はい、ツンデレキャラ

June 10 [Sat], 2017, 18:33
いや、いや、俺たちは敵だよ。もともとは賭けエロ漫画先生勝負敵対関係が、後に比較的に熟しているそうだが、昨日またお仕事に対しての態度によってされ、そこで再びに破局したではないか?」

私はこのようになって、妖精はやっとやっと今日私の家の彼女の理由がないと思っていました。

「ああ、ああ、そうですか。そんなことは気にしなくてもかまいませんね。どうせ、このさんが勝つには。』

「?会……!」

意外にも……そんなに簡単には言えないものだから!

ああ、そうですか。やっと私達の間の対話はとんちんかんな答えをする理由。こいつは私を敵として見てないんだ。勝っても当然の相手だから、私たちは勝負だと思わない。

だから、敵対関係の僕に、自然に「あなたは今日は来ないの?この台詞は。

「あなたのこの地方は本当に人を火にすることができます。私は絶対にあなたに負けて泣き出して。」

あなたはよくがんばってね、このさんはあなたのことを応援します。はい、本題に入ります―――だから、明日は来るでしょう。』

私は言いました。なぜ山田先生はあなたは、こんなに私を家に行かない?」

『?あなた、あなた、あなたは何を言っていることを言って!あなたはばかですか!お嬢さんはそんなにあなたのこの人は家を呼んで家に遊びたいと思っていなかった!』

はい、ツンデレキャラのようなお手本として、演技を見せることはありません。」

『には!……あなたのこの地方は本当に人がとても大きいです。いつの日かお嬢さんが泣いていても、期待しててね。』
ニーア オートマタコスプレ衣装はcosyoyoです
「がんばってね、私はあなたのことを応援します。あとはね……止まらないからされて退稿陥ってしまう作文地獄、今忙しくて犬とかわらないの私に、いったい何の理由をわざわざ敵の家へ行かなければならないですか?」
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:コスよ
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる