頭皮と食生活の関係

April 03 [Thu], 2014, 16:48

頭皮と食生活。

関係あるの?関係ないんじゃない?

私もそう思っていました

しかし食生活の乱れは頭皮トラブルに関係しているそうです!


バランスの良い食事をして、血液中から栄養素は頭皮に運ばれ、健康状態を保っています。

なので食生活の乱れや偏っていると、栄養素が頭皮に十分運ばれず、頭皮の状態は悪化するということです。


だからといって栄養の摂りすぎもよくないそうです。

簡単に言えば食べ過ぎです。

糖分や脂肪分を多く取ると、毛穴から分泌する皮脂の量が増えて、べたつき・毛穴のつまりの原因にもなるそうです。


シャンプー・洗い方を見直すだけじゃなくて、食生活を正すことも頭皮環境には大切なことなんです!!


×頭皮によくない食生活×
・脂っこいもの、揚げ物、お菓子やケーキなど甘いもの、辛いもの、アルコールをよく食べる
・ほとんど外食やコンビニの食事
・食事の時間が毎日バラバラ
・野菜をあまり食べない


○頭皮に良い食生活○
・3食毎日同じ時間に食べる
・野菜をよく食べる
・バランスの良い食事である


頭皮に良くない食生活をしているかも・・・(><)

頭皮の免疫力低下や過剰な皮脂の分泌を招いて、頭皮トラブルになっているのかもしれないですね。


健康に過ごすために「1日3食バランスのよい食事をすること」は大切ですが、野菜や果物を食べることは、頭皮のためにも大切なことだったのです☆

ビタミンやミネラルは頭皮にとても良いそうです。


規則食生活で、からだの中から健やかな頭皮環境にしましょう(U・x・U)

正しいシャンプーの仕方

April 02 [Wed], 2014, 15:32
シャンプーの仕方について(^^)

髪をブラッシングする
(髪のからみをなくし、頭皮の血行を良くする)



シャンプーをつける前に充分髪を水に濡らす
(濡らすというより流すようにしっかり流すことによって髪の汚れが落ちる)



シャンプーを手で泡立てて頭皮をマッサージするように洗う
(爪をたてずに指の腹で洗っていきます。髪をごしごし洗うのではなく、頭皮をマッサージするように)



しっかりすすぎをする
(シャンプーをつけてしっかり洗っているだけで満足している人は多いのではないのでしょうか?シャンプーをしたときのようにすすぎも丁寧にしっかりやってあげてください)



リンスやトリートメントは頭皮にはつけない
(耳から下の髪の毛につける程度、洗い流しはシャンプー同様しっかりと)



お風呂から出たら、髪の水気を取るようにタオルドライし、すぐにドライヤーで乾かす
(濡れたままの状態では頭皮にも髪にもよくありません。頭皮から乾かすようにする)



このような順序でシャンプーをしていけば良いでしょう。

濡らすのに3分・洗うのに2分・すすぎに3分というのが良い目安みたいなので真似してみてください♪


トリートメントは3日に1回くらいで良いとされてきましたが、パーマやカラーリングを頻繁に行う人が増えてきたので、ダメージヘアが気になる方は毎日トリートメントをすることがオススメだそうです♪

普段の自己流のシャンプーの仕方とはもしかしたらさっぱり感や爽快遺が違うかもしれませんよ

薄毛さんと抜け毛さん

March 31 [Mon], 2014, 14:48

薄毛や抜け毛が気になるからシャンプーは…
という方もいるかもしれませんがそれは誤解です!


薄毛や抜け毛の原因は、汚れや油脂などが毛穴に詰まり、余計な皮脂と汚れがしっかりと洗い流されていないことだそうです。

ゴシゴシと爪をたてて洗ってしまうような洗い方は、頭皮を傷つける原因ともなるのでもちろんNGです。

優しくマッサージするように洗い、同じくらいの時間をかけてしっかり洗い流すことが大切です。

頭皮をしっかり洗って汚れを落とせていないと、さらに薄毛や抜け毛を促進させてしまうかもしれません。


薄毛や抜け毛で悩んでいる方にオススメしたいのがアミノ酸シャンプーです。

アミノ酸シャンプーは洗浄剤がアミノ酸の成分で出来ていて、シャンプーの種類の中でも洗浄力が最も優しく、頭皮ケアや敏感肌の人に向いています。


薄毛さんや抜け毛さんは、ドラックストアなどでよく見かけるシャンプーを普段お使いではないですか?

ドラックストアなどで市販されているものの多くが高級アルコール系シャンプーといわれるものです。

高級アルコール系シャンプーは、とても洗浄力が強いので、頭皮の炎症やかゆみ、フケを引き起こしやすいです。

洗浄成分にラウレス硫酸ナトリウムやラウリル硫酸ナトリウムを使用しています。

この洗浄成分が、肌が弱い人や、薄毛さん・抜け毛さんには、刺激が強すぎてしまうので向いていないそうです。


頭皮トラブルをかかえている人は、シャンプーが原因だったということもあるそうです。

普段使っているシャンプーを見直して、シャンプーの仕方を変えてみるだけでも薄毛・抜け毛は改善されるかもしれませんよ。

自分に合ったアミノ酸シャンプーが見つかるといいですね(^^)

髪を洗った後は、濡らしたままにせずにしっかり根元から乾かしましょう。

濡れたままでは髪が傷む原因となり、頭皮にもよくありません。

次はシャンプーの正しいやり方について紹介します♪

アミノ酸って?

March 25 [Tue], 2014, 19:17

今日はアミノ酸シャンプーについて書きます♪

アミノ酸シャンプーとは、洗浄力が最も優しいシャンプーで、界面活性剤がアミノ酸の成分で出来ています。

フケやかゆみで悩んでいる人・肌が弱い人・荒れやすい人・敏感肌の人・アトピーにオススメなのはもちろん、赤ちゃんでも使用できるそうです!!

赤ちゃんも使えるということがびっくりでした!


なんでアミノ酸シャンプーがいいのでしょうか??

それは、私たちのからだを作っているたんぱく質の元がアミノ酸だからです。

たんぱく質は、アミノ酸が連なって出来ています。

私たちのからだは大部分がアミノ酸で出来ているのです。

もちろん皮膚も髪も同じです。

だから同じアミノ酸の成分で洗ってあげることで、からだに優しいそうです



アミノ酸シャンプーは、洗浄力が他のシャンプーと比べると低刺激でとても優しいことが特徴です。

頭皮の汚れはしっかりと洗い流してくれますが、必要な分の皮脂はちゃんと残しておいてくれるのです。

それだけじゃなく、アミノ酸は髪のダメージに浸透補修してくれる作用もあるそうです\(^o^)/


美容室でもアミノ酸シャンプーを使っているところはすごく多くなってきているみたいです!


アミノ酸シャンプーを調べていて、特にこれといったデメリットが目に入らないのです!!

気になる点をあげるとしたら、ドラックストアで売っているシャンプーよりは値段が高いこと・洗浄力が優しいからしっかり洗ってあげらきゃいけないってことかな

からだに良くないというような点は見つからなかったです!

値段が高いといっても、それだけいい成分を使ってくれてるんだし、自分の頭皮のためだと思うとそんなに気になりません(^^)

シャンプーは毎日使うものだし、食や化粧品にこだわるのと同じようにシャンプーにもこだわってあげたいですよね

*シャンプー*

March 18 [Tue], 2014, 17:29
実際に使ったコスメや美容用品などをたくさん紹介していきます

最近シャンプーを変えたので、今日はシャンプーについて(^o^)/


どのシャンプーを使ってもずっとしっくり来ない。

洗いあがりはいいのに、しばらくすると頭がかゆくなったり痛みが出たり・・・

毎日しっかり洗っているのにどうしてだろう!

調べてみるとシャンプーが原因ということを知りました(;;)

いままで使っていたシャンプーが合わなかったんですね。

ドラックストアで売っている大手企業のシャンプーを使っていました。

なぜかって有名人がCMで宣伝しているし、なにより安い。

しかしいろいろ調べてみると、成分があまり良くないことがわかりました><


大量生産・低価格で売られているシャンプーは(一概に全てがそうとは言えませんが)

洗浄成分としてラウリル硫酸Naラウリル硫酸カリウムなどという界面活性剤を使用しています。

この成分はとても洗浄力が強く、必要な分の皮脂を取り除いてしまうだけでなく、肌が弱い人は荒れてしまうこともあるそうです。

『シャンプーは髪が綺麗になる』

というようなイメージのCMが多いと思いませんか?

しかし、シャンプーは頭皮をマッサージするという意味です。

頭皮が荒れているのに、髪は綺麗

なんてことはありませんよね

頭皮環境を整えて、綺麗な髪がはえてくるように頭皮環境を整えましょう!!


頭皮トラブルを解決して、髪も綺麗になれば一石二鳥ですよね♪


ということでアミノ酸シャンプーを使い始めました

次はアミノ酸シャンプーについて報告します☆
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:りん
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:東京都
読者になる
2014年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cosmelooove/index1_0.rdf