shallow sleep・・・ 

August 11 [Thu], 2005, 5:10
Shallow Sleep・・・浅い眠り。
浅い眠りから覚めたときのような、微かな頭痛と共に朝を迎えていました。

夢であって、夢でないのだという実感が身体を支配して・・・。
もう、側には居ないのと言い聞かせて、全てをシャットアウトしていました。

それぐらいのことでしか、自分を守れなかったから・・・。

謝らなきゃいけないこと、沢山あります。
したかったことも、沢山あって・・・。
思い出は、それ以上に沢山あって・・・。

でももう泣きません。

でも・・・Take me with you と言いたかった。

衝動・・・ 

August 06 [Sat], 2005, 1:15
今日は何故か裏切られている気がしてならない一日だった気がしています。

午前中、散々心配させられていた人からメールが来て・・・
生きていました。
力は抜けるし、おかげさまで私がその憂鬱を継承いたしました。
この1週間弱の私の思いはどうなるのでしょうか。
ううん、裏切られていたとは感じないけれど、私は、私は一体何だったのと
問えるものなら問うてみたい。

冷静に自分の置かれている立場を、ここ数日観察している。
気持ちにわずかながら余裕を持つことが可能になっていて、とても気持ちが楽になっているのは確かなことで・・・。

なのに!

今日、新潮に野ばらちゃんの小説が掲載されているので早速野生時代と装苑と共に購入。
まずは新潮からね。ってぺらぺら・・・
「シシリエンヌ」・・・野ばらちゃんはすごく名作って言ってたから期待してたのでした。官能小説だからね、と言われていたので覚悟していましたが、とっても・・・とっても、波に乗るまで疲れてしまいました。めくるめく性描写(笑)。でも、流石野ばらちゃんなので、下品すぎず、でもリアルで・・・。多分、野ばらちゃんが神様なら、すごいイジワルな神様です(笑)
でもね、一番思ったのは、何故か失恋した気持ちになったことです。
私はパリ帰りの従姉ではなくて、裏切られた恋人でした・・・。

こんな不安な気持ち・・・せっかく安定させてきたのに、困る。
でも・・・。

或る夏の日・・・ 

August 01 [Mon], 2005, 0:21
ネコがこちらを見ている。
ネコに負けるものかと見返すと、ネコは去っていった。
ネコは私の何を見ていたのだろうか、と
まとわりつくよな暑さの中、考えていた。

弟が虫を買ってきた。
私が虫のことがキライなのを承知の上で買ったのだろうか。
それとも、ただ単に虫を観察するために買ったのだろうか。
ふと、自分の被害妄想に気付いて恥ずかしくなる。
もう大分涼しくなった夕方の頃、ネコの顔を思い出した。

ネコは私の闇を見ていたのかもしれない。
私の闇は5年、いやそれ以上の時間をかけて
宇宙が広がっていくよに、じわりじわりと広がっていったのだった。

弟が庭で虫にエサを与えているのを、薄暗くなったベランダから
ぼんやり眺めていた。
虫は人に飼われることを、どう思うのだろう。
そもそも人は何かを飼うことができるほど偉い存在なのかとさえ思う。

その点、ネコはたとえ人に飼われようと我侭だ。
ネコは人の闇を見ていた。
しかし、その闇に深入りはしない。
ネコにはどうする術もないからだ。
だから、去っていったのだ。と
どうでもいいことを考えていた。

本当のところは、そんなことはありえないと思われる。
あり得ないのだ。

変わる世界・・・ 

July 30 [Sat], 2005, 1:25
日々、めまぐるしく変わる世界が其処に在ります。

この気持ちは一体どうなっていくのでしょう。
こんな気持ち、久しぶりです。

会いたい・・・。
会いたいよ・・・。

明確 

July 29 [Fri], 2005, 23:45
久しぶりに傷付いたのに我慢していた。

均衡を保てなくなる前に、笑わなきゃいけなかった。

貴方の気持ち、もっと砕いて教えてほしい。

明らかすぎて、怖い。

キャンディ・キャンディ・・・ 

July 24 [Sun], 2005, 2:29
そばかす なんて き に しないわ〜♪

そんなのだめ!気にしてよ!

借りたキャンディキャンディのビデオはなんと30分・・・
良かったわ レンタル料半額の日で・・・。


記憶倉庫は何て意地悪なんでしょう。
思い出しては1人沈み行く・・・。
城の周りの堀は、時間と共に幅を広げ、いつかつり橋さえも届かなくなり
誰も入ることのできない孤城と化すのでしょう。
城の一番高い塔の窓辺から身を投げたら
深い深い水の底。口から泡が、言葉がこぼれ
遠くにかすんでいく光を見ながら
私を通り過ぎていった人たちの顔や言葉を思い出す。

酔いすぎです。

映画化・・・ 

July 09 [Sat], 2005, 23:14
姑獲鳥(うぶめ?)の夏という映画が今度あるんです
それを、どうしても観たいんです。

キャスティングについて、賛否両論あるんですが、この際それはもうどうでもよかったりします。あぁ、でも京極堂さんについては椎名さんだって言う人がいますけど、私は野村萬斎さんだったのですよね。ん〜・・・でもやっぱり違うかしらん
でも、原作はとってもよくできてる本だったし、期待はしてます。期待はずれでなければよいのですが・・・

微妙に絵文字チックなのを使ってみる。ちょっとはずかしい

傷跡・・・ 

July 08 [Fri], 2005, 23:56
眠れずに居ました。やっぱり先日の恐怖はぬぐいきれなかったのです。
死にたくったって死ねやしないと歌った人は誰だったでしょうか。

もっと快楽的に生きれたなら、どんなに楽なのでしょう。

最近、ゴスロリやらロリータを批判する方の中に「元ロリータ」などという方を
よくお見かけいたします。
「精神系とか〜言ってるやつって〜超ウザイかも〜」
さては精神系の彼女に彼氏を取られましたね?って疑いたくなるくらい
叩いてますね。
私はリスカはしてないのですが、精神系かといわれれば精神系、そうでもないといえばそうでもないのです。どっちつかずの中途半端者なのですが・・・

精神の弱さは、あらゆる人にある事と思います。それが表面化するか、それともどこにも浮き出てこないか、或いは、耐えるか、耐えないか、もしくは、消化できるか、消化できないか、そういう差があり、人それぞれのタイプというものがあるのだと思います。
なので、弱さを前面に押し出してますね、と嫌味ったらしく言うということは、私にはできないのです。できないというか、したくもないのですよね。
弱い人は弱い人なりに生きているのです。どんな痕があろうと、他人がとやかく言うことなど本来ならばするべきではないと思うわけです・・・。
2005年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:crea_sweet
読者になる
Yapme!一覧
読者になる