メタボリックシンドロームが胃がんのリスクを高める!! 

November 19 [Sun], 2006, 15:10
内臓の周りに脂肪がたまる内臓脂肪症候群(メタボリック・シンドローム)に陥ると、動脈硬化や糖尿病だけでなく、胃がんのリスクも高まることが、東大腫瘍(しゅよう)外科の北山丈二講師らの研究でわかった。

 肥満解消が、がんの予防や再発防止にもつながる可能性を示す成果と言えそう。今月下旬に横浜市で開かれる日本癌(がん)学会で報告する。

 北山講師らの研究チームは、脂肪細胞から分泌される「アディポネクチン」というホルモンに着目した。脂肪の燃焼を助ける働きなどをするが、内臓脂肪症候群になると、分泌量が減り、血液中の濃度が下がる。

 チームが突き止めたのは、アディポネクチンに強力な抗がん作用があること。ヒトの胃がん細胞を移植したマウスにこのホルモンを投与すると、腫瘍が最大で9割も減少した。



そんなメタボリスとに最適な医薬品が開発されました!!!!



ハイパーレシチン製剤の医薬品『ノチラック』-----
飲み過ぎ 二日酔い 気だるい 酒量が減った アルコール性肝炎 脂肪肝 痔
もう若くないから、 要注意!メタボリック症候群
⇒ ハイパーレシチンで 肝臓機能を強化!
アルコール分解は通常12時間。「ノチラック」を飲むと4時間!
■ アルコール解毒を早め「アセトアルデヒド」を無くすことで、二日酔い・気だるさをとります。
■ 肝臓細胞を直接修復・維持することで、お酒の飲みすぎで起こった肝炎や脂肪肝を治療します。
■ 肝臓強化によって門脈(血管)を正常にすることで、門脈変形・裂傷で起こる痔を治します。
-----ハイパーレシチン製剤の医薬品『ノチラック』


購入に躊躇している時間は無いですね!!

メタボリックシンドロームが胃がんのリスクを高める!! 

November 19 [Sun], 2006, 15:10
内臓の周りに脂肪がたまる内臓脂肪症候群(メタボリック・シンドローム)に陥ると、動脈硬化や糖尿病だけでなく、胃がんのリスクも高まることが、東大腫瘍(しゅよう)外科の北山丈二講師らの研究でわかった。

 肥満解消が、がんの予防や再発防止にもつながる可能性を示す成果と言えそう。今月下旬に横浜市で開かれる日本癌(がん)学会で報告する。

 北山講師らの研究チームは、脂肪細胞から分泌される「アディポネクチン」というホルモンに着目した。脂肪の燃焼を助ける働きなどをするが、内臓脂肪症候群になると、分泌量が減り、血液中の濃度が下がる。

 チームが突き止めたのは、アディポネクチンに強力な抗がん作用があること。ヒトの胃がん細胞を移植したマウスにこのホルモンを投与すると、腫瘍が最大で9割も減少した。



そんなメタボリスとに最適な医薬品が開発されました!!!!



ハイパーレシチン製剤の医薬品『ノチラック』-----
飲み過ぎ 二日酔い 気だるい 酒量が減った アルコール性肝炎 脂肪肝 痔
もう若くないから、 要注意!メタボリック症候群
⇒ ハイパーレシチンで 肝臓機能を強化!
アルコール分解は通常12時間。「ノチラック」を飲むと4時間!
■ アルコール解毒を早め「アセトアルデヒド」を無くすことで、二日酔い・気だるさをとります。
■ 肝臓細胞を直接修復・維持することで、お酒の飲みすぎで起こった肝炎や脂肪肝を治療します。
■ 肝臓強化によって門脈(血管)を正常にすることで、門脈変形・裂傷で起こる痔を治します。
-----ハイパーレシチン製剤の医薬品『ノチラック』


購入に躊躇している時間は無いですね!!

メタボリックシンドロームが胃がんのリスクを高める!! 

November 19 [Sun], 2006, 15:09
内臓の周りに脂肪がたまる内臓脂肪症候群(メタボリック・シンドローム)に陥ると、動脈硬化や糖尿病だけでなく、胃がんのリスクも高まることが、東大腫瘍(しゅよう)外科の北山丈二講師らの研究でわかった。

 肥満解消が、がんの予防や再発防止にもつながる可能性を示す成果と言えそう。今月下旬に横浜市で開かれる日本癌(がん)学会で報告する。

 北山講師らの研究チームは、脂肪細胞から分泌される「アディポネクチン」というホルモンに着目した。脂肪の燃焼を助ける働きなどをするが、内臓脂肪症候群になると、分泌量が減り、血液中の濃度が下がる。

 チームが突き止めたのは、アディポネクチンに強力な抗がん作用があること。ヒトの胃がん細胞を移植したマウスにこのホルモンを投与すると、腫瘍が最大で9割も減少した。



そんなメタボリスとに最適な医薬品が開発されました!!!!



ハイパーレシチン製剤の医薬品『ノチラック』-----
飲み過ぎ 二日酔い 気だるい 酒量が減った アルコール性肝炎 脂肪肝 痔
もう若くないから、 要注意!メタボリック症候群
⇒ ハイパーレシチンで 肝臓機能を強化!
アルコール分解は通常12時間。「ノチラック」を飲むと4時間!
■ アルコール解毒を早め「アセトアルデヒド」を無くすことで、二日酔い・気だるさをとります。
■ 肝臓細胞を直接修復・維持することで、お酒の飲みすぎで起こった肝炎や脂肪肝を治療します。
■ 肝臓強化によって門脈(血管)を正常にすることで、門脈変形・裂傷で起こる痔を治します。
-----ハイパーレシチン製剤の医薬品『ノチラック』


購入に躊躇している時間は無いですね!!

有害ミネラル 

November 04 [Sat], 2006, 9:17
有害ミネラルには、私たちの体内に侵入して蓄積され、極めて深刻な健康障害をもたらすものがあります。この有害ミネラルの毒性と疾患の関係についてはかなり明らかになっています。ここではその主なものを紹介します。
????
特に魚介類などに多く含まれるメチル水銀は、脳に取り込まれ、運動失調をはじめ視覚や聴覚などの知覚障害、ふるえといった症状を起こす原因になります。
?J?h?〜?E??
中毒症状の代表格は腎機能障害。その影響で骨からカルシウムが失われて重症の骨軟化症となり骨の変形や骨折をすることも。穀物類などに含まれます。
??
骨の中に蓄積量が多くなると血液中に溶け出し、神経の伝達機能や免疫機能、ホルモン分泌などの生理作用を妨げます。鉛管による水道水も摂取源になります。
?q?f
さらに、体内に高濃度のヒ素が蓄積すると、さまざまな慢性中毒症状が起こる心配があります。摂取源としては、魚介類、穀物類、食卓塩、殺虫剤、塗料などがあります。
?j?b?P??
米国では発ガン物質のひとつ。急性の心筋梗塞や脳卒中の際に増加する傾向もあります。ニッケル合金のアクセサリーはアレルギー性皮膚炎の原因になります。
?y???E???X
強い毒性を持ち、大気汚染や加工業の現場での事故などにより、健康被害を招く危険性があり、遺伝子の突然変異を誘発する可能性も見逃せません。
?Y?X
有機スズ化合物がカタチになると、強い毒性を発揮することがわかっています。ハンダや合金、めっき、殺虫剤や除草剤、木材処理剤などに利用されます。
?g?????`?E??
クロム酸ストロンチウムイオンは皮膚に触れると皮膚炎になる恐れがあります。ストロンチウムイオン90は放射線を放出し、骨のガンや白血病の原因になります。

楽してやせる為のデトックス 

November 03 [Fri], 2006, 17:11

現在は、至るところに様々な「有害物質」が存在しています。室内には、ダニ、ハウスダスト、化粧品やシャンプーに含まれる添加物。タバコの煙には多くの有害成分があり、自分が喫煙しなくても近くに愛煙家がいれば、受動喫煙として体内へ入ってきます。 また、ピアスや歯の詰め物はいうまでもなく、屋外では車の排気ガス、紫外線、土壌から流れ出すダイオキシンなどがあります。

現在、特に気をつけなければならないのが、水や食物に含まれる「有害ミネラル」です。 一昔前では、あまり気にせず、栄養価の高いものを摂り、またはサプリメントで補うことが健康法とされてきましたが、

現在ではいいものを摂るだけでなく、体内にある「あってはいけないもの」を排泄することが重要になってきたようです。



続く>>


アナタのきれいを応援する!ビューティサプリ「プラチナボディ」強化販売

アナタのきれいを応援する!ビューティサプリ「プラチナボディ」強化販売

有害物質 >>デトックス 

November 03 [Fri], 2006, 17:10
環境問題が取り沙汰されているなか、わたしたち共通の財産である水や空気が汚れ、同時に今まで安全と思われていたものから有害ミネラルが多く検出されるようになってきました。 厚生労働省は2003年6月、約300種、約2,600体の魚介類に関する調査結果を発表し、2004年6月には、妊婦向けの魚介類摂食の注意事項を改訂しました。その中には、キンメダイやクジラそしてマグロが含まれていました。

これらの魚には水銀が多く含まれ、妊婦や幼児は摂食を控えるよう注意しています。 また、水道に含まれる鉛も問題視されています。まだ鉛管を使用している市街地も多く、水道水に溶出している鉛が体内に蓄積することが懸念されています。
有害金属
水銀・砒素・鉛・カドミウム・スズ・ベリリウム・アルミニウム・ニッケル・
トロンチウムなど
排泄されることなく、体に蓄積されていく金属。慢性疲労、肝臓・腎臓障害、
頭痛、慢性疲労、不眠、イライラ、しびれなどを引き起こします。中毒症状が
悪化すれば、死に至ることもあります。

人工合成化合物
ホルムアルデヒド・人工有機フッ素化合物・臭素系難燃剤・人工ムスク・DDT・ポリ臭化ビフェニール類・有機塩素系殺虫剤・スズ化合物など
環境ホルモンと呼ばれるものも含まれます。合成剤や乳化剤、合成着色料などもこのグループです。ホルモンバランスを崩したり、アレルギーの原因となることもあるとされています。

レシチンの働き 

November 01 [Wed], 2006, 23:31


レシチンの働き

・ここでは、卵黄などの食品に含まれている「レシチン」について、その働きや効果について解説していきます。


(1) レシチンとは

・「レシチン」(Lecithin)という名前は、ギリシャ語で、卵黄を意味する「レシトース」(Lekithos)からでた言葉で、「リン脂質」(フォスファチド)と呼ばれる脂質の一種です。
私たちの体は、「水溶性」(水に溶ける性質)のものと「脂溶性」(油に溶ける性質)のものとから成り立っていますが、その仲立ちをするのが「レシチン」なのです。
・人間も含めて、生物は細胞からできていることはよく知られていますが、細胞が細胞膜を通じて物質を取り入れたり、排泄したりできるのもレシチンがあるからなのです。
細胞の原形質は、蛋白質(タンパク質)を主として、これに核酸や脂質や色々な塩類溶液が混じってできたコロイド状の物質でできており、レシチンを構成する必須不飽和脂肪酸、イノシトール、コリン等は動脈硬化や肝硬変の予防に役立ち、新陳代謝を促進する機能があるので、体の構成単位である「細胞」から老廃物を排泄させて、若さを保つ作用が重要視されています。
・つまり、「レシチン」とは、生命の基礎物質であって、人体のすべての細胞の中に必要な栄養分を吸収し、不要な物質を排泄する出入口の「門番」の役目をしているものなのです。
.
*「レシチン」は、元々はリン脂質の1種類である「ホスファチジルコリン」の別名でした。しかし、現在ではリン脂質を含む脂質製品のことを「レシチン」と呼んでいます。
そのため、レシチンと言ってもリン脂質だけではなく、他の脂質(中性脂質、コレステロール、糖脂質など)も含んでいるものが一般的です。市場などでは原料に何を使用しているかで分類され、卵黄を原料としたものは「卵黄レシチン」、大豆を原料にしたものは「大豆レシチン」と呼び、区別しています。(*2003.06.19追記)
(2) レシチンの働き

・一人の人間が持っている細胞の数は、約60兆個といわれていますが、これらの細胞は毎日いくつかが死に、いくつかが再生されていて、約1年もすると全部の細胞が新しく入れ替わってしまいます。これらの一つ一つの細胞には必ず「レシチン」が含まれており、全部のレシチンの量は、体重60Kgの人で600g程度あります。
・我々の身体に必要な栄養は血液で運ばれます。特に、脂肪がエネルギーとして利用されたり、貯蔵されたりするのには、蛋白質と結びついて血液の中を移動しますが、この蛋白と脂肪を結合させるのに「レシチン」が必要なのです。
また、水と親しみにくい脂肪であるコレステロール、中性脂肪、脂肪酸等と一緒になって、それらを水に溶けやすくする役目もしていますし、さらに細胞の中からコレステロールを取り除くときに働く酵素の作用を助けたりします。このように「レシチン」は、体内のいたるところの細胞膜や細胞の核の中にあって、毎日、新しい細胞を作り、細胞に必要な酸素や栄養分を吸収し、不必要な物質を排泄する役目をしているのです。
・この「レシチン」が減って、新しい細胞を作れなかったり、また栄養分や酸素が充分入ってこなかったり、不必要な物質が出て行かないで細胞の中にたまったりすると、たちまち細胞は不具合を起こしてしまいます。
ですから、レシチンの働きというのは、細胞が常に不具合を起こさないように細胞膜をきれいにし、次々に新しい細胞が生まれるための働きをしているのです。つまり、細胞の一つ一つをみずみずしく保つ働きをしているといえます。
(3) レシチンの必要性

・細胞が完全に栄養を摂取することが健康体でいられる基本といえます。しかし、細胞を養っていく上での栄養効率は、細胞の種類はもちろん、各々の細胞の状態によって差があります。ですから、我々の体内のすべての細胞が、いつでも完璧な栄養摂取を行える状態が保たれなければなりません。
細胞が完璧な栄養摂取を行えなくなると、細胞の働きが低下して、健康が維持できなくなり、最後にはいろいろな病気を誘い込んでしまうことになります。
・「レシチン」は、先に述べたように、人体のすべての細胞の中で必要な栄養素を吸収し、不必要な物質を排泄する出入口の門番の役割をしているわけですから、体内のすべての細胞には欠かせない成分で、各々の細胞の働きに応じた化学構造をしたレシチンがあるわけです。

レシチンを含む食材 

November 01 [Wed], 2006, 23:00
(4) レシチンを含む食品

・レシチンが不足するということは、いわば細胞が故障するようなものですから、私たちの体は、体質悪化、疲れやすい、カゼをひきやすい、脳の疲労、頭痛、不眠、老化現象、冠状動脈疾患、動脈硬化、糖尿病、腸の異常、悪玉コレステロールの沈着など多くの病気の引き金になります。
ですから、レシチンを日頃から摂取して、健康な細胞を維持していかなければなりません。
・レシチンが豊富に含まれている食べ物には、卵黄、大豆、穀類、ゴマ油、コーン油、小魚、レバー、ウナギなどがあげられます。
(5) レシチンの効果

・「レシチン」の一番大きな役割は「界面活性剤」としての働きです。つまり、レシチンは「親油性」(油になじむこと)の働きと、「親水性」(水になじむこと)の働きの両面の役割を持っています。
すなわち、レシチンの親油性の働きが、血管の内壁にこびりついたコレステロールを溶けやすくしたり、細胞の中の老廃物を親油性と親水性の両方の働きにより、血液の中に溶かし込んで血行をよくしたりします。いわば、天然の「乳化作用」の役割をするのです。このため、レシチンは細胞の重要な構成成分であるといわれるわけです。
・このようにレシチンには界面活性剤としての作用や、生命維持のための基礎的な働きがあるため、下表のような効果が期待されています。
レシチンに期待される効果
@ コレステロール値を下げ、動脈硬化性疾患を予防し、胆石を防ぐ
A 老化を防止する
B 脳細胞の活性化を促すので、記憶力を増大させる。
C 神経細胞を活性化させるため、自律神経失調症、不眠症、神経衰弱、精力減退などを防ぐと共に
これらを回復させる
D 肌を美しくし、皮膚疾患(シミ、ソバカス)を予防する
E 女性のための特別食品として注目されており、ぜい肉をとり、肥満や妊娠中毒症を防止する
F 高血圧、心臓病、肝臓病、糖尿病、血栓症、貧血症、腎臓病、不妊症などの予防や治療に有効
である。また、抗ガン効果も確認された
G その他、各細胞への栄養補給に役立つ


(6) レシチンの成分

・レシチンは、大豆から抽出されたものがほとんどですが、一般的な「大豆レシチン」は、下表のような成分からできています。
大豆レシチンの成分
ホスファチジール・コリン 20%
ホスファチジール・エタノールアミン 15%
ホスファチジール・イノシトール 20%
ホスファチジン酸およびその他のリン脂質 5%
炭水化物、ステロール 5%
その他 35%


(7) レシチンとコレステロール

・動脈や静脈中に「コレステロール」が平常異常に多く蓄積された場合、動脈硬化が起こり、高血圧を引き起こします。しかしながら、コレステロールには動脈硬化症を積極的に防止する高比重の「善玉コレステロール」(HDL)と、有害な低比重の「悪玉コレステロール」(LDL)の2種類がありますが、レシチンはHDLの善玉コレステロールを増やし、LDLの悪玉コレステロールを減らす働きがあります。
・したがって、「レシチンは血中のコレステロールを溶かして運ぶ」といわれているわけです。事実、試験管内での実験結果では、レシチンはコレステロールを乳化してしまうことが分かっています。
このようなことから、「レシチン」は、コレステロールの蓄積を、細胞や血液中で調整しているのではないかと考えられています。

内蔵脂肪と胃がんリスク 

October 31 [Tue], 2006, 6:09
内臓の周りに脂肪がたまる内臓脂肪症候群(メタボリック・シンドローム)に陥ると、動脈硬化や糖尿病だけでなく、胃がんのリスクも高まることが、東大腫瘍(しゅよう)外科の北山丈二講師らの研究でわかった。

 肥満解消が、がんの予防や再発防止にもつながる可能性を示す成果と言えそう。今月下旬に横浜市で開かれる日本癌(がん)学会で報告する。

 北山講師らの研究チームは、脂肪細胞から分泌される「アディポネクチン」というホルモンに着目した。脂肪の燃焼を助ける働きなどをするが、内臓脂肪症候群になると、分泌量が減り、血液中の濃度が下がる。

 チームが突き止めたのは、アディポネクチンに強力な抗がん作用があること。ヒトの胃がん細胞を移植したマウスにこのホルモンを投与すると、腫瘍が最大で9割も減少した。



そんなメタボリスとに最適な医薬品が開発されました!!!!



ハイパーレシチン製剤の医薬品『ノチラック』-----
飲み過ぎ 二日酔い 気だるい 酒量が減った アルコール性肝炎 脂肪肝 痔
もう若くないから、 要注意!メタボリック症候群
⇒ ハイパーレシチンで 肝臓機能を強化!
アルコール分解は通常12時間。「ノチラック」を飲むと4時間!
■ アルコール解毒を早め「アセトアルデヒド」を無くすことで、二日酔い・気だるさをとります。
■ 肝臓細胞を直接修復・維持することで、お酒の飲みすぎで起こった肝炎や脂肪肝を治療します。
■ 肝臓強化によって門脈(血管)を正常にすることで、門脈変形・裂傷で起こる痔を治します。
-----ハイパーレシチン製剤の医薬品『ノチラック』


購入に躊躇している時間は無いですね!!

旅に出たい... 

October 30 [Mon], 2006, 16:33
最近殆ど家or家の近所で用事を済ませている...。

これじゃぁ幾つになったら結婚出来るのか...orz

とは言っても、結婚願望はあまり無いのですが...(汗)




なんて一人で考えてると、鬱になるょ...。






長旅にでも出かけて気分を変えたいなぁ...。
P R




2006年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
http://yaplog.jp/cosme_beauty/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cosme_beauty
読者になる
Yapme!一覧
読者になる