開幕戦。 

March 06 [Sun], 2005, 1:59

 対新潟。

 なんでナイトゲームやねん。
 寒いっちゅーのん!!
 こんな真冬に19:00キックオフて。
 こっちは16:00から来とんねん!凍死させる気か!
 

 今年も年間チケット握り締め、行って参りました。
 味スタへ。

 先週の川崎F戦は さんざんな内容だったみたいなので、
 はっきり言って
 今日も東京にはあんまり期待していなかった。
 去年と同じく
 あまり相性のよろしくない新潟が、
 今年も開幕の相手。

 去年 あの震災後、新潟に遠征したとき
 東京はクソミソにやられてしまいましたからね。
 でこぼこの高速道路を東京から車走らせ、
 辿り着いたビッグスワンのオレンジは手厳しかった〜。
 あの負け方は辛かった〜。(涙)
 帰りに日本海に飛び込みたくなった〜。(嘘)

 ま、今日もいいとこ
 引き分けぐらいで終わるつもりなのか・・・・・と
 思っていたら、
 どうした??東京!
 やるじゃないかっ!!東京っっっ!!
 攻める攻める攻める!どんどん攻めに行ってる!
 まだ不安定なところはあるものの、
 今日はもう
 遠慮なく、バンバン打たせてもらいましたよ〜〜〜。
 ありがとー野澤くん♪


 もう こうなったら東京ペースですよ。
 前半は、石川と今ちゃんが1点ずつ。
 後半は雨が降り出す中、ルーカスが2点!
 計4点!!
 ゴーーーーーーーール!!!

 頼むから失点はナシで終わってくれ〜と
 ひたすら願っていたら、
 きれいに4−0で試合終了。

 久々に味スタで
 東京音頭で4回ワッショイやりました。
 去年のナビスコ決勝以来かも。
 こんな快勝気分。
 いやぁ〜〜
 雨に濡れても 寒くて凍えてても、気持ちええわ。

 新加入のダニーロは まだどんなもんかよくわからんけど、
 栗坊はなかなかやるね!あんたすげーよ!
 なかなかすごいテクニックを持った選手やわ。
 これからもどんどん
 あの調子でいってもらいたいね。
 怪我だけはもう皆勘弁してくれ!
 
 今日、ひとつ残念だったのは
 戸田のゴールが見られなかったこと。
 なんとか、なんとか、戸田に決めて欲しかったなぁー。
 

 とりあえず、
 開幕戦で今シーズンの力を全部使い果たしました、
 ってことにはならんよう
 東京にはこのまま「首位独走!!!」で頑張ってもらわにゃ。

 頼むんだよ!ヒロミ!
 毎試合、その派手な舞をうちらに見せてくれ!



 それにしても、ゲストのアニマル浜口・・・・。
 どんどん岡本太郎化してやしないかい?

未知との遭遇。 

February 23 [Wed], 2005, 0:52

 わたしの周りには、
 「鼻クソを食べたことがある」
 というヤツが結構いることに 驚いた。

 すげー。
 なんでまた
 あんなものを口に入れる気になったのだろう。


 この歳まで生きてきて
 まだまだ未知の世界があるもんだと
 つくづく思った。


 あ、でも
 わたしも小学校の頃、
 授業中 腹が減って
 香ばしい匂いのする消しゴムをかじったことはあるわ。

 あれは確かに ゴムの味だったなぁ。(まんま)

夢の話。 

February 20 [Sun], 2005, 0:51

 ダルいし何もやる気が起きないし
 雨降って寒いし、
 今日はもう
 外には出るもんかと引きこもりを決めこんだ。

 旦那は隣の部屋で今日も仕事。
 わたしは猫を両脇に、昼寝に徹することにした。


 たてつづけにわけのわからん夢を3つも見た。
 オムニバス形式みたいな夢。

 ひとつは大切なともだちがとても疲れている夢、
 わたしが空を飛ぶ書道家になっている夢、
 ファンでもなんでもない竹野内豊に言い寄られ、ときめいている夢。

 もう いい加減嫌になって起きることにした。


 こういう
 はっきりと場所や風景がわかるような
 色付きの夢を見る時は
 頭を働かすのをズルけているときが多い。
 きっと寝ながら海馬の辺りが勝手に動いてしまうのだろう。
 つまりは自分への戒めだ。

 すみません。がんばります。


 夢の写真は撮れないので写真は無。

 でも竹野内豊はかっこよかった。
 今日からちょっと気になる存在に。
 (あれが水谷豊だったら ありえないけど)

東大モトクラシー。 

February 18 [Fri], 2005, 21:48

 東大卒調教師だってよ。
 東大卒タレントとかもそうだけど、
 だからなんだよ、と思う。


 学校行きました、勉強しました、
 東大卒業しました、
 でも それとは関係ない仕事選びました。
 って、それだけだろ。

 東京デザイナー学園出て
 魚屋になるのと同じじゃねーのか?
 防衛大学を出て
 サンリオピューロランドで働いてます、
 って方がまだ
 わたし的にはインパクトあるね。

 東大卒、へー、ふーんてだけだ。
 ただの学校じゃん。

 じゃあお前卒業してみろよと言われたら
 「はい、すいません」とも思うけどさ。


 社会人になってから
 東大卒の上司の下で働いたり、
 やたらと東大京大卒が多い会社で
 一緒に仕事をして来たけれど、
 未だに 仕事のできる人間にお目にかかったことがない。
 勉強はできるかも知らんが
 まったく社会性がない、常識もない、
 クレームの電話一本もまともに対応することができん、
 そんな連中しか わたしは知らん。
 むしろ こいつらの
 ケツ拭きばっかりさせられることの方が多い。

 とにかく融通はきかねー。
 挨拶ひとつできねー。
 わたしの周りの東大卒はそんなのばっか。


 ああ、わたしも心が荒んでいるようだ・・・・。

 そういや、東大卒のプロ野球選手とかも
 今は何やってるわけ??
 

ねずみがでかい顔しやがって。 

February 11 [Fri], 2005, 23:57

 知り合いに、
 ディズニーランドの
 スポンサーパスポートを2枚頂いた。

 そういや、
 もう何年も行ってないなぁ〜。
 電車ですぐ行ける所に住んでいるのに。



 申し訳ないんですが、わたし
 ああいう場所が
 めちゃくちゃ苦手なんです。

 まず 人の多さが嫌だし、
 レストランは何処もマズイ上にボッタクリだし、
 とにかく どのアトラクションに乗るのにも
 いちいち並ばなきゃならないのもウザイ。

 ああいう
 商業的な匂いがプンプンする
 似非ファンタジーワールドの中にいると
 吐き気すらもよおす。
 だいたいなんじゃ?
 あのハリボテみたいな造りは?

 同じ遊園地でも、
 としまえんとか花やしきは好きなんだけど。
 (矛盾??)



 皆さん知ってます?

 新聞にもニュースにも出ることはないですけど、
 (夢の国のイメージを壊すとマズイから)
 あそこは犯罪多発ワールドでもあるのですよ。


 せっかく頂いたけどパスポートだけど、
 わたしがディズニーランドに行くことはな・さ・げ。

 ・・・・・・。

北朝鮮戦。 

February 09 [Wed], 2005, 22:32

 埼玉行きも、国立行きも断り
 今日は残業もほどほどに
 部屋に帰って来て 豆乳鍋をすすりながら、
 北朝鮮戦を
 テレビで見ておりました。


 結果、まぁ日本が勝ったのはいいとしても
 なんだ?あの勝ち方は。
 相変わらず苦労するなぁー。とほほ・・・・。
 オマーン戦が蘇ってきたよ。

 厳しいこと言わせてもらうと、
 ボランチが機能してなさすぎじゃないですかね?ありゃ。
 
 サクサク 早い時間から狙って行かんかい!
 とイラつきながら見てたわけですが、
 北の選手よ
 おまいら 引っ張り倒しすぎ!
 汚いわ!
 てか、玉田
 あんたもビビリすぎ。
 情けない顔すんなよ。

 
 大黒くんには今回、
 出るからには絶対 彼に決めてもらいたい!!と思ってたんで
 彼が最後の1点を決めたとき
 あたしゃー嬉しかった〜〜〜〜!
 あんたは代表でも充分やってけるよ。
 代表でも、ばんばん点取りまくってくれ!

 ジーコの愛人=鈴木は
 もう用なし???
 ・・・・・・・。

 高原も惜しかったけど、(あれが決まってればなぁ)
 やっぱ彼がおったら、安心して見てられるってのはあるね。
 どんなにワガママ言おうが、病気持ちだろうが、
 小野と彼は絶対 代表には必要でしょ。 

 
 田中とサントス無き次のイラン戦。
 頼むから今度は余裕で勝ってみせて下さい。
 お願いします。
 加地も もっともっとええとこ見せてよ!!



 北の選手の皆さん、
 日本でたらふく旨いもん食べて帰って下さい。
 ジョンイルに しばかれないようにね!
 

街のひかり。 

February 05 [Sat], 2005, 23:59

 カメラマンである友人の個展が
 明日までであったことを思い出し、
 今日はうちから歩いて
 銀座のギャラリーまで出掛けた。

 晴れてて天気は良いのだけれど、
 川沿いの遊歩道は
 海からの冷たい風がぴゅーぴゅー。

 わたしの頬を突き刺す。


 途中、京橋にある
 明治製菓本社1階の「100%ChocolateCafe.」に寄って
 お茶してから行こうと思ったら、
 なんと店の前で行列ができていたので
 おとなしくあきらめて
 すぐ側のエクセルシオールカフェに入った。 

 そういえば、もうバレンタインの季節。
 どうりであの店も混むわけだ。

 あったかいカフェモカをぐぐっと飲んで 店を出て、
 また銀座へと向かう。

 2月という季節のせいなのか、
 いつもの週末より 銀座の街も 人がまばらのような気がした。
 もうバーゲンシーズンも終わったからなのかな?


 銀座8丁目にある
 小さなギャラリーに着き、
 珍しく正装をした友人に久々に会い
 彼の作品をじっくり丁寧に拝見させてもらった。


 なんてことのないどこにでもある日常の中の1コマを、
 一瞬にして捉え
 それをまるで小説や物語に変えてしまう、
 そんな不思議な味のある彼の作品は
 ますます洗練され 人間味が出てきた気がして
 すっかりその世界に引き込まれてしまった。

 見る者のイマジネーションをどんどん膨らませる。
 なんだか懐かしい街に帰って来たような、
 今回もそんな気持ちにさせられ
 また彼に元気をもらった。


 いつも思うことなのだが、
 写真や絵というものは
 センスや才能、経験、腕もあるかもしれないけれど
 決してそればかりがすべてではない気がする。

 作品のひとつひとつ、隅々に
 その作者の生き様や執念みたいなものが
 はっきりと現れる。
 ごまかしや嘘の利かない 真っ向勝負の世界だ。

 心底腐った人間や、適当に生きている人間は、
 絶対に
 「モノを創る」という職業には就けないと思う。

 やっつけ仕事でその場その場を切り抜けている
 そんな多くのエセ・クリエイターの作品というものは、
 悲しいかな
 やはり生まれてはすぐに消え
 消費されるだけで終わってしまうものだ。
 (街中で目に付く大半のモノは、そんなものばかりなのだけど)

 どうか
 彼には、今の自分の感性のままで
 成功していってもらいたいと思った。
 見る人々に、小さな幸福を与え続けてもらいたい。


 帰り際に彼から、
 枯れちゃうともったいないから
 お客さんに頂いた花を好きなだけ持ってっていいよと言われたのだけど、
 やはり彼がもらったものだからと遠慮して、
 お土産に持って行ったお菓子を渡して
 ギャラリーを後にした。

