フェルメール「天文学者」

May 15 [Fri], 2015, 23:09

日本の綿入れのようなガウンに身を包んだ人物が、光の差し込む窓辺の机で天球儀に手をかざして描かれた星座に見入っています。

机の上には天文学の道具や本が並べられていて、奥の家具にも何やら観測道具のようなものが飾られています。全体を見渡すと人物の服の色と合わせたような色の額が部屋の奥に飾ってあり、そこに描かれている絵は何かを主張しているようにも感じます。

この作品は17世紀、オランダで活躍したヨハネス・フェルメールが描いた作品「天文学者」。フランスのルーヴル美術館に所蔵されているフェルメールの2つの作品のうちの一つです。
描かれたのは1668年ごろ。大航海時代が終わる頃です。
この時代のオランダは風車を動力とした製材加工を背景とした造船業の発達と海運、貿易によって経済大国に成長し黄金時代を迎えていました。
多くの冒険家が大海原へ旅立ち、南半球の夜空にはそれまでに知られていなかった星がたくさん見つけられ、星座が乱立していたころでもあり、天文学は知恵と知識の象徴でした。

この絵の描かれた前後の天文学史を見てみると
1543年に地動説が発表され、
1609年にガリレオが望遠鏡で夜空の観測を始めて行い、
1619年にはケプラーが惑星の運動の法則を発見しています。
1656年にはフェルメールと同じオランダのホイヘンスが土星の輪を発見しています。
1665年にはニュートンが万有引力を発見しました。
1667年にはフランス国王ルイ14世によりパリに天文台が建てられました。
天文学が大きく発展しつつあるこの時代に、絵の中の天文学者は天球儀をみて、何を思っているのでしょう。

ソフトなラインで描かれたこの絵の中に存在するものは、かなり具体的に特定されています。
たとえば、天球儀はアムステルダムの地図製作業者ヨドクス・ホンディウスが製作したものです。描かれている星座絵までホンディウスが制作したものが忠実に再現されているといわれています。天球儀の手前におかれているのはアストロラーベという太陽や月、惑星などの位置を測量するための天体観測儀です。



アストロラーベとはギリシャ語で「星つかみ」の意味を持ちます。
天文学者のほか、道の案内人、占い師などが古代から中世にかけて使用していました。
大航海時代にはアストロラーベが船の上で使われていましたが、揺れる船の上で星の位置から自分の位置を特定するのは難しく、海洋で使うものは方向視準器などが付いたまた別の形のものです。

机の上の本に至っては研究者ウェリュ(J. A. Welu)によってアドリアン・メティウスの「星の研究と観察」であることが指摘され、開いたページまでもが解析されています。

奥の家具にかかっている時計のようなものは星座の早見表でしょうか。


窓から日がさしていることから時間はまだ昼間。影の長さを見ると日は低い位置にある明け方か夕方か。研究に没頭して時間が過ぎてしまったように感じられます。

フェルメールの絵の特徴は鮮やかなブルーです。
代表作ともいえる「真珠の耳飾りの少女」(1665年-1666年頃 マウリッツハイス美術館)にみられるような鮮やかな青は高価なラピスラズリを原料とするウルトラマリンをふんだんに使って絵描き出されている色です。フェルメールブルーと言われます。
非常に高価なものだったのですが、裕福な妻の母のもとで創作活動を行っていたフェルメールだから使えた色でした。

描かれている学者の服や机に敷かれている布の模様、天球儀の足、後ろに描かれている絵の枠などに使われているブルーはややくすんでいますが、目を引かれます。

この作品は第二次世界大戦時にはユダヤ系のフランス人が所有していたのですが、ナチス・ドイツのフランス侵攻のとき、一時ヒトラーの手に渡りました。作品の裏にはナチスの所有物であることを示す小さな鍵十字が刻印されているそうです。
若いころ画家を目指していたヒトラーは、フェルメールの写実的な絵画に魅了されていたそうです。
ドイツが空爆されるときにはオーストリアの岩塩高山にこの絵を隠すほどだったそうです。
しかしヒトラーは気づいていたのでしょうか。部屋の奥に飾られている絵の内容に。
青い額に飾られている絵は「モーセの発見」。旧約聖書の出エジプト記に記されているシーンです。
エジプト王のヘブライ人(ユダヤ人)迫害をさけるため、ヘブライ人の子として生まれたモーセをかごに入れてナイルに流し、そのかごをファラオの女が見つけたというシーン。
この絵はフェルメールの他の作品(「手紙を書く女と召使」)にも出てきます。
ヒトラーが大切にした絵に、このような絵が描かれていたとは皮肉です。

このフェルメールの「天文学者」は、いまパリのルーブル美術館から初来日しています。。

南岸低気圧

January 29 [Thu], 2015, 23:52
全国的に雪が降る予想が出ています。九州北部に低気圧が発生し、この低気圧が発達しながら日本の南岸を通過するためです。これを南岸低気圧といいます。


【気象庁 1月30日午前9時の予想天気図】

南岸低気圧は冬の終わりから春にかけて関東や日本の太平洋側に雪を降らせることが多くあります。この南岸低気圧はちょっとしたコースの差で大きく日本付近の天気が変わります。気象予報士泣かせという人もいるほどです、



○に低と書いてあるのは低気圧の中心。東側に半円型がついたラインが温暖前線。西側に△マークがついているのが寒冷前線です。いわゆる前線を伴った低気圧です。
矢印が風の動きです。温暖前線の東側はおよそ東風。寒冷前線の西側はおよそ北風。温暖前線と寒冷前線の間はおよそ南風が吹きます。温暖前線と寒冷前線の間を暖域といいます。

南岸低気圧のコースは日本の南岸を進みます。
日本の陸地に近いところを進めば、南からの暖かい風の影響で天気は雨になります。
日本の陸地から少し離れて進めば、寒冷前線に向かう北風の影響で雪になります。
日本の陸地から離れて進めば、降水の可能性は低くなります。

日本の太平洋側に雪が降れば首都圏の交通網や東海道新幹線など交通機関に大きな影響が出るなど、日常生活への大きな影響が考えられますので、雨なのか雪なのかの判断が非常に微妙で予報も各社ばらばらだったりすることもあるほどです。

今回の南岸低気圧は日本から少し離れて八丈島あたりを進みます。これは雪が降るコースです。上空には強い寒気が入ってきているため予報はそろって関東を含む広い範囲で雪となっています。

南岸低気圧は冬の終わりによく現れる低気圧です。低気圧はやがて日本海側を通るようになり低気圧が通ると日本が暖域に入るようになります
南岸低気圧が現れると春が近いことを感じます。春までもう少し、気を引き締めて冬を乗り切りましょう。

台風1号

January 19 [Mon], 2015, 0:51
寒気が少し和らいできました。しかし北海道はまだまだ厳しい雪と風が続いているようです。この時期は低気圧が日本海から北日本を通過し、北海道の東で急速に発達するという天気の繰り返し。十分に注意してください。


【気象庁 1月19日9時予想天気図】

さて、天気図の沖縄より南側を見ると台風が見えます。
年が明けたので台風はまた1号から数えることになります。
今年の1号の名前は「メーカラー」。意味は「雷の天使」。命名した国はタイです。

台風にはあらかじめ決められた名前があります。その名前がこちら(気象庁 台風の番号と名前)。140種類あります。
今ある台風1号は68番目の名前です。今年はここから順に名前が付けられていきます。
台風には1999年までアメリカが英語の人名をつけていましたが平成12(2000)年に台風が発生するエリアの日本を含む14か国が加盟する台風委員会で各国が固有の名前を付けることに決めました。140番のサオラーまで行くと次は1番のダムレイに戻ります。
ただし、あまりに被害が大きかった台風は名前がその後使われなくなる場合もあります。

台風の名前と意味
表記 命名した国と地域 呼名 片仮名読み  意味

1 カンボジア Damrey ダムレイ 象
2 中国 Haikui ハイクイ イソギンチャク
3 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国) Kirogi キロギーがん(雁)
4 香港 Kai-tak カイタク 啓徳(旧空港名)
5 日本 Tembin テンビン てんびん座
6 ラオス Bolaven ボラヴェン 高原の名前
7 マカオ Sanba サンバ マカオの名所
8 マレーシア Jelawat ジェラワット 淡水魚の名前
9 ミクロネシア Ewiniar イーウィニャ 嵐の神
10 フィリピン Maliksi マリクシ 速い
11 韓国 Gaemi ケーミー あり(蟻)
12 タイ Prapiroon プラピルーン 雨の神
13 米国 Maria マリア 女性の名前
14 ベトナム Son-Tinh ソンティン ベトナム神話の山の神
15 カンボジア Ampil アンピル タマリンド
16 中国 Wukong ウーコン (孫)悟空
17 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国) Sonamu ソナムー 松
18 香港 Shanshan サンサン 少女の名前
19 日本 Yagi ヤギ やぎ座
20 ラオス Leepi リーピ ラオス南部の滝の名前
21 マカオ Bebinca バビンカ プリン
22 マレーシア Rumbia ルンビア サゴヤシ
23 ミクロネシア Soulik ソーリック 伝統的な部族長の称号
24 フィリピン Cimaron シマロン 野生の牛
25 韓国 Jebi チェービー つばめ(燕)
26 タイ Mangkhut マンクット マンゴスチン
27 米国 Utor ウトア スコールライン
28 ベトナム Trami チャーミー 花の名前
29 カンボジア Kong-rey コンレイ 伝説の少女の名前
30 中国 Yutu イートゥー 民話のうさぎ
31 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国) Toraji トラジー 桔梗
32 香港 Man-yi マンニィ 海峡(現在は貯水池)の名前
33 日本 Usagi ウサギ うさぎ座
34 ラオス Pabuk パブーク 淡水魚の名前
35 マカオ Wutip ウーティップ ちょう(蝶)
36 マレーシア Sepat セーパット 淡水魚の名前
37 ミクロネシア Fitow フィートウ 花の名前
38 フィリピン Danas ダナス 経験すること
39 韓国 Nari ナーリー 百合
40 タイ Wipha ウィパー 女性の名前
41 米国 Francisco フランシスコ 男性の名前
42 ベトナム Lekima レキマー 果物の名前
43 カンボジア Krosa クローサ 鶴
44 中国 Haiyan ハイエン うみつばめ
45 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国) Podul ポードル やなぎ
46 香港 Lingling レンレン 少女の名前
47 日本 Kajiki カジキ かじき座
48 ラオス Faxai ファクサイ 女性の名前
49 マカオ Peipah ペイパー 魚の名前
50 マレーシア Tapah ターファー なまず
51 ミクロネシア Mitag ミートク 女性の名前
52 フィリピン Hagibis ハギビス すばやい
53 韓国 Neoguri ノグリー たぬき
54 タイ Rammasun ラマスーン 雷神
55 米国 Matmo マットゥモ 大雨
56 ベトナム Halong ハーロン 湾の名前
57 カンボジア Nakri ナクリー 花の名前
58 中国 Fengshen フンシェン 風神
59 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国) Kalmaegi カルマエギ かもめ
60 香港 Fung-wong フォンウォン 山の名前(フェニックス)
61 日本 Kammuri カンムリ かんむり座
62 ラオス Phanfone ファンフォン 動物
63 マカオ Vongfong ヴォンフォン すずめ蜂
64 マレーシア Nuri ヌーリ オウム
65 ミクロネシア Sinlaku シンラコウ 伝説上の女神
66 フィリピン Hagupit ハグピート むち打つこと
67 韓国 Jangmi チャンミー ばら
68 タイ Mekkhala メーカラー 雷の天使
69 米国 Higos ヒーゴス いちじく
70 ベトナム Bavi バービー ベトナム北部の山の名前
71 カンボジア Maysak メイサーク 木の名前
72 中国 Haishen ハイシェン 海神
73 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国) Noul ノウル 夕焼け
74 香港 Dolphin ドルフィン 白いるか。香港を代表する動物の一つ。
75 日本 Kujira クジラ くじら座
76 ラオス Chan-hom チャンホン 木の名前
77 マカオ Linfa リンファ はす(蓮)
78 マレーシア Nangka ナンカー 果物の名前
79 ミクロネシア Soudelor ソウデロア 伝説上の首長名
80 フィリピン Molave モラヴェ 木の名前
81 韓国 Goni コーニー 白鳥
82 タイ Atsani アッサニー 雷
83 米国 Etau アータウ 嵐雲
84 ベトナム Vamco ヴァムコー ベトナム南部の川の名前
85 カンボジア Krovanh クロヴァン 木の名前
86 中国 Dujuan ドゥージェン つつじ
87 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国) Mujigae ムジゲ 虹
88 香港 Choi-wan チョーイワン 彩雲
89 日本 Koppu コップ コップ座
90 ラオス Champi チャンパー 赤いジャスミン
91 マカオ In-fa インファ 花火
92 マレーシア Melor メーロー ジャスミン
93 ミクロネシア Nepartak ニパルタック 有名な戦士の名前
94 フィリピン Lupit ルピート  冷酷な
95 韓国 Mirinae ミリネ 天の川
96 タイ Nida ニーダ 女性の名前
97 米国 Omais オーマイス 徘徊
98 ベトナム Conson コンソン 歴史的な観光地の名前
99 カンボジア Chanthu チャンスー 花の名前
100 中国 Dianmu ディアンムー 雷の母
101 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国) Mindulle ミンドゥル たんぽぽ
102 香港 Lionrock ライオンロック 山の名前
103 日本 Kompasu コンパス コンパス座
104 ラオス Namtheun ナムセーウン 川の名前
105 マカオ Malou マーロウ めのう(瑪瑙)
106 マレーシア Meranti ムーランティ 木の名前
107 ミクロネシア Rai ライ ヤップ島の石の貨幣
108 フィリピン Malakas マラカス 強い
109 韓国 Megi メーギー なまず
110 タイ Chaba チャバ ハイビスカス
111 米国 Aere アイレー 嵐
112 ベトナム Songda ソングダー 北西ベトナムにある川の名前
113 カンボジア Sarika サリカー さえずる鳥
114 中国 Haima ハイマー タツノオトシゴ
115 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国) Meari メアリー やまびこ
116 香港 Ma-on マーゴン 山の名前(馬の鞍)
117 日本 Tokage トカゲ とかげ座
118 ラオス Nock-ten ノックテン 鳥
119 マカオ Muifa ムイファー 梅の花
120 マレーシア Merbok マールボック 鳥の名前
121 ミクロネシア Nanmadol ナンマドル 有名な遺跡の名前
122 フィリピン Talas タラス 鋭さ
123 韓国 Noru ノルー のろじか(鹿)
124 タイ Kulap クラー ばら
125 米国 Roke ロウキー 男性の名前
126 ベトナム Sonca ソンカー さえずる鳥
127 カンボジア Nesat ネサット 漁師
128 中国 Haitang ハイタン 海棠
129 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国) Nalgae ナルガエ つばさ
130 香港 Banyan バンヤン 木の名前
131 日本 Hato ハト はと座
132 ラオス Pakhar パカー 淡水魚の名前
133 マカオ Sanvu サンヴー さんご(珊瑚)
134 マレーシア Mawar マーワー ばら
135 ミクロネシア Guchol グチョル うこん
136 フィリピン Talim タリム 鋭い刃先
137 韓国 Doksuri トクスリ わし(鷲)
138 タイ Khanun カーヌン 果物の名前、パラミツ
139 米国 Vicente ヴェセンティ 男性の名前
140 ベトナム Saola サオラー ベトナムレイヨウ
気象庁|台風の番号と名前

さらに「台風」は発生する場所で名前が変わります。
赤道より北で東経180度より西側の太平洋北西部、東シナ海で発生したら「タイフーン」(typhoon)日本では台風と呼びます。.
名前はギリシャ神話に登場する怪物「デュポン」から来ています。

赤道より北で東経180度より東、大西洋北部、太平洋北東部、太平洋中部でで発生したらハリケーン。
名前の由来はカリブ海の暴風の神の名前 ウラカーン(huracan)から来ています。

インド洋北部、インド洋南部、太平洋南部で発生したらサイクロン。
ギリシャ語のkiklon(circle)から来ています



雑ですがこんな感じに発生する場所で名前が決まります。
ハリケーンがもし東経180度線(縦の黒線)を超えるとタイフーンとなりますが名前は発生した地域でつけられたものを引き継ぎます。台風の名前一覧にはない台風名が現れることになります。

2014年の台風13号は東経180度線を越えて西へ進んできました。名前はアメリカ気象局がつけた「ジェヌヴィーヴ」のまま台風13号となりました。

さて、台風1号は週明けには熱帯低気圧に変わる予想ですが、熱帯低気圧は暖かく湿った空気を日本付近に送り込みます。この暖かく湿った空気がどう影響してくるかが今週の天気のカギとなりそうです。

1月17日 気圧の谷の影響で日本海側と北日本で雪

January 17 [Sat], 2015, 1:19
1月17日 気圧の谷の影響で日本海側と北日本で雪

1月17日と18日は大学入試センター試験です。
気になる天気はというと17日は



日本海側に雪だるま。北日本の日本海側では吹雪で傾いています。
18日は



北日本の日本海側の雪マークが普通の雪だるまになりました。

雨や雪が降るときに「気圧の谷の影響で」という言い方をします。
よく使われる言葉なので「気圧の谷」=雨や雪というイメージを持っている方は多いと思います。では、この気圧の谷とはいったい何なのか、説明したいと思います。

16日21日の気圧配置を例にとります。



日本海に低気圧があって北日本へ向かって進んでいます。この低気圧が通過するときに日本付近は「気圧の谷」の位置にあり、17日は日本海側、特に北日本を中心に雪が降ります。

「気圧の谷」とは言い換えると低気圧から高気圧側へ等圧線が張り出しているところです。

高気圧と低気圧は基本的に交互に並んでいて山と谷のような関係になっています。もし地球がコマのように垂直な軸を中心に回っているのならば等圧線は東西にまっすぐなのですが地球の地軸はおよそ23.3度傾いています、この影響で赤道に平行にまっすぐ引かれるはずの等圧線が波打つように変動します。低気圧側から高気圧側に等圧線が張り出している場合を「気圧の谷」といいます。この場合張り出しの部分は付近の場所に比べて気圧が低いということになり、風が集まりやすくなります。集まった風はぶつかって行き場を失い、上昇気流を起こして上空に空気を運び、雲ができます。そして雨や雪が降ります。
逆に高気圧側から低気圧側に等圧線が張り出している部分を気圧の尾根といいます
気圧の尾根は付近の場所に比べて気圧が高いため風は外に吹き出し、空気が少なくなる分、上空から空気が下りてきて下降気流の場となります。上空の空気が下りてくると空気は暖められ含むことができる水分量が多くなるため、湿度が下がり雲は消え、からっとした気候になります。



上層の状態なども含めてもっと複雑な仕組みはあるのですがこの気圧の谷と尾根の理屈を知っていると地上天気図から天気の変化傾向が想像できます。
ではもう一度16日21時の天気図です。



日本海にある低気圧は北日本を通過しようとしています。低気圧の西側は高気圧側に張り出しています。ここが気圧の谷です。気圧の谷がこれから日本を通過しようとしています。
そして17日9時の予想天気図を見てみると



低気圧の中心は三陸沖へ抜けて日本付近は西高東低の冬型の気圧配置です。等圧線の間隔は狭く、強い冬型です。低気圧から延びる三角マークの付いた寒冷前線を見ると、気圧が低い部分が張り出したところをつないであります。気圧の谷にそって前線が形成されています。
谷は太平洋側へ抜けつつあります。そして西から高気圧が張り出してきています。
高気圧側から気圧の高い部分が張り出しているところが気圧の尾根です。気圧の尾根が来れば天気は回復します。
では18日9時にどうなっているかというと




低気圧は日本の東で急速に発達、北海道には影響が残りそうですが関東から西側には高気圧が張り出してきているのがわかります。気圧の尾根の中に位置しています。

寒気はというと、今回は長くなるので省きますが北日本上空に雪の目安となる-30℃以下の寒気が下りてきています。
17日には気圧の谷が通過し、西高東低の気圧配置となり、日本海側と北日本を中心
に雪。等圧線が混んでいるため強い風が吹き、吹雪になるところもあるでしょう。
18日には低気圧は東に抜け、西から高気圧が張り出し、日本付近は気圧の尾根となるため天気は回復してくる予想です。

今年のセンター試験は雪による交通機関の乱れが心配される地域が多くありそうです。

特異日

January 09 [Fri], 2015, 23:15
1月17、18日は大学入試センター試験です。
センター試験の日は雪が降るという印象がありませんか?毎年ニュースで雪の景色や交通機関の遅れによる試験時間の変更などが話題になっているような記憶があります。

2014年のセンター試験は1月18日と19日。この日の天気図を見てみましょう。
【気象庁 日々の天気図】

確かに多くのエリアで雪が降っていました。
2013年のセンター試験の日(1月19日、20日)は

冬型の気圧配置で北日本の日本海側や北陸で雪が降っていたようです。

ちょっと考えてみてください。センター試験の日は小寒の後の1年で最も寒い時期です。この時期は西高東低の気圧配置が多く、北日本の日本海側や北陸などでは雪が降るのは珍しくありません。この時期に多い天気なのですが、特に交通などのトラブルのあった地域がニュースで取り上げられるので雪の特異日のような印象が残ってしまうのではないかと思います。

特異日として有名なのは11月3日文化の日です。この日は晴れの特異日です。
2014年11月3日の天気図はというと
北日本を中心に強い低気圧がピークを迎え、荒れ模様の天気でした。

晴れの特異日として有名な11月3日文化の日ですが、確かにこの日の天気予報では晴れた地域が取り上げられることが多かったように感じます。しかし、過去の天気図を見るとこの日は冬型の気圧配置になることが多く、意外とすっきりと晴れ渡る日が少ないのが現実です。全国的に晴れとなったのは近いところで2006年でした。

一括りに日本と言っても北海道と沖縄ではまるで気候が違います。また脊梁山脈を挟んで日本海側と太平洋側でも天気は大きく変わります。高い山が多い長野県では同じ県内でも天気は地域によって違います。
むしろ全国一律に同じ天気というのは珍しいことです。住む場所によって特異日は変わってくるものだと思うのですが、テレビやラジオではその日の最もそれらしい話題を流す場合が多いので、受け取る側にそのような印象を与えてしまっているように感じます。
代表的な天気を取り上げるのはいいのですが、地域によってはその天気のエリアから外れる場合が多くなるところもあり、このような場所を忘れてしまってはいけないと思っています。
2015年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像おーちゃん
» 1月17日 気圧の谷の影響で日本海側と北日本で雪 (2015年01月17日)
アイコン画像miura_shinichi
» 1月6日(火)小寒 再び大荒れの天気に (2015年01月08日)
アイコン画像おーちゃん
» 1月6日(火)小寒 再び大荒れの天気に (2015年01月07日)
アイコン画像miura_shinichi
» 1月1日(木)大荒れの元旦 (2015年01月03日)
アイコン画像おーちゃん
» 1月1日(木)大荒れの元旦 (2015年01月01日)
アイコン画像グノーシス
» 重なる星々 (2012年09月07日)
アイコン画像おーちゃん
» 重なる星々 (2012年06月05日)
アイコン画像botany
» 重なる星々 (2012年06月03日)
アイコン画像miura_shinichi
» 金環日食 (2012年05月19日)
アイコン画像おーちゃん
» 金環日食 (2012年05月17日)
最新トラックバック
アイコン画像復興願い大わらじを奉納 (2012年02月12日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:miura_shinichi
  • アイコン画像 誕生日:10月2日
  • アイコン画像 現住所:
  • アイコン画像 職業:
読者になる
気象予報士 星空案内人(R)、AEAJ認定アロマテラピーインストラクター。
宇宙と地球、植物、人の関係をサイエンスコミュニケーターとして科学的に、やさしく伝えます。
ご意見・ご感想、地域の天気解説 星空案内、コラムの執筆等のご依頼お待ちしております。


Copyright (C) 2011 miura_shinichi All Rights Reserved