短答試験の復習方法

May 06 [Tue], 2014, 18:02
試験の勉強をするときには復習が重要になってきますが、ここでは、短答試験の過去問を解く際の復習方法をお話していきます。復習方法には2つのポイントがあり、1つは過去問を解いて、その日に間違った問題を、次の日に復習します。それから、一度でも間違った問題についても、一週間後に復習をするようにしましょう。このときに、正解できなかったら、また次の日にして、理由まで正しく答えることができるように復習するようにします。うっすらとでもまだ記憶があるうちに復習することで、効果的に頭に入ってきます。復習だけで新しい問題を解けない不安があるかもしれませんが、あせらずに弁理士試験の勉強をしていきましょう。一見遠回りに思えるかもしれませんが、徐々に復習を続けているうちに復習量と新しい勉強量のバランスがうまく取れるようになり、知識も実力も確実についていきます。合格に近づけるように、復習をしっかりして、間違った問題を着実になくしていきましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:弁理士太郎
読者になる
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/craesliethue/index1_0.rdf