実に進められていることを知っておきたい。
つまりMMF(マネー・マネジメント・ファンド)とは、公社債(国債など)や短期金融資産で主に運用される投資信託のこと。あまり知られていないが取得から一定期間(30日未満)に解約してしまうと、残念ながら手数料にペナルティが課せられるというものです(兄さんの金持ち日記がやらかした)。
きちんと知っておきたい用語。外貨預金とは、銀行が扱っている資金運用商品の一つのこと。日本円以外によって預金する商品。為替変動によって利益を得る可能性があるけれども、同じ理由で差損が発生するリスクもある(為替リスク)。
よく聞くコトバ、バブル経済(バブル景気・不景気)の意味は時価資産(例えば不動産や株式など)が取引される金額がでたらめな投機により実体経済の実際の成長を超過したにもかかわらずそのまま高騰し続け、当然の結果として投機によって持ちこたえることができなくなるまでの状態を指すのである。
タンス預金やってるの?物価が上昇している(いわゆるインフレと呼ばれる)局面では、上昇した分相対的に価値が下がるのである。すぐには暮らしに必要とは言えないお金だったら、安全性が高くて金利も付く商品にした方がよいだろう。
MMF:公社債(国債など)や短期金融資産で主に運用される投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)のことを指す。もし取得から30日未満という定められた期間に解約希望の場合、手数料になんとペナルティ分も必要となるという仕組み。
例外を除いて上場している企業の場合は、企業の活動を行っていく上で必要になることから、株式の上場のほかに社債も発行することが当然になっている。株式と社債の一番大きな違いは、返済義務に関することと言える。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:サイトメガロ
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/creamyellowffe/index1_0.rdf