終演のご報告。

April 13 [Fri], 2012, 16:54
皆様、ご無沙汰しております。
企画代表の岡です。

更新が大変遅くなりまして申し訳ありませんでした。。。


この度、L'incontro casuale主催《Cosi fan tutte》、無事に終演を迎える事が出来ました。
先日の制作代表太田からもこのブログで報告がありましたが、両公演とも本当に多くのお客様に来て頂き、私たちの《Cosi fan tutte》を見て頂けました。

本当にありがとうございました!!


「オペラをもっと身近に!」
「お客さんが観ていて眠くならない様な《Cosi fan tutte》がしたい!」

この様な漠然とした、ですが在学中からずっとあった思い。
そんな気持ちを胸に、この企画は1年前から始まりました。

この思いに応えてくれた、キャストの皆・指揮の秋山さん・演出の和樹!
本当に感謝しています。
公演当日私は袖からしか見れませんでしたが、誰よりもわくわくドキドキしながら上演を楽しんでいました。

お客様からも「楽しかった!」「分かりやすかった!」などとお褒めの言葉を多く頂きました。
この企画のコンセプトとなる「面白い・分かりやすい《Cosi fan tutte》」が伝わったのではないかと、嬉しく思います。


今回のメンバーのほとんどが、皆自分達の手で1から企画を立ち上げるのは初めてで、手さぐり・試行錯誤を重ねながら進んできました。
それぞれ差はあるでしょうが、誰一人として壁にぶち当たらなかった人はいないと思います。

ですが、そんな私たちの支えとなったのは「人とのつながり」でしたし、実際私自身も何度も多くの人とのつながりに助けられてきました。

団体名でもある「L'incontro casuale」は日本語で「邂逅・めぐりあい」の意味。
その様な出会いを大切にしたい、という思いを込めて名付けました。
この「人とのつながり」は私達芸術に携わるものにとって、本当に大事なものなのだ、とこの公演を通して改めて強く感じさせられました。


卒業・進学・就職。
新年度にもなり、皆新たな一歩を踏み出しつつあります。
それぞれが成長を重ねパワーアップをした姿を、またいつの日か皆様にお見せできればと思います。
それまで皆精進を重ねてまいりたいと思いますので、どうか今後とも、メンバーの応援をよろしくお願い致します。


最後に。
この企画に向けて活動を共にしてきたメンバー、またお力を貸して下さった皆様、すべての方に御礼を申し上げます。そして、この素敵な方々と「めぐりあえたこと」(L'incontro casuale)に感謝致します。


それでは、また皆様とどこかでお会いできる日を楽しみにしています。
本当にありがとうございました。


L'incontro casuale
企画代表・舞台監督  岡 皆実

ありがとうございました!!

April 11 [Wed], 2012, 23:35
皆様、ご無沙汰をしております。
制作代表の太田です。

本来でしたら公演後すぐご挨拶すべきでしたのに、このような時期になってしまい本当に申し訳ありません…。


この度、私達の公演が、東京・山梨とも大盛況のもと無事に終演致しましたことをご報告致します!


東京公演はほぼ満席、山梨公演も客席の半分以上のお客様に御来場頂き、両公演延べ500名近い方に観劇して頂くことができました!
このように大盛況のもと無事に公演を終えることが出来たのは、会場に足を運んで下さった皆様、この公演のために御協力頂いた皆様のおかげです。
メンバーを代表して心より御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。


面白いコシ・ファン・トゥッテを上演したい!オペラを身近に感じてもらえる公演をしたい!という想いから、企画が発足して、約一年。
多くの方に御協力頂きながら、よい公演にしたいという気持ちで一年間準備して参りました。

稽古も実は夏から始まっていました。
多くが学部四年生という忙しい時期にあったため、長いスパンでのプロジェクトとなりました。
そしてオペラは本当にたくさんのスタッフがいます。
音楽面、そして衣装や舞台装置などの美術面でも学生同士で一緒に作り上げられるのは、まさに芸大らしさではないでしょうか。

おかげさまでお客様からも「面白かった」「わかりやすかった」「物語に引き込まれてドキドキした!」などの素敵なご感想を頂き、大変嬉しく思います。
そしてこの公演の主旨を一つ達成出来たのではないかと感じております。


それでも、学生だけでオペラ公演をするのは、難しい面が数多くあります。
こうして無事公演を終えられたのは、応援して下さった皆様、東京・山梨それぞれでご協力下さった皆様のお力があったからこそですし、キャスト・スタッフを含め素晴らしいメンバーに恵まれたことが、この公演への一つの大きな大きなエネルギーとなっていたのも事実です。



この団体の名前「L'incontro casuale」が持つ意味、皆様覚えていらっしゃいますでしょうか?

「邂逅・めぐりあい」です。
公演を終えて振り返ってみると、一つ一つの「出会い」が重なって今に至っていることを強く感じます。
この公演を通じた、音楽の輪、人との出会いの輪が広がり、これからも続いて行くことを願っています。

新年度を迎え、メンバーの多くが新しい場所で活動を始めました。
これからの各自の学びが「再会」に繋がるよう、努力して行きたいと思いますので、今後ともメンバーの応援を何卒宜しくお願い致します。



L'incontro casuale
制作代表 太田 郁


****************************
写真コーナー

こんな舞台でした!(序曲)


アルフォンソにフェルランド&グリエルモが詰め寄るシーン


フィオルディリージ&ドラベッラ姉妹が惚気てます。


戦地に行くことを告げられるシーン


デスピーナちゃん!男を弄んでますw


出ました!!変装した二人!


毒を飲んだふりの男性二人と医者に扮するデスピーナ、本気で心配する姉妹、遠くから楽しむアルフォンソ。


変装したグリエルモがドラベッラに近づきます・・・!


姉妹二人とも恋に落ちてしまい、結婚式のシーン


またしても変装するデスピーナ。


アルフォンソの仕掛けで・・・



浮気がバレてしまいます!



種明かし。女性陣がっくり。。


ハッピーエンドです




左から、フェルランド、ドラベッラ、ドン・アルフォンソ、フィオルディリージ、グリエルモ、デスピーナ。


指揮の秋山さん!


ピアニスト、演出と出て、企画代表のみなみちゃん!
みんなをまとめてくれてありがとう。



キャスト、スタッフ総動員で!
皆様、応援頂き本当にありがとうございました!


新聞記事の紹介

April 05 [Thu], 2012, 23:30

大変ご無沙汰をしております^^;
みなさま僕のこと、覚えてらっしゃいますか・・・?
ドンアルフォンソこと、山野靖博で御座います。

誠に申し訳ないことに、東京公演当日の0時過ぎより更新の滞っている本ブログ、、、
もう少しいたしましたら制作より、正式な御挨拶の記事がアップされると思いますが
今日は一足先に僕が御挨拶いたします。

お陰様をもちまして私たちのオペラ公演「コジファントゥッテ」は
東京公演、山梨公演ともに、たくさんのお客様に恵まれ、
無事に終演を迎えることができました。
ひとえにみなさまの応援、御声援の賜物で御座います。
本来でしたらもっと早くの御挨拶をすべきでしたのに、
本当に申し訳ございません。


さて、というわけで、
両日の会場の様子や写真などは今後の更新にお任せするとして、
私からの案内はこちら!

じゃじゃーん!
またまた山梨日日新聞様が
本公演の記事を掲載してくれました!

しかも、2日連続でっ!

