糖尿病看護のテクニック 

2013年12月19日(木) 15時21分
一晩絶食した後の空腹時の血糖値を検査する方法があります。
糖尿病の看護では食事のエネルギー量に注意するのは、医師の指導により患者さんひとりひとりに合わせた適正なエネルギー量を計算しなくてはならないからです。
糖尿病の看護する側としては積極的に尿検査、血液検査などの検査を行い、出来るだけ初期の段階で気が付くようにしなくてはなりません。
出来る限りいろいろな食品を満遍なく摂るようにし、過不足なくメニューを考えましょう。
治療や看護をするにあたっては、病気のタイプだけでなく膵臓の状態、肝臓の状態などもしっかりと把握する必要があります。
糖尿病の看護対象者が使用するインスリン注射に関する注意
規則的な生活を送っていれば血糖値は自然に保つことができますが、乱れた生活を送ると身体に負担がかかり、血糖値を保つのに余計な負担がかかってしまいます。
そのための教育入院や糖尿病教室も全国で盛んに行われており、学ぶ機会と場所は十分に用意されています。
糖尿病の看護ブログ
糖尿病の看護ご案内
糖尿病の看護のうんちくを語る
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cqkykhpm
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる