英語検定3級という試験

March 15 [Fri], 2013, 11:27
私は中学時代、英語がめっぽう得意であった。


テストで90点以下をとったことが一度もなかったのだ。


しかし授業態度が悪かったのか、いっつも通信簿は5ではなく4だった。


そして中学校3年生の時に、英語検定3級を受けないかと、学校の先生に言われた。


いつも4ばかりつけてるくせに、なに実力認めちゃってるんだよ、などとやさぐれながらも、私もいい腕試しだ、と思い、その試験を受ける事にした。


しかしその試験会場が、私の人生を左右することになる。



英語検定3級の試験会場は、とある大学だった。


家から車で15分程度ということで、父が会場まで送ってくれた。


私はその会場をみて驚愕した。


な、なんて広い大学だ。


大学ってみんなこんな感じなのだろうか?駐車場もやたら広い。


これなら全校生徒全部駐車できるんじゃないか?ってくらい。


バス停も装備しており、中学校のしょぼさを実感した。


なんてぼけーっとしている場合じゃない。


はやく試験会場にいかなければ。


私は今一度、受験票を確認し、会場へと向かった。



結果は合格。


ふ。


軽いものだ。


しかも同じクラスのガリ勉軍団4人のうち、2人は落ちたらしい。


はっはっは。


勉強ばかりしているのに、しょせんはその程度かよと、心の中でほくそ笑んだ私。


この頃は性格悪かったんだなあ。


そして印象に残ったのはあの大学。


はやく大学生になりたいなあとまで思わせるほど、壮大な大学だったのだが、数年後、私はその大学の生徒になっていた。


中学校からの第一志望である大学に通学することができたのだった。




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cpbbw
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cpbbw/index1_0.rdf