黒岳石室 奇跡

August 11 [Sun], 2013, 16:12
昨夜は、悪天候なのに奇跡的に満天の星空を堪能。
夜中に強風でテントが壊れるんでないかと心配であまり眠れず。
朝、天気を期待せずにテントから出ると快晴でした。

今日は7時に下山開始。
風が強いから朝ごはんは途中の登山道で食べることに。

朝露がまた綺麗。

昨日の天気がウソのような快晴。
でも風が強いから、天気はすぐ悪くなりそうだ。

黒岳山頂に向かうと雲海。

チシマヒョウタンボク。9合目でお湯を沸かして朝ごはん。

リンドウ。1便のロープーウェイで登ってきた登山者がぞくぞくと登ってくる。

ダイセツトリカブト。私にはペンギンに見えるけど。

アキノキリンソウ。

エゾツツジ

7合目からは雲の中。途中、木材を持ったmさんと遭遇。
北海岳のベンチ修復に向かうらしい。

9時過ぎ、車まで無事戻る。ゆっくり帰札。

黒岳石室 ルイベ

August 10 [Sat], 2013, 15:46
本日のお天気は
ザックに食料を詰込み黒岳石室へ向かいます。
ワイン3.6リットル、果物、肉、その他もろもろ、そして今夜のメインゲストさんは、サーモンのルイベ(刺身)!!

重量級のザックと共に、雨の中でしか見ることのできないお花と雫を愛でながら着々と頂上を目指す。

途中、ガスが切れ赤岳方面がチラッと見えた。

すぐガスり始めて、霧雨や少し大きめの雨粒が降ったり止んだり。蒸し暑い。

オトギリソウ。雫が綺麗で、立ち止まりなかなか先に進めない。

ゴゼンタチバナ。今は午後です。

チングルマの綿毛と雫。

やっと見えてきた石室。
皆、元気かな〜

青森ねぶた祭り

August 03 [Sat], 2013, 16:30
旦那が毎年参加しているねぶた祭り。
一緒に参加するようになり、今回で3回目。

毎年思うが、ねぶたは参加して楽しいお祭り。
でも1回でいいからゆっくり見てみたいけど。

そして青函トンネルの中は熟睡タイム。

青森駅はねぶたで観光客がぞろぞろ。
お昼を食べにエーファクトリーへ。

十和田ばらやき定食。B級グルメ。

玉ねぎがあめ色になるまで、自分で炒めないといけない。
結構忙しいが、楽しい。甘いタレの香ですぐにでも食べたくなってしまう。
熱々の白いごはんに乗せてたべる。おいしい〜!箸が止まらない。

海沿いのデッキを歩き、ねぶた小屋へ。

写真の題名:おい!そこのきのこ!焼いて食べてやる!

写真の題名:三味線の後はサイダーでしょ!

今回も無料のハネト衣装をお借りして祭りに参加。

一番近くで山車が見れる。2時間強動いていたから汗だく。

今夜はモヤ高原ユースホステル宿泊。

鈍行列車のタビ

July 27 [Sat], 2013, 16:51
今日は鈍行の旅。札幌駅6時10分頃の旭川行きに乗車。
まずは、久しぶりに美馬牛駅のラ・マルタさんへ。
10時半前、オープンまで30分。
まだお店の前に人がいないことを確認。

周辺をうろうろして、開店5分前にお店に戻ると、なんと2組も並んでしまった。
これは鈍行列車の旅をしている私達は致命的な事。
食べれるまでの時間が計算できないのです。
列車時間まで1時間20分。

そして待つこと40分位。
オープンサンドはやっぱりおいしいよ〜
列車の時間にも間に合ってよかった。

中富良野駅へ。ファーム富田まで歩く。

お花が見ごろ。

従業員さんがラベンダー狩り。







スクータもファーム富田色のラベンダー色。
スクータでソフトの原料が入った箱を6つ位器用に運んでいるかわいい従業員さん。

モールの様なお花。

平山 下山

July 14 [Sun], 2013, 11:26
山頂からは表大雪がはっきりと見える。
今日は大雪も天気よいんだな〜

良く見ると、トムラウシまで見える。

ニセカウ方面。

比麻良山に行こうかと途中まで歩いたが、かなり疲労していた為下山開始。
途中、何人ものトレラン参加者が登ってくるから、交わすのに時間がかかった。

大雪渓で必死に登るトレラン参加者。
ゆっくり時間をかけて下山。
登山口で偶然友達に会いびっくり。
人の出会いってすごいと実感。

今夜は富良野の日の出公園でテント張るつもりだったが、かなりの混雑振りだったので帰札。
フラヌイ温泉を出たら夕暮れ。
三笠桂沢線が工事していたので、渋滞にはまる。

平山 タカネシオガマ

July 14 [Sun], 2013, 11:03
朝早めにキャンプ場を出発。
平山へ。連休だけあって登山者も多い。

しかも今日は、トレイルランニングの大会「第1回大雪山ウルトラトレイル」が行われるって!

3百人くらいが登ってきたら、登るにも下山するにも大変なことになりそうだ。

登山道には滝などもあり、しかも割と平坦な登山道を進む。
途中、長く傾斜もある雪渓を登る。
今年は雪が多いからかな?以前7月の3連休に登ったときはなかったんだけど。

先日、黒岳で滑落未遂をしたせいか、へっぴり腰で慎重に登っていく。

更に、短い雪渓を通り過せば視界が開けてくる。

分岐を左に曲がり山頂へ。

平山にきた目的は、タカネシオガマに会いにきたんだ。

かわいい。お菓子のスピンが食べたくなる様な車輪型。

上川オートキャンプ場

July 13 [Sat], 2013, 10:49
3連休。砂川のナカヤで出来立てのアップルパイをゲット。
さっくさくでたまらない。
公園へ。空が水面に写っている。

今夜のお宿、上川オートキャンプ場。
登山の拠点には丁度良い場所にあるが、オートキャンプ場なので料金が少し高い。

終日良い天気。アジア系のチャリダーカップルが近くにテントを張る。
最近はアジアで自転車旅行が流行っているらしい。

夕飯ものんびりと。

ここのキャンプ場に泊まりたかった理由が・・・

場内に露天風呂があるんですっ!
登山者の宿泊が多く、しずかな夜でした。

ひとりでお散歩 円山動物園

July 06 [Sat], 2013, 11:38
旦那のロードレースを豊平川で応援してoff。

この日朗報があった。ピックアップの前を何気なく通ったら、リニューアルオープンするらしい!!!!!
私はここの広島焼きがないと駄目のよ。よかった安心した。

うきうきした気持ちで、ひとり動物園へ向かう。

久しぶりの動物園。かなり来園者が多くてびっくり。
サルは水をかけられそうになり、逃げる。

この日は凄く暑くて、シロクマの親子も日陰でお昼寝

私の好きなヨウスコウワニ。ちっとも動かない水面をただよう

このお猿さん、じーっと見てると、ちら見したりする。面白すぎるサル。

トラの肉球。立派だ。

黒岳石室 滑落未遂

June 30 [Sun], 2013, 13:25
ジムカデ。

お鉢一周もラスト4分の1。

イワブクロ

北海沢の残雪。

赤石川の残雪。

白鳥雪渓を見上げる

石室で荷物をまとめる
コーラを飲んだ。今までの人生で一番おいしいコーラだった。
今年からコーラを置くようになったらしい

黒岳山頂へ。またこれるかな。

急な雪渓。。そして事件は起きた。

気持ちが大きくなっていたのか、8合目から7合目付近の雪渓で、尻滑りをしてしまった。

最初は快調に滑り始めたが、足で踏ん張っても、体を1回転しても、手でも止まらない。
やばい、滑落だ。50mくらい滑落した後、直径2mmくらいの細い木の枝につかまり止った。
後ろから見ていた旦那も滑落しているとみえたらしい。

しばらく生まれたての小鹿のように足ががくがくなりながら7合目まで下山。
二度と尻すべりはしないと心に決めた山行でした。

黒岳石室 北海岳

June 30 [Sun], 2013, 13:14
面白いお花発見

お鉢。向こうは黒岳

裏旭にはまだたっぷり雪がある。

そしてこの景色。たまらない絶景。

エゾタカネスミレ。この子に会いたかった。イェス。

絶景とスミレちゃんの大群。

北海岳まではスミレロード。踏まないように気をつけてね

大好きお花発見!クモマユキノシタ

北海岳でお昼。アルファ米とイエローカレーの缶詰。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cowbellkaori
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 趣味:
    ・温泉
    ・旅行-道内旅行、国内。
    ・アウトドア-登山・キャンプ
読者になる
とにかく緑が好き。
緑色の物から自然の緑。
緑を見るとテンション上がります!
どんな時もバックパック。
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像cowbellkaori
» 黒松内岳 落石 (2011年11月12日)
アイコン画像パパチャリ
» 黒松内岳 落石 (2011年11月10日)
アイコン画像cowbellkaori
» 噂のニペソツ山−3 (2011年10月21日)
アイコン画像パパチャリ
» 噂のニペソツ山−3 (2011年10月06日)
アイコン画像カウベル
» 桜を求めて移動 弘前へ (2011年06月04日)
アイコン画像パパチャリ
» 桜を求めて移動 弘前へ (2011年06月01日)
アイコン画像カウベル
» 函館到着 (2011年04月10日)
アイコン画像パパチャリ
» 函館到着 (2011年04月10日)
アイコン画像COWBELL
» キー坊、その後。 (2009年12月02日)
アイコン画像koujiro
» キー坊、その後。 (2009年12月01日)
Yapme!一覧
読者になる