少し歩いていくと、ずいぶんと立派な木造の建物が見えてきた。

September 24 [Sat], 2016, 16:59
家のそばには穀物貯蔵庫のような建物もあり、その横でお母さんが棒を振るって麦を脱穀していた。

11. 種と土-イメージ9
エドモントンにやって来てから20年ほどが経過し、手の中にあった小麦の種が、ふるさとと同じ黒い土の畑からたくさんの実りをもたらしてくれるようになった。

あのポスターと現実との間にはずいぶんと違いがあったけれど、ウクライナの人たちはそれでも160エーカーの土地に希望を感じ、エドモントンを拓き続けたということだろう。
ドラクエ10 RMT