小栗の小渕健太郎

June 16 [Thu], 2016, 11:04
インフルエンザは風邪とは違うもの言われているようです。

その症状は1日から5日ばかりの潜伏期間を経て、すぐに高熱となり、3日から7日は最低それが続きます。
タイプによって、関節の痛み、腹痛や下痢など症状に小さな相違が見られます。しかし、肺炎をおこしたり、その上脳炎や心不全を起こす場合もあり、油断できない感染症です。


子供がアトピーだとわかったのは、2歳になったところのことでした。


膝の裏にかゆみも感じていたようだったのでそう伝えると、かゆみ止めとしてステロイドを貰いました。

2年のあいだ、ステロイドを治療に使い続けて、気をつけて様子を見ていたのですが、かゆみを繰り返し起こし、一向に具合が良くなってくれません。

結局、保湿剤を漢方薬に変えて、色々見直してやっと、小学生になる頃、アトピーに悩まされることもなくなりました。
実は、最近の研究でインフルエンザ予防に対して乳酸菌がすごく有効だということが分かり始めてきました。



というのも、インフルエンザといったものはワクチンだけで完全に防いでいくことは出来ません。
ですので、日頃から定期的に乳酸菌を摂取することで免疫力が高くなって、インフルエンザの正しい予防となったり、軽い症状にする効果が高まるわけですね。
乳酸菌を取り入れると体には色んな効き目があります。例えば、腸内にいる善玉菌を増やして悪玉菌を減らし、いい方向へと働きかけます。その結果として、免疫の力が向上し、多くの健康効果を実感することが出来ます。


アトピーに良い効果があったり、インフルエンザなどの感染症予防に対する効果もあります。

乳酸菌はからだの健康をより良い状態にする効果が高いと言われています。
便秘にいい食物を毎日食しています。


それはバナナにヨーグルトです。

日ごと朝食べています。

食べている間に、便秘が解消してきました。あんなにも頑固で、大変だった便秘が消失できてお薬を飲むことも なくなっちゃいました。
差し当たって ポッコリしていたお腹も、痩せてきていて嬉しいです。乳酸菌は多くの健康効果があるといいますが、中でもお腹に効力を発揮するといわれています。内臓、腸の中の善玉菌を多くすることで腸の中が活発化し体の中に停滞していた便が排泄されやすくなります。
ですので、便秘や下痢がよくなるといわれています。日々、乳酸菌を取り入れることで整腸の効果が高まりますので、続けてくださいね。

私が便秘になった理由は、日頃の運動が足りないせいでしょう。会社への毎日車で通勤しているので、歩いたり、運動したりもあまりありません。ペットを飼っているわけもでないので、散歩にも行きません。そのような生活のせいで、私は便秘なのでしょう。


便秘改善のためにも、ウォーキングをすることにしました。私はとても頑固な便秘に困っていたのですが、最近は少しずつ改善されてきています。

改善できたポイントは、ヨーグルトを毎日欠かさず食べる事でした。
友人がこの方法で、見事便秘を克服したという話を聞いて私も早速ヨーグルトをたくさん買って毎日食べてみたのです。

実践していくうちに、おなかの調子がよくなってきて、便秘で悩むこともなくなりました。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウナ
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cpfidet51ideon/index1_0.rdf