昨日の朝刊の記事がこちら



公演の概要を素敵な写真と一緒に紹介くださっています。
フェランド新堂君とグリエルモ竹内君との3ショット!
ピアニストの林君とも共演でございます^^
この写真、本当に気に入ってます。


そして、本日の朝刊記事がこれ。
控え目にいっても、かなり恥ずかしいのですが・・・・



いやはや、、、顔から火が出るような気分でありますが、、、
僕のことはさておき、とても繊細な心遣いを感じます文章による記事でありまして、
このような形で僕らの公演をとりあげていただき、本当にありがたいです。


今回の公演後、多くのお客様から「楽しかったよ」とのお声かけをいただけたのも、
こうして大々的に記事としてとりあげていただけたのも、
仲間との協力と切磋琢磨があってこそであったと、
時間がたった今、ひしひしと感じます。
また皆様が、そんな僕らの取り組みを温かく見守ってくれたからこそとも思っています。


まずは簡単ですが御報告とお礼を。
また後日、1年間の取り組みを振り返った記事で
皆様とお会いできたらと思っております。
それでは。

ドンアルフォンソ 山野靖博

こんばんは!

March 21 [Wed], 2012, 0:30
時計の針も午前0時を過ぎましたが、皆さま祝日の夜をいかがお過ごしでしょうか?



…?ん?日付がかわる?…と、いうことは…今日は…





なんと、Cosi` fan tutte の初日です!!!!!!


こんな時間に何してるんだというツッコミは無しでお願いしますm(__)m


夜分に失礼いたします。こんばんはフェランド役をつとめさせていただきます、新堂由暁です!



昨年の春に企画がたちあがり、夏から稽古を重ねてきたこのオペラも、明日の東京での本番、23日の山梨での本番のあと2回で終わりとなってしまいます。



年が明けてから今まで、本当にたくさんの稽古があって、昨日のG.P.(ゲネラル・プローヴェ、通し稽古のことですね!)が終わった後、

「あ…もうあと2回で終わってしまうんだ。」



と、遅ればせながら気づいたほど、あっという間に過ぎ去った日々でした。



大学の授業の中で、オペラの一場面を歌い演じるということは今までにも何度かありましたが、オペラ一本全てを、というのは今回が初めてで、正直それは想像を超える大変なことでした。



歌を歌うということと、その役を演じるということ。



もちろん歌には歌詞があり、その歌詞は役が発している台詞なのだから、役になりきれば何の問題も…というワケには、いきませんでした。





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


うまい例えが思い浮かばないのですが、新しい作品にチャレンジするということは、初めて乗る車で知らない道を走るようなカンジなのではと思います。(ものすごく下手な例えになりそうな予感…



ここでいう車はもちろん、声楽家にとって楽器である自分の体や声の事であり、道は今回でいうと、オペラ「コシ・ファン・トゥッテ」全曲のことです。



自分の体がいまさら初めて乗る車のようだというのは少々問題発言かもしれませんが、普段は街中で乗っている車で高速道路を初めて走ったら、




「ここまでスピードを出すと、この車もこんな挙動をするんだなー。」



というような経験をされた方も、いらっしゃるのではないでしょうか?



もちろんアクセルワークやハンドリング(声の出し方や、歌い方)も、いつもとは違ってきます。



それに加えて”道”は、今まで走ったことが無い道=オペラ全曲 なのです。



今はほとんどの車に普及しているカーナビゲーションシステムにあたるのは、自分の頭(脳ミソ)です。



知らない道に沿って、車をガイドしていく…しかも初めて乗る車で。



最初は本当に手さぐりで、ゴールが見えないのでは、と思ったほどでした。



そこに現れた、交通標識であり、誘導員であり、車を(歌い手)を正しい道に導く手助けをしてくださるのが…指揮者です!!



…ちょっと無理やりかなー(*_*)笑



音楽面での案内人が指揮者ならば、行く先々の名所や、見どころを詳しく解説しつつ、楽しみ方を様々な角度から提案してくれるのが、演出家!でしょうか!!



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


…なんでこんな話をしているかというと、昼間になんとなくきいていたラジオで、スポーツカーの試乗を中継していたのが、とても頭に残ったからです。笑 この車はこんな乗り心地で、この路面ではこんな動きをしてと伝えようとしているのが、なんとなくぼくr…




下手な例え話はこの辺りでやめることにしますね(;_:)お付き合いいただきありがとうございました




大人数で歌う、アンサンブルをするということは、こういった事がらが人数分絡み合い、それを一つのものにしていくという作業が必要です。


それは歌うことだけではなく、演じることも然り。


それらのことを同時に行いつつ、時には一つ一つ解きほぐしてみたり、もう一度つなぎ合わせてみたり…そんな作業を、何度も何度もメンバー全員(歌い手だけではなく、指揮者も演出家も一緒に)でやってきました。





指揮者、演出家、キャストだけではなく、スタッフの皆さん、関わってくださった一人一人すべての想いが、明日と23日の舞台に詰まっています。



今までやってきたことを余すことなく本番の舞台にのせられるよう、それに加えて、本番でしか生まれえない”生の出来事”を生み出し伝えられるよう、皆さまに楽しんでいただける舞台にできるよう、全力を尽くします。



それでは皆さま、劇場でお会いしましょう


平成24年 3月21日 

Ferrando / 新堂 由暁

Ciao ! Sono Despina !

March 18 [Sun], 2012, 0:08

みなさんこんにちは。

公演一週間前をきりました!!そろそろ登場しないと本番が終わってしまいますね…。

デスピーナの田子雅代です。




昭和64年生まれ。
10歳のころ母に連れられてはじめて劇場でオペラを鑑賞しました。そのときの感動が、今こうして声楽を学んでいるきっかけです。子どもながらにあの演奏に大きく心を動かされたのを今でも記憶しています。
15歳で念願の声楽のレッスンを受け始めます。私の先生は基礎をしっかりつくってくださる方で、高校3年生になるまで発声のみ、歌をうたえるようになったのはその後のことです。
一浪して芸大に入学。それからは、ただ憧れの気持ちだけで勉強していたころと違い、歌うことの難しさや辛さを知りました。しかしそれにも増して音楽の持つ素晴らしい力を感じるようになりました。
音楽はひとの心に入り込んでいく不思議な力を持っています。聴く人を幸せにしたり、楽しい気持ちにさせたり、辛い気持ちに寄り添ったり…。


そんな音楽の力を感じていただくべく、21日東京、23日山梨、劇場でお待ちしています!


今回演出のかずきさんは普段芝居の演出をされている方なので、舞台も楽しんでいただけるものになっていると思います。題材が現代の私たちにも共通するものですから、みなさんぜひ登場人物に自分を当てはめて、リアルに楽しんでいただきたいですね。


そしてオペラ《コシ・ファン・トゥッテ》のお話をまだご存知ない方、ぜひあらすじを読んでからご鑑賞ください。さらに楽しめると思います!


それでは Ci vediamo al teatro !!







プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:L'incontro casuale
読者になる
学生オペラ団体 L'ncontro casuale です!
2012年3月、東京と山梨にて
W.A.Mozartのオペラ《Cosi fan tutte》を上演致します。

◇公演情報◇
【東京公演】
2012年3月21日(水) 北とぴあ つつじホール
【山梨公演】
2012年3月23日(金) 東京エレクトロン韮崎文化ホール 小ホール

いずれも18:00開場、18:30開演。
2012年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
アイコン画像nasty-k
» こんばんは! (2012年03月24日)
アイコン画像フィオルディリージ
» こんばんは! (2012年03月24日)
アイコン画像nasty-k
» こんばんは! (2012年03月23日)
アイコン画像ふぇらりるれりーじ
» 稽古の様子☆ (2012年03月12日)
アイコン画像どらべっら
» 稽古の様子☆ (2012年03月12日)
アイコン画像L'incontro casuale
» 稽古の様子☆ (2012年03月12日)
アイコン画像みなみ
» 稽古の様子☆ (2012年03月11日)
アイコン画像フェランド
» ドラベッラです(*^^*) (2012年03月01日)
アイコン画像L'incontro casuale
» ドラベッラです(*^^*) (2012年02月25日)
アイコン画像フィオルディリージ
» ドラベッラです(*^^*) (2012年02月25日)
お問い合わせ

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる