中国のコスプレ

June 07 [Thu], 2012, 23:22
 日本やアメリカで、とっても流行っていたコスプレは中国に伝わってきたのが比較的に遅くて、台湾の確かな証拠がある第1度のコスプレは1995年8月27日にで、場所は高雄のSAGAWORLD1階に位置して、しかしその時の規模をかぐによって大きくありませんて、しかも人物も多くコンピュータゲームゲームの中の人物を主とします。この後の1996年の10月13日、台北熊赤ちゃん飲食店は“スーパーダイダイチーム”から催して1度の秋集まって、会前で広く宣伝しますが、知っている人はたくさんで、しかし規模は依然として偏っていて小さいです。このような情況ずっと継続に沿って1997年まで2月中旬、続けざまに3場のイベントを催して、コスプレの人数はやっと多くなってきたことを始めて、しかももそれから台湾コスプレ界の特色を形成しました。これでの(以)後で台湾コスプレの回数は毎年増加する成り行きがあることを始めて、催しの場所も北部〜中南部の発展した現象の出現があって、台湾 コスプレイベントのは程度に広く行き渡って、ここから1クラスを見抜くことができます。香港はコスプレの時間がまた台湾より早いようなことが現れて、言うところによれば最初1993年に香港は自分のコスプレがあります。その時の香港はまだ人の志とすぐ会を売ることは何もなくて、普通は人の社会団体とすべてその時の香港の毎年全て催す芸術祭の場所を通じて(通って)展覧と販売を行うので、あの1年(すぐ1993年)ひとつで“4百尺”のといってと人が《銀河の英雄の伝説》中同盟軍の制服を着て会場で現れることを組織することがで、彼らのこの人は香港の最初コスプレになるのについて。来年の同一の会場の内で彼らはまた同様に同盟軍を演じて、でも今度彼らはまたその他に1組の名を持ちました “UVRZ”のは人の社会団体と一緒にロールプレイを始めました。あれらの“UVRZ”の女性の成員は日本式巫のレディースファッションを着て、巫の女性の棒で出席する見学の人のために幸福を祈ります。95年のの“4百尺”は「機動警察パトレーバー」の役を演じて、“UVRZ”は当時にいくつかのれっきとした名前があるACG役を演じることを始めて、たとえば《馬の1/2を乱す》の中の右京或いは《私の女神》の中の貝露の丹迪。96年から“4百尺”の社会団体は引退をもういかなるをしないコスプレ始めて、残りのはしかし同時にと人の社会団体は続々とアパレルを始めて装うことを始めて、香港コスプレ をさせます界の人数はずっと身分の高い人と交際してずっと行きます。この後で間もなくて、香港の第一個が人の志とすぐ売ってできて“UVRZ”、“ComicBabies”と“火の犬の仕事場”から共同で(しかし唯一の一回です、その後の香港が二度とこの種類がなくて出演する)を創立して、もちろんその間またコスプレある香港の影響力を拡大しました。

http://cosplaylover.blog.wox.cc/entry2.html

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:RURU
読者になる
2012年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cosplayfans/index1_0.rdf