コスト削減のポイント

コストの削減の方法は、企業の利益を確保するために取り組むべき重要課題です。
一般的に、コストの削減と聞くとまず、人件費、宣伝費などが浮かび上がると思います。

そういった直接的に効果をもたらすコストの削減方法の外に、業務の流れに沿って何処にコスト削減のポイントがあるかを探ることが必要となります。

コスト削減の方法のポイントを見つけ出すには、大きく分けると2つあります。
ひとつは変動費をチェックする。原価・運送費・外注委託費などの方法です。変動費のパーセンテージを把握することが重要です。

コスト削減の2つ目の方法として、固定費をチェックする。人件費・賃料など。次月決算などを行うことでコスト削減できる箇所が浮かび上がります。
コスト削減方法は、その性質に合わせて行うことになります。

その他のコスト削減方法としては電気代や通信費、配送費など、全体から見たら僅かな物でもコスト削減によって生まれる利益は大きなものです。



★節約のノウハウを知りたい方はコチラをクリック★



コスト削減のアイデア

最近、原宿に出店したH&M。ファション性の高さと低価格で人気のブランド。
コスト削減のためのアイデアは、商品企画から販売まで一貫して手がけているため、すばやい商品化を可能にしている。生産コスト削減のために他社工場に大量に委託していることもアイデアとしては大きな要因のひとつ。

安価な衣料品として広がったユニクロも、同じようなコスト削減のアイデアを図っている。その低価格の秘訣は企画から生産、販売を一体化して流通コスト削減のアイデア。中国などの縫製工場への生産委託をしている。

アメリカの会員制の量販店として知られるコストコ。コスト削減のアイデアは余分なディスプレイの無い倉庫型の店舗。
日本で見られる買い物カートに比べて大きさが格段に大きい。全てのものが量販され、ほとんどが業務用サイズ。
コスト削減のため、ショッピングバッグは無いが、レジでコストコバッグを買うことも出来る。これもアイデアのひとつ。
コスト削減のアイデアに留まらず、その企業の魅力として新しいスタイルを提案している。

ファミレスのコスト削減

ファミレスはロード・サイドであるため、広い土地に建てられる。ファミレスの場合のコスト削減は、1フロアの店舗にすること。客席の数を考えると、2階建てにしてもよさそうに思える。

しかし、ファミレスは客席が増えるとコスト削減は難しくなる。それに伴って駐車場の確保や調理場を広くする必要がある。また従業員を増やすなど、様々なことが出てくる。

ファミレスではこれらのすべてのバランスを考えると、1フロアにする法が、コスト削減に繋がるという。建築費だけを考えても、かなりのコスト削減になっている。

ファミレスのサイゼリヤの場合などは、野菜の自社栽培などでコスト削減すること、などが知られている。
また、使い捨ての割り箸を止め、普通の箸を使うところが増えている。

ファミレスのコスト削減に繋がる雇用形態として、パート勤務者を多く取り入れ、学生など若い世代が減少気味である。ファミレスで長期に雇用することでもコスト削減に繋がっているとの見方もある。

電気代のコスト削減

見えないところで、大きく変動する電気料金。
そのコスト削減は重要です。使わない部屋はこまめに電気を消すなど日常の習慣も大切ですが、基本設定の見直しをすることで電気料金は大きくコスト削減が期待できます。

そのコスト削減方法は、最大電力値を下げることで、年間基本料金が変わります。一年間で最も電気の使用量が多い月に何に使っているのかを分析すること。そしてその月の使用量を抑えることが、電気代のコスト削減には大切な事です。

コスト削減に取り組む研究所があることをご存知ですか?
コストの健全化を目指していろいろ提案をしてくれる研究所です。
こうしたコスト削減に関するコンサルティングを行っている研究所も全国に数多くあり、電気代のコスト削減に限らず電話などの通信や、水道などの日常的に出る経費のチェックから、生産から販売までの経理や流通に関することまで、研究所では各企業にあったコスト削減を分析した上で、提案してくれます。

また研究所では様々な経験から、冷房の効きすぎで、女子社員のカーディガンやひざ掛けを使うようなムダをなくす事。当たり前のようですが身近な問題から意識しなければいけないということを研究所では提案しています。

研究所に頼るだけでなく、コスト削減の意識を社内に浸透させること、現場がコスト削減にチームとして取り組む姿勢も大切な事です。



★電気代を少しでも節約したい方はコチラ★

物流コストの削減

物流コスト削減として、コンビニの事例を挙げるならば、当初コンビニの物流コスト削減として、一日の発注の回数を増やす事が、在庫ロスをなくすこと、欠品を無くすことに繋がっていた。
そのため地域ごとにセンターがあり、センターを中心とした小さな配送エリアを配送車が持つことで物流のコスト削減を導いた。

しかし現時点で、配送センターのエリアを拡大すると、車両一台当たりの配送効率が上昇し、車両台数の削減と従業員の重複の解消につながり、さらに物流のコスト削減が大きく実現した。

物流コスト削減には分析が不可欠である。一店舗当たりの荷降ろしの時間と全配達時間。
集配ルートの把握し見直すことも物流のコスト削減には重要である。

既存のルートに比べ導き出したルートのシミュレーションを正確に行うことが物流コスト削減の成功に繋がる。また常にコスト削減方法を模索し、新しい提案を受け入れる姿勢も必要だ。
今ではいろいろな物流コスト削減のためのアイデアがインターネットで検索できる。そういうものを参考にするのも良いのではないだろうか。
P R