大人になるということ 

February 24 [Sun], 2008, 18:53
頭で処理しきれない問題は文章にする。

いつも一緒に居た。
当たり前のように兄弟のように。
越える線など存在もしていなかった。

あれから5年以上。
大人になったあたしたちにはもう「線」が存在していた。
何故それを越えようとしたのか、越えさせたのか。

これからどうしたらいい
きっとどうすることもないけれど
続きを夢見るのか忘れてしまうのか
どちらが幸せなのか

ずっと頭に浮かんだ人

アタシはどうすれば良い?

 

December 15 [Sat], 2007, 7:59
蟹処理についての報告。

対象は沢蟹くらいの大きさの、食用には向かないもの。
異常な繁殖力と生命力を持ち、放っておくと生態系に影響が出るため、定期的に処理されている。

某大学の研究所(蟹処理の権威と言われる)にある特殊な遠心分離機を用い、泥水に隠れた蟹を取り出す。
通常の遠心分離機では固形物は下に沈殿するのみだが、この機械では泥は下に固まり、蟹は上に飛び出すよう工夫されている。
飛び出してきた蟹を研究生が捕まえ、ナイフを突き刺す。
しかし、先にも述べたように蟹の生命力は凄まじく、一突きでは処理出来ない。
またこの蟹には仲間意識があり、他の蟹から攻撃されることもある。
研究生たちは時に自らの生命の危機を脅かされながらも、毎日蟹処理に励んでいる。

3 

December 08 [Sat], 2007, 20:18
ニュースでは団栗に目鼻を乗せたような男が、
最近の異常気象の影響で海岸に大量の力士が投げ込まれている、と無表情な声で伝えていた。
明日はパンが降るらしい。コッペパンでは歩きにくいので困る。
かといってフランスパンでは怪我をしてしまうかもしれないぞ。

彼はテレビの前で、自慢の長い舌を器用に二つ折りにしてから短く舌打ちをした。
全く最近のマスコミュニケイションというやつは!
真実を伝えているようで実際は、虚勢を張って怒鳴り散らしているばかりぢゃないか。
世の中の不条理ばかり嘆き、悲劇のヒロインぶっていやがる。

特に意味も無く憤ると急に虚しくなって、舌を三つ折りにして舌打ちをしようとしたが失敗した。
誰にも見られていないのだが気恥ずかしく、タバコを加えて火をつける。

あと5分もしたら前面片側通行のお知らせを全国に知らしめに出掛けなくてはならない。
もしかしたらこれがニンゲンらしい最後の生活になるのかもしれないな。
遣り残したことはないか、指折りして数えてみる。

ふと、同級生だったKという名の男のことを思い出す。
何が悪いと言うわけではないが、とにかく相性が悪かった。
特にあいつの口の中に住んでた緑色の生物!!
あれが授業中こっそり抜け出して俺の机に遊びに来るんだ。
Kの唾液なのか、あれの体液なのか変なぬめりを机中に塗りまくって
もう塗り残したところもないころになると、満足げな笑みを浮かべて帰っていく。
それがあれ自身の嫌がらせなのか、Kの嫌がらせなのか今も定かではない。

この期に及んで俺を嫌な気持ちにさせるKの奴め、とんでもない大悪党だ。
タイムリミットは4分、この気持ちをなんとか静めてから出掛けたい。
俺は昔の連絡網を探し出すと、ありったけのピザ屋に電話を掛けた。
30分後、Kの家には無数のピザ屋の刺客が訪れるのだ。
パイナップル抜きのハワイアンピザでもって、華麗にフリスビー大会が開始される。

彼は自分の行動に感動を覚えながら、スピーカー片手にKの家まで全力疾走した。
最後に片側通行のフリスビー大会を見届けてやろうと。

 

December 02 [Sun], 2007, 19:03
何かの縁でココに来られた方があれば。

ココはチラシのウラ。
頭に思いついた言語をただただ連ねていくだけの場所。
その肯定で、自分の脳内の真理を見出すための場所。

チラシのウラでは「自分=チラシ」のつながりを発見されてしまうから。
ネットの海で自分の存在を消してひたすら書き続ける。

ダダとは何かシュルレアリスムとは何か。
そんなところが追求できればいいなと思っておりまする。

 

December 02 [Sun], 2007, 18:53
夕暮れ時の空には不釣合いな勇者。
彼はここで何を聞くのだ何を見るのだ何所へ行くのだ何奴をやぶるのだ。
彼が守らなければならないものはこの世界に不必要なものなのか。
彼には彼の正義が。
何某には何某の正義があろう。
しかしコントローラーを握るその手は、無常にも物語をすすめていく。

彼には彼の姫が。
何某には何某の姫がいるのだろうか。

ひめはどこだ

ココヨ、ココヨ

電子音に混ざる声のような響き。
それがお前の姫なのか。

笑っちまうぜ

勇者は似合わない
3次元の世界には。

 

December 02 [Sun], 2007, 14:59
追われたり追い返したり。
もどかしい願い。辛かったり明るかったり。
世の中は野蛮だがそこが卑屈で美しい。

世界。
重い物は救われ、軽い物は空気圧にも勝る。
誰かを助けよう、今。
難しい数式は水に浸して、3分間加熱した後攪拌。
遠心分離をすればいとも簡単に片付く。
残った物は米粒と一緒に鳥にくれてやれば良い。
誤った地方へと羽ばたけ、飛びたて!!!!!!!

娘は歌っている。
まだ挨拶は覚えていない。
P R
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29