シアタープロデュース研究会 第6回「需要はあるのになぜ制作志望者は増えないのか?」

September 07 [Thu], 2017, 16:05

オフィスコットーネの綿貫 凜と十色庵の大森晴香(元・時間堂)の2名のプロデューサーが、現場で起こる様々な問題点を参加者の皆さんと探っていく会です。この会は一方的に情報を与える・受け取るというセミナーではなく、「これからの演劇界、小劇場界、どうするの?どうなるの?」を語り合う場として開催します。


今回のテーマは、制作の人材不足に焦点をあてます。どこに行っても制作が足りないということを耳にしますすが、どうしてこんなに求められているのに目指す人たちは増えないのか?
制作者を求めている主宰者はもちろんのこと、いま現在現場で悩んでいる制作者の皆さん、今回も現場目線でリアルな課題と向き合い、どう突破していくかを一緒に考えませんか?

●日程:2017年9月27日(水)18:30〜22:00 
●会場:下北沢駅周辺(ご参加者にのみお知らせします)
●参加費:1,000円(1ドリンク付/当日精算)
●対象:小劇場演劇におけるプロデューサー、制作者、および主宰者/3回以上の企画・プロデュース経験を有する方 ※自ら企画し、プロデュースする立場にある方。団体に所属している方でも可。
●定員:10名程度

●申込方法:以下の登録フォームからお申し込みください。※定員に達し次第締め切らせて頂きます。
https://goo.gl/forms/plEvWRDUdxYiHhAz1

●ファシリテーター
綿貫 凜・わたぬき りん
劇団3OOの制作を経て、91年から演劇企画集団THE・ガジラに参加。2009年まですべての作品にプロデューサーとして関わる。
94年に制作会社オフィス コットーネを設立、代表・プロデューサーに就任、数々のプロデュース公演を手掛ける。1999年〜2011年まで日本工学院専門学校 演劇・スタッフ科の非常勤講師を務める。

大森晴香・おおもり はるか
十色庵管理人、合同会社時間堂代表社員。元・時間堂プロデューサー。
専門学校で舞台俳優の勉強をしたのち、応用演劇への関心から大学へ進学、学業の傍ら当日運営として活動開始。卒業後は人事系経営コンサルティング会社の営業職を4年弱経験。
2011年に退職後、フリーの制作として活動。2012年、時間堂に専属プロデューサーとして加入。全国ツアー、海外小説の舞台化、専有スタジオの開設と劇団法人化を実現。2016年末に時間堂が解散、今後の展望を模索している。

ファシリテーターは何かを教える「講師」ではありません。ご参加の方々と一緒に考え、学び合う立場で参加します。

◆今後の展開
2ケ月に1回程度のペースで、今後も継続的に開催予定です。次回は、11月を予定しています。

●問合:十色庵 info@toiroan.com 070-6659-3841(大森)
●主催:(有)オフィスコットーネ・合同会社時間堂
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:コットーネ
読者になる
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
JG7MER / Ackee
» 「ガーデン」 (2014年05月08日)
名無し
» 出演者募集! (2013年04月08日)
まえかわ
» コルセット千秋楽です! (2012年07月09日)
まえかわ
» ああ〜ああ〜待ち遠しい! (2012年07月02日)
たけうち
» ああ〜ああ〜待ち遠しい! (2012年07月01日)
ヤプミー!一覧
読者になる
http://yaplog.jp/cottone/index1_0.rdf