旅ボン(富士山編)/ボン・ボヤージュ 

September 24 [Wed], 2008, 18:43
商品がありません。
今度は富士山。

あいかわらずやる気ない作者。苦労して登頂。

最近富士山に半そでで登ろうとする輩がいるらしいけど、これ読んで出直して欲しい。

だららん日記 

September 23 [Tue], 2008, 22:18
■風邪ひいてなにもする気がおきないので、本ばっかり読んでます。普通に読むと一日で文庫何冊も読めるので、いくらお金があっても足りないです。「ホームレス中学生」が文庫落ちしたら読みたいなあ。

■家に不要だけど捨てるには惜しいものがいくつか転がってる。オークションに出したいんだけど、いつになることやら。色々調べるのがめんどくせ。

■ポーチ目当てでアテニアのトライアルセットを買ってみた。ポーチいっぱいはいる!見た目もまあまあかわいい。でも愛用のマリークヮントのアイシャドウのブラシが長すぎてブラシいれに入らなかった…orz

■「パコと魔法の絵本」が面白かった。アヤカ=ウィルソンかわいい。最近、日本の映画は面白いよね。「スカイ・クロラ」も原作信者の目から見てもまあまあ良かった。で、映画好きでもなんでもないんだけど、やっぱりシネコンで観るのが気楽でいいや。予約もできるし、観やすい。

かもめ幼稚園/黒野伸一 

September 22 [Mon], 2008, 20:18
商品がありません。
幼稚園を舞台にしたドタバタコメディ。

主人公ちかこは、特に子供が好きというわけではないのだが、手に職をつけるために幼稚園の先生になった・・・ものの、園児は生意気だし、保護者はモンペだし、彼氏とはギクシャクしてしまうし、色々上手くいかない。そんなとき、はやと君のパパにやさしくされてしまい・・・。

社会人一年生、且つ先生であるちかこの葛藤の日々を描いた話。

頼りないちかこなんだけど、「がんばれ!」といいたくなる。


子供のかわいくなさとか、保護者のいちゃもんのつけ方とか、まだ大学生の彼氏が子供っぽく見える描写がリアルで「うわ〜!ありそう」と思いました。(特に彼氏の行動には、「ああ、大学生ってこういうことしがちだよなあ!」と苦笑い。)


ちなみに、以前に私が人からきいた、『幼稚園の先生にありがちなこと』は
 ■30歳になると肩たたきにあう
 ■保護者とデキてしまう
・・・なんだけど、両方とも話の中に出てきたので「やっぱり本当にあるのかなあ〜」と思っちゃった。(まじめな幼稚園の先生、ごめんなさい)

やせれば美人/高橋秀実 

September 21 [Sun], 2008, 21:45
やせれば美人
価格: ¥420

158cm/80kgの妻をダイエットさせるため、筆者がダイエットについて調べたり、ダイエット成功者にインタビューしたりして、妻にハッパをかけようとする話。

筆者による分析の結果、女性にとって「ダイエットはロマンス」らしい。このあたりは、読んで納得してください。

結局、妻は言い訳ばかりして、ダイエットしないで「やせれば美人」の位置にいることを選ぶんだけど、そんな妻がかわいく見えてくるのが不思議。

少年たちのおだやかな日々/多島斗志之 

September 20 [Sat], 2008, 22:40

ホラー(?)短編集。

■同級生の母親が、見知らぬ男とラブホテルから出てくるところを目撃してしまった。
■姉の婚約者が、電車の中で見知らぬ女性のスカートを切り裂くところを目撃した。

といったように、設定がいちいち面白い。これからどうなるんだろう!と思わせる…んだけど、掘り下げないまま「どんでん返し」で終わってしまう。物足りない。

「書くのが面倒になったからここで終わらせよ〜」といわれたような気分。

短編集じゃなくて、長編にしてほしいなあ。

この人の「症例A」はけっこう面白かったので、残念。

夫の彼女/藤堂志津子 

September 19 [Fri], 2008, 22:28
商品がありません。
特に美人でもないし、ぱっとしない主人公が、ある日夫に「おれを独身に戻してくれないか」と言われる。なぜなら「おれが好きなのは、女よりも、若い男」だから。

夫が男に恋をした」の小説版みたいなかんじ。

主人公が身勝手な夫にイライラしながらも、新しい生き方を模索していく様子がコミカルに描かれていて、テンポよく読めた。

主人公が、どうあっても夫が好きなところがいじらしい。

結末は、あんまりスッキリしないんだけど、「世の中の『あたりまえ』に従えない人もいるよね」という話なのかな。

セクシュアリティーが題材のものは、昼メロ以上にドロドロした内容になりがちなんだけど、これはコメディーの域で楽しめる範囲で新鮮だった。

ニート/糸山秋子 

September 18 [Thu], 2008, 22:18
商品がありません。
糸山さんの「イト」は「糸」がふたつ並んでるのが正しいです。

短編集。

表題の「ニート」は小説ってことになっているけど、私小説なのかも。
念願叶って作家になった「私」が、今はニートになっている昔からの男友達(?)に金銭的援助をする、という話。
恋愛関係にはなりたくないんだけど、つかず離れずでいるのにどうしたらいいかわからない関係を描いている、のだと思う。

あと短編がいくつか。スカトロもあり。

文章はわかりやすくて読み易いんだけど、私はラブシーンが苦手なのでピンとこなかったなあ。(「そのシーンなくてもよくない?」と思ってしまいがち)

やまだないととか、オシャレ系の漫画が好きな人は好きかもしれない。

みんなが知りたい水族館の疑問50/中村元 

September 17 [Wed], 2008, 22:53
商品がありません。
水族館好き。

■水族館は何のためにあるの?
■イルカはショーを楽しんでいるの?
■水槽のガラスは割れないの?
■海獣はどうして愛想がいいの?
■水族館で写真を綺麗に撮るにはどうしたらいいの?
などの素朴な疑問に、水族館プロデューサーの中村さんが回答してくれます。

中には、当たり前だと思っていたけどそういえば不思議だなあ〜ということも。(「アマゾンの水槽はどうして半水面なのか」とか)

魚や動物のことだけではなくて、「魅力的な展示にするためには掲示の内容をどうすればいいのか」とか水族館を創る側の工夫もわかって面白かった。(ただ生き物を水槽に入れて並べるだけじゃ、見ているほうは楽しくないんだよね。)

いろんな水族館の情報も載っているので、「今度行ってみたいな〜」と思うところも何箇所か見つけました。
(手作り解説の水族館にとっても惹かれます。)

前頁カラーで、かわいいかわいいアザラシの写真も載っているので、水族館や動物好きな人にはお勧め。

中村さんのWeb水族館はコチラ

うつうつひでお日記DX/吾妻ひでお 

September 16 [Tue], 2008, 22:12
商品がありません。
あじませんせーの日記。本当に日記。その日に何読んだ、食べたとか。
あじませんせーを知らない人にはなんだかよくわからない本かもしれません。

私には本の感想が参考になった。

巻末の「ロリアル探検隊」が面白かったよ。

ずぼらさんの明るい妊娠・出産日記。/今井久恵 

September 15 [Mon], 2008, 22:05
商品がありません。
女性だからといって、出産がどういうものか知っている日本人女性はあんまりいない不思議。
(学校で避妊の仕方は教えても、妊娠出産の仕方はあまり教えないから。)

このマンガは、著者が妊娠→出産するまでが日記風に書かれていて読みやすい。
「歩くのが大変」とか、知識があっても具体的にどういうことなのかはよくわからないので、こういうのを読むと「へえぇ〜」と思う。

男の人も読んでみたらいいんじゃないでしょうか。
P R
2008年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:井上 ニトロ
読者になる
■所謂「ロストジェネレーション」。現在はリーマン学生してます。
■あくまで「私の目からみたらこう見えた」ということしか書けませんので、その点はご容赦ください。
■リンクのリストとかは管理しきれないのでゴメンナサイしてます。
カテゴリアーカイブ
最新コメント
アイコン画像ニトロ
» ゲームだこができそう (2008年01月02日)
アイコン画像えりつぃん
» ゲームだこができそう (2008年01月02日)
アイコン画像ニトロ
» 山ちゃんなら納得できる (2007年12月31日)
アイコン画像みさ
» 山ちゃんなら納得できる (2007年12月22日)
アイコン画像ニトロ
» 19時閉店なんだもん (2007年11月23日)
アイコン画像はなまる
» 19時閉店なんだもん (2007年11月23日)
アイコン画像ニトロ
» のはなし/伊集院光 (2007年11月02日)
アイコン画像イヌ
» のはなし/伊集院光 (2007年11月02日)
アイコン画像ニトロ
» 山ちゃんなら納得できる (2007年10月31日)
アイコン画像きだむ
» 山ちゃんなら納得できる (2007年10月31日)
http://yaplog.jp/crazy-sunshine/index1_0.rdf