民事再生による解決は住宅ローンを含め複数ある債務に苦しむ人々

February 25 [Thu], 2016, 17:50
を救済するために住んでいるマンションを維持しながら経済面で再生するための債務圧縮の処理方法として利用できるようになった解決方法です。

この制度には、破産宣告と違って免責不許可となる要素はないためにギャンブルなどで債務がふくらんだ場合も民事再生は選択可能ですし、破産申請により業務禁止になってしまうような免許で収入を得ているような方でも民事再生は検討できます。

破産申告では住宅を残しておくことは不可能ですし、任意整理等では、やはり元金は戻していかなければなりませんので住宅ローン等も支払いながら払っていくことは多くの場合は難しくなるでしょう。

とはいえ、民事再生という方法を採用できれば住宅ローン等を別とした借り入れについてはけっこうな圧縮することもできますので住宅ローンなどを返しながらあとのローンを返済していくこともできるということなのです。

といっても、民事再生という手段は任意整理による手続きまたは特定調停等とは違いある部分だけの負債を省いて処理することは許されませんし破産申告の際のように債務が消えてしまうわけでもありません。

くわえて、そのほかの方法と比べると処理が複雑で期間もかかりますので、住宅ローンなどを組んでおり住宅を維持する必要があるような状況等以外の自己破産等のそれ以外の債務整理ができない場合だけの最後に考える方法と考えるのがいいと思います。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:詩織
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cotchmhelntori/index1_0.rdf