鈴木悠介の許容してもよい金額の幅

September 05 [Tue], 2017, 18:27


鈴木悠介

とにかく、金融商品へのあらゆる取引業務が証券市場における取引などについて規定した金融商品取引法(金商法)の定めに基づき、規制されておらず、例外になるものの例では通貨売買に関する取引(両替業務)に係るものであれば金融商品取引業の登録の必要はない。
【投資】外貨預金は身近な銀行で購入することができますが、外貨ではない一般的な円預金の取り扱いとは異なり預金保険制度(金融機関が破綻した場合に、預金者等を保護する)の対象とならないのです。MMF(MMF:公社債(国債、社債など)や短期金融資産で運用される投資信託)は、ネット銀行であったり証券会社等で購入することができます。
【ポイント】ストップロスという技が、出来ないのであれば、売買で儲けることは不可能。取引の損をみずから認めることができる肝っ玉を持つことが最重要であり、ストップロスが無理だというのであれば、絶対に投資はやめておいたほうがよい。
【重要】資産配分:許容してもよい金額の幅に応じて準備した投資資金を特性が異なるいくつもの金融商品にバラバラにして行う投資方法を、アセットアロケーション(Asset allocation:資産配分)と言うのである。
【学習】テレホン・マーケット(特定の場所に集まって行う取引ではなく、電話連絡で行われて取引が成立するマーケット)のなかで代表的なものをあげるとすれば、インターバンク市場(金融機関が相互の資金の運用と調達を行う特殊な市場。取引参加者は金融機関に限定され、資金の出し手、取り手の間を短資会社が仲介している)で有名な外国為替市場( Foreign exchange market、外国為替取引が行われる市場。外為市場とも)0などである。
【金融の基礎】スキャルピング:デイトレード(1日に何度も取引を行う売買手法)のうち、数分、短ければ数秒の間に1,2ティック上下したのを知ると売買や反対決済を成立させるやり方を指して「スキャルピング」(「スカルピング」や簡略に「スキャ」「スキャル」とも)と呼んでいる。
つまり、第二種金融商品取引業者(一種業者とは業として行う内容が異なる)が自前でファンドを発売し、適正に運営していくためには、とんでもなく数の「やるべきこと」、それともちろん「やってはいけないこと」が事細かに法律等により決められているのだ。
北海道拓殖銀行が破綻した翌年の1998年6月、大蔵省(当時)銀行局や証券局等が所掌していた主な業務のうち、民間金融機関等(民間資本によって運営される銀行等)の検査・監督に関するものを区分して、総理府(当時)の内部部局ではなく外局のひとつとして金融監督庁なるものが設置されたのが現実です。
【常識】FX(外国の通貨の売買で利益を得る取引:margin Foreign eXchange trading)は多くはない資金(証拠金)だけでも膨大な金額を取引することができますが、手にすることができる儲けが大きくなる反面、損失もとてつもない金額になる可能性があり、ハイリスク・ハイリターンの商品である。
【投資の前に】TOPIX(東証株価指数)に連動する方式のETFを手に入れて取引するということは、東証一部に上場中の2000近い全銘柄を全て保有するのと非常に近い有効性が予想できるのです。
知っておきたい用語であるMMF(マネー・マネジメント・ファンド)は、公社債、短期金融資産で運用される投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)というものである。注意すべきは取得からすぐ(30日未満)で解約するような場合・・・これは手数料にペナルティが上乗せされるのである。
つまりMMF(マネー・マネジメント・ファンド)とは、公社債や償還まで1年以内のいわゆる短期金融資産で運用される投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)のこと。気が付きにくいが取得から30日未満という定められた期間で解約した場合、残念ながら手数料に違約金が課せられるのです。
【ポイント】テクニカル分析について⇒株式や商品取引、為替等の扱われる取引において、これまでに出現した現実の取引の時間ごとの動きから、今後の市場の価格の変化を予想そして分析しようとする手法だ。
信用格付機関による格付けの長所は、わかりにくい財務に関する資料を理解することが無理でも評価によって金融機関の経営の健全性が判別できる点にあるのだ。ランキング表を使えば複数の金融機関を比較することまで可能となる。
【金融商品】カバード・ワラントって?ゴールドマン・サックスが販売するeワラントや、ポケ株ワラントなどの商品があります。普通、限られた資金でも売買可能な特徴が大きな魅力でしょう。

格付けによるランク付けを使用する理由(魅力)は、読むだけでも時間のかかる財務資料の全てを読むことができなくても評価によって金融機関の財務の状況や経営状態が判別できるところにあるのだ。ランキング表を使えば金融機関同士を比較することも可能ということ。
【知っておきたい】外貨預金⇒銀行で購入可能です。けれども円建ての預金とは違い破綻した場合に、預金者等を保護するという目的の預金保険制度の対象になりません。MMF(MMF:公社債(国債など)や短期金融資産での運用をする投資信託)は、ネット銀行または証券会社等で購入することができます。
まず投資とは、経済の分野で、先々の資本や価値(生産能力)を増強させるために、今の資本投入する活動を意味することが多い。ただし、広くは、自己研鑽や人間関係についても用いられている言葉です。
1946年に設立された日本損害保険協会は、日本における損害保険各社の正しく良好な発展、加えて信用性のさらなる向上を図り、そして安心さらに安全な世界を実現させることに役立つことを目的としているのだ
必ず知っておくべきこととして、株式の知識。債権ではなく出資証券(有価証券)であり、出資を受けた企業は出資した(株式を購入した)株主に対する出資金等の返済しなければならないという義務は発生しないということ。そのうえ、株式は売却によってのみ換金するものである。
【ポイント】コール市場という用語は、銀行間取引のうち1年未満の資金貸借を行う短期金融市場の代表です。呼び名の「コール」は「call(呼ぶという意味)」で、呼ぶ(call)とすぐに返ってくるというほど反応の早い取引をするので、この名で呼ばれていると言われている。
【基礎】ファンダメンタル分析は、銘柄とか市場の基本的な情報などを分析する方法なのです。先物取引だとか為替では、経済や金利、製品、賃金など、企業の全般的な状況に注目。
【ポイント】株式累積投資:株式をまるで積立貯金のように定期的に購入することができる株式累積投資(るいとう)は、株の価格の無茶な変動を抑えることが可能なドルコスト平均法を利用しているため、、購入価格をうまく平均化することで危険性を減らすことができる。
【金融の基礎】eワラントの基礎。権利のある資産を証券(有価証券として)化して販売する金融派生商品(デリバティブ)のひとつとして"名門のゴールドマン・サックス(Goldman Sachs, NYSE: GS)",にて発行する簡易な投資手段として期待できるカバード・ワラント(オプション取引の一種、オプションを証券化したものを指すことが多い)のことカバード・ワラント(オプション取引の一種)のことなのです。
投資によってそれなりの利益をあげる為には、多かれ少なかれリスクを背負わなければならないのですが、多くの投資の種類や投資のスタイルをきちんと選ぶ事で、それなりにリスクを避けることが実現可能といえる。
【投資】「投機」はご存じのとおり、取引する会社などの業務や経営状態などとはひとつも関係が無い取引で、単純に売買を繰り返すことを続けてキャピタル・ゲイン(capital gain)という売買利益だけが目的の株式投資の手法なのである。
【ポイント】カバード・ワラントについて⇒ゴールドマン・サックスで有名なeワラントおよびポケ株ワラント(株そのものを買うのではなく株を売買する権利)などの独特の商品があり、どれも基本的に僅少な資金から売買可能である特徴が大きな魅力といえます。
【用語】金融機関はどんな組織?資金貸借や資産運用など金融取引などに関する事業を営んでいる企業、団体などを表します。ただし、狭義には絞り込んで預貯金取扱金融機関だけのことを言うが、広義では保険会社や証券会社、ノンバンクも含む。
【投資】外国為替市場という用語は、外国為替(通貨を異にする国際間の貸借関係を、現金を直接輸送することなく、為替手形や送金小切手などの信用手段によって決済する方法)取引が行われている場を表す言葉である。外為市場と簡単に省略して呼ぶこともあります。通常は銀行間のみで取引する市場為替銀行間取引が実施される場のこと。
【経済用語】eワラント⇒権利の対象になっている資産(対象原資産)を証券化(資金化のため)して販売する金融派生商品(リスク回避のために開発された)なのです。"ゴールドマン・サックス(Goldman Sachs, NYSE: GS)",にて発行しているにて発行されているカバード・ワラント(オプション取引の一種、オプションを証券化したものを指すことが多い)のことです。

P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/cow5786/index1_0.rdf