 こうしていつも、
 素晴らしい作品を見た後は
 なんだかすがすがしい気持ちになって、
 心が洗われたような気分になる。
 体中が、幸福な満腹感でいっぱい。


 そんな気持ちのまま 再び歩き、
 日本橋へと戻った。

 帰りがけにCOREDO日本橋に寄り、
 「GARAGE」で 前から欲しくて行く度に眺めてた
 サッカーゲームでちょっと遊んで、
 買おうかどうしようかさんざん迷ったあげく
 結局買わずに、
 ぶらぶらしながら いろいろ眺めただけで
 おとなしくうちに帰って来た。


 帰り道は
 もうとっぷり日も暮れていて、
 今日も隅田川沿いの高層マンションの夜景は
 相変わらず
 きらきらと あたたかい光に包まれていた。

 わたしのこの目に映る 毎日の貴重な1コマも、
 一瞬一瞬
 心の中でシャッターを切り続けていくのだ。

 負けずに。

ボヤッキー。 

February 05 [Sat], 2005, 0:35

 あ〜いやだ、いやだ。
 うちでも くだらん仕事してるさ。

 ジョブ管理の悪さは
 みんなタスクの担い手にシワよってくる。
 管理能力がないならないで
 こっちに任してくれりゃいいのに
 それもしてくんない。

 ・・・・・・ほんで この有様。
 まったくヤル気ねー。


 なんかもうね、
 ずーーーっとこんなで
 毎日味気のないハンバーガーばっか食わされてるような気分。

 中国で
 「甘栗むいちゃいました」の栗の皮をむいちゃってる人や、
 食玩のおまけフィギュアに色付けしてる人も、
 こんな気分なんかなー。

 いや、まだそっちの方が
 生産性があると思われ。


 わたしはこのままじゃ
 非常にマズイ。
 いや、ほんとにもう
 勘弁してけろ〜。

花粉症。 

February 02 [Wed], 2005, 22:25

 風邪だ風邪だ〜!
 アホなのに風邪ひいても〜たぁ!
 と騒いでいたら、
 なんてこたぁない。

 もうすでに花粉症にやられていただけでした。

 鼻の皮がガピガピ。
 目はショボショボ。
 肌はボロボロ。
 今年も汚い女です、わたくし。

 
 そーいや、
 薬局で売ってる「鼻ポン」て知ってます??
 鼻の穴に突っ込んで 栓をして一時的に鼻水を止めるやつ。
 いちいちティッシュをちぎって丸める必要がないんですよ、これ。
 薬局で今度 探してみて下さいな、皆さん。
 
 家の中では コレをずーっと詰めっぱなしでもいいんですけど、
 さすがに外では鼻栓して歩けないじゃないですか。
 だから、今年から
 マスクや花粉除け眼鏡と同じように、
 鼻ポンも世間に認知してもらえたらと思って 
 皆に広めてるんですよ。
 世の中の花粉症の人が皆 これを詰めて歩いてたら
 別に恥ずかしくないですからね!
 
 もし皆さん 花粉症で苦しんでるようでしたら、
 明日から外でも会社でも 鼻ポン生活ですよ!
 両鼻の穴に栓して街を闊歩しましょう!


 でも、使い終わった鼻ポンのポイ捨ては禁止ね!
 わたしの勤務する千代田区辺りでは
 「鼻ポンポイ捨て罰金!」なんて条例を
 作り兼ねないですから。
 
 携帯用の使用済み鼻ポン入れを持参しましょう。

黙祷。 

January 17 [Mon], 2005, 23:52

 今日は 東京の空にも、
 わたしの頭上にも
 青い空が広がっていた。

 あの10年前のことを思い出しながら、
 しばらく空を見上げた。


 風が吹いて
 星が瞬いて
 光がさす間、
 大切なものが増えていった。

 悲しんだり
 驚いたり
 喜んだり。

 人生はそのくりかえし。
 月日の流れは 確かに早い。

 

 10年も経たないうちに
 神戸の街は復興し
 街から震災の傷跡は癒えたとしても、
 10年経った今でも
 人々の傷が癒えることは決してない。

 ある日突然起きた あの出来事。

 どこに住んでいても、
 誰もが 他人事ではなくなる日が
 もう すぐそこに やって来ているのかも知れない。


 二度とあんな光景など見たくないのだけど。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cowbooks
読者になる
2005年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる