キーファ・グランがのの

February 04 [Thu], 2016, 17:06
転職する理由は、書類選考や面接において非常に重要視されます。相手に理解してもらう理由でない場合低い評価になってしまうでしょう。ところが、転職する理由を聞かれても上手に言えない方も多いかもしれません。ほとんどの人が履歴書を書く際や、面接の際に、この転職理由が苦労の元となります。
どのような転職理由がいいかというと、はじめに、本当に転職する気になった理由を考えてみてください。誰かに見せるためではないので、好きなようにノートに文字で表しましょう。そして、それがネガティブに受け取られないように表現を変換してください。転職することに至った経緯が長くなると言い訳のように聞こえてしまうので、なるべく短くなるように気をつけましょう。
退職の原因が労働時間の長さである場合には「より効率の良い仕事の仕方を重視したい」、やりがいのない仕事と思っている場合は「環境を変え、新しい自分を発見したい」と記載すると良いと思います。たとえ転職理由がネガティブなものも言い方によっては、ポジティブに感じるようにすることもできます。履歴書記載の注意は、150文字から200文字程度で書くようにしましょう。
転職するための活動は今の職に就いている間に行い、転職先が決定してから、辞職するのが理想でしょう。退職後は、時間が自由ですし、すぐにでも働くことが可能ですが、転職する先がなかなか決定しないこともあります。職の無い期間が半年以上を過ぎると、ますます就職先が減っていきますから、退職後のことを考えないで今の仕事を辞めないことをお勧めします。
人材紹介の会社を通して良い転職ができた人も少なくありません。自分だけで転職活動を進めるのは、精神的に、なかなか辛いものです。うまく行かない事が続くと、どう進めて行ったら良いのか、分からなくなることもあります。人材紹介会社を使用すれば、自分の状況に応じた応募先を教えてくれたり、有効なアドバイスをくれることが期待できます。
面接を行う時には、身だしなみにはくれぐれも気をつけておきましょう。清潔な印象のある装いで面接に挑戦するというのが重要なポイントです。緊張することと思いますが、模擬練習をしておき、面接の準備をしておきましょう。面接で問われることはたいてい決まっていますから、事前に、答えを想定しておくことが大事です。
転職するときに求められる資格は、専門の仕事以外にはそれほど多くないようですが、所有している資格を有効に使って働くことができるということでは、やっぱり、国家資格が強いでしょう。また、建築や土木系では建築士などに代表される「業務独占資格」と言われる、該当の資格を取得していないと実際に働くことができないという仕事が多くあるので、狙い目となっているかもしれません。
違う仕事に職を変えるのは困難であるというイメージが強いですが、実情はどうなのでしょうか?結論から言うなら、異業種に職を変えるのは簡単ではありません。経験者と未経験者が同時に採用試験を受けに来た場合、採用担当者は経験者を選択しやすい傾向にあります。ただ、確実に無理というわけではないので、努力の仕方によっては異なる業種に職を変えられることもあるものです。
職業を変えたいと思ったときに持っておいたほうが有利な資格として、社会保険労務士や公認会計士がおすすめです。これまでの職場での経験や実績を生かした転職を考えている方にもお勧めできる資格です。社会保険労務士という資格を得ていると、総務や人事関係の仕事を得られやすくなりますし、公認会計士の資格があれば財務や経理関係の仕事を得られやすくなります。
一般論として、転職に、有効だと思われている資格に中小企業診断士という資格があります。中小企業診断士の資格を取得することで、経営知識を有することが証明されるので自分は会社にとって貴重な戦力になりうると認識させることが可能です。法律のエキスパートである行政書士やお金に関するあれこれに精通するファイナンシャルプランナーも、仕事を変わる際に有利になるでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:悠月
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/coup9k92rethwn/index1_0.rdf