温かさと冷たさ

February 13 [Wed], 2013, 19:21
昔の私は「付き合うなら優しい人がいい。男の人は優しさが大切だ」と思っていた。

少し前の私は「付き合うなら少しクールな人がいい。男の人は冷静でないと」と
思っていた。それで今の彼氏と付き合った。

今の私ならこういうだろう。
「付き合うなら温かさと冷たさをバランスよく兼ね備えている人がいい。
 温かさと冷たさの配分をよく知っている人がいいな」と。


彼氏は優しい。親切で、誠実だ。

だけど、その優しさが時々形式的に感じて、すごく冷たく感じるときがあって、
それがすごく辛い。

たとえば帰り際、あまり名残おしそうにしない。遠距離なのに。

私がひどいことを言っても、怒らない。

要するに感情を出してくれない。

それが彼なりの「優しさ」なんだろうけど、私にはその「入れ込まなさ」が
時々いたたまれなくて、自分だけが感情をもてあましているみたいで寂しくなる。


彼は裏切らないし、優しい。

でも「温かさ」を感じない。

いつも同じように、合理的で、そつがなくて、賢明で。

もっと迷ったり、困ったりしてくれればいいのに。

そうしたらもっと彼に「温かみ」を感じるのに。


困らせてほしいなんて、贅沢なのかな・・・

でも困らせられたら、こっちも困らせることができる。
そういう持ちつ、持たれつが《付き合う》だと思うけれど。


いつになったら優しさに「冷たさ」を感じなくて済むようになるんだろうな。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:優菜
  • アイコン画像 誕生日:6月25日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:会社員
読者になる
遠距離恋愛3年目です。
日々のことをつらつらと書いています。
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる