コルテオの音楽

August 22 [Sat], 2009, 12:23
コルテオのCMをみていると、心に響く女性の声。
誰が歌っているのかといいますと、皆さんもうご存知のSalyuさんなんです。

Salyuさんは、ライヴで新曲も最近お披露目され、握手会にファン殺到したくらい
今旬なお方です。詳しくは下記リンクを参照ください。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090819-00000140-bark-musi

この曲、なんかいつまでも聞いていたいようなじーんとくる歌声で、
コルテオの舞台にもすごいあっていると思いました。

歌声を拾ってきたので、みてください。



初回限定版、まだ売っているみたいです!
即発送!■初回盤■Salyu CD【コルテオ〜行列〜/HALFWAY】09/2/11発売

コルテオ東京追加公演を超安く見に行く方法

June 05 [Fri], 2009, 3:24
既にご存知のことと思いますが、
コルテオの東京で、追加公演が決定いたしました!

2009年11月4日(水)〜2009年12月20日(日) 全64公演です。

楽天・イープラス・ローソンチケット・CNプレイガイドで
先行販売実施中ですよ〜!
一般販売は、6/27(土)10:00〜 ですので、
よい席は早くうまってしまいます。
SS席でみるのがよいと思いますので、一般販売前にはおさえておきましょう。

※受付期間、申し込み方法は、各プレイガイドをご確認ください。
■チケットぴあ・・・   演劇チケットなら@電子チケットぴあ
■イープラス(e+)・・・ http://eplus.jp/corteo/
■ローソンチケット・・・ http://l-tike.com/corteo/
■CNプレイガイド・・・ http://www.cnplayguide.com/corteo/
■楽天チケット・・・ http://ticket.rakuten.co.jp/corteo/


さて、本題です。

コルテオを超安くみる方法を考えてみました。

他力本願的な方法ですが、宝くじよりも当たる確率がある方法だと思います。

その方法とは、


楽天くじです!

運がよければ、なんと!最大10000ポイント当たるみたいです。
10000ポイント当てて、楽天チケットでコルテオ ゲットすれば
安く見にいけちゃいますね。
当たれば儲けものです。
1日1回チャレンジしてみてください。
(※下のバナーをクリックし、右の下のほうにあります)




さらに、さらに、安くコルテオを見に行くためには、
楽天カードに申し込み、楽天ポイント2000円分をゲットします。
くじのポイントとあわせて、12000ポイントです!

コルテオ 楽天チケットにて、平日SS席が無料でみれちゃいます!

カード作るだけで、2000円引きが利用でき、
コルテオがみられるのですから利用しない手はありません。
もちろん、カードの年会費も、無料です。
楽天でのお買い物もカード利用で2倍ポイントがつきますので
もっておいても損はないと思います。

楽天カードの申込はリンクをクリックください。
楽天カードで2000ptゲット

ほんと、くじがあたんないかなあ。。。

コルテ王子とマイミクになろう

February 15 [Sun], 2009, 19:59
mixiでコルテ王子とマイミクになりましょう。

http://mixi.jp/show_friend.pl?id=19568206

コルテ王国というのが開かれていて、マイミクになれば誰でも入国できます。
コルテ王国の国民IDももらえて、なんかお得な気分になれます。
コルテオのお得な情報を知ることができますよ。
動画出演者には、ペアチケットのプレゼントも。
お得ですよ。

コルテオの詳細はこちら


コルテオのレビュー(感想)その3

February 15 [Sun], 2009, 18:48
コルテオのレビュー(感想)その1 をみていない人は、こちらから先にみてくださいね。

○第2部開演
 
 ・パラダイス
  女性たちが、天使のように空中を舞う。
  3つの拠点のうち、各拠点の男性のうでから次の拠点の男性のうでへ。
  豪快さのなかに美しさがあり、天使たちが、動き回っている姿は、
  息をのんだ。下は、トランポリンを兼ねた安全ネットとなっており、
  天使はぴょんぴょん跳ね周りながら、各拠点へ渡り歩く。
  このビジュアルと迫真のパフォーマンスは、なかなか言葉では
  言い表せないくらいだ。

 ・口笛とバイオリンとミュージシャン
  どこから吹いているのか、なんであんな高い音が、音色がでるのかと
  すごい不思議であった。口笛とバイオリンの追いかけるようなやりとりは
  いままでに聞いたことがないセッションでした。すばらしいの一言です。

 ・クリスタルグラスでの演奏
  クリスタルグラスとチベタンボールという高い音色での演奏と
  2人のクラウンが演奏をする。ウィスラーの口笛も加わり、
  いままでにない演奏に。クリスタルグラスの音が少々聞こえづらく
  かすかに聞こえた感じでしたが、舞台では、チベタンボールという
  ガラスのような大きな器が、輝きながら回り、演奏していく姿は
  非常に美しかった。

 ・リングを使ったデュエット
  天使の光を浴びながら、大きなリングを使って、愛を語り合う。
  そんなやさしい、心温まる演技でした。愛というものを、
  肉体を通じてあそこまで表現してしまうとは、あまりに
  見せつけられたので、こっちが恥ずかしくなるくらいでした。

 ・ジャグリング
  4人のパフォーマーが、1人6本以上もって、ジャグリング。
  ステージをめいいっぱい使い、動きながらジャグリングしている、
  それもかなりの長距離を飛び交う。1人がもう1人の肩に立って、
  立体的にジャグリングしているのもすごかった。
  あとリングが蛍光色で、シャボン玉みたいに飛び交う姿も
  きれいであった。
  一番の圧巻は、3対1で、3人がリングを投げる役、
  1人が受ける役で、3人が次々と1人に目掛けて投げまくるリングを
  すべて受け止めて首にかける、あのキャッチ力は、
  もう人間ではない技である。

 ・喜劇
  ロミオとジュリエットのミニ学芸会のような、紙芝居みたいな感覚で
  演技が行われている中、幻想の世界だからでしょうか、予想外な出来事
  が次々とでてきて、劇はとんでもない方向にいってしまう。
  ドリフまではいかないが、なんかほのぼのした感じになった。

 ・デュオストラップ
  上空から垂れ下がった細いストラップに男女2人がぶら下がり、
  回転しながら、そして、美しいいろいろなポーズをきめながら、
  愛を育んでいく。命綱なしで、演技しているというからびっくりである。
  まさにお互いの愛と信頼が命綱。
  一番びっくりとしたのが、女性の髪の毛に男性がぶら下がって
  演技していたことだった。
  会場が今日一番、どっと、よどめいたシーンだった。
  カップルは、この演目は絶対に見逃して欲しくないと思います。

 ・鉄棒
  この演目が最後であり、クラウンが最後天に召されていくクライマックスの場面である。

  舞台上空では、
  クラウンは、自転車に乗って、天国へ向かっていく。
  また、空中からは素敵なドレスを着た天使も4人登場する。
  下の舞台では、  
  四角形の鉄棒が中央に配置され、袖のほうに鉄棒が平行に配置され、
  袖から袖へ次々と周り飛び回っていく。
  進むにつれ、パフォーマーの数も多くなり、袖とは垂直方向にも回転が入る。
  ぶつからないでぐるぐる回っていく姿は、もう圧巻で、
  元気よくクラウンを送り出しているようにも見える。

 ・フィナーレ
  パヤッパヤッ、パヤッパヤッ、パヤッパヤッ、パヤヤーの音楽が鳴り響き、
  パフォーマー、スタッフが次々と最後の挨拶に登場する。
  会場も一体となり、パヤッパヤッ、パヤッパヤッの曲に合わせ、手拍子が
  鳴り止まなかった。


 シルク、ド・ソレイユ、初めて観覧したのですが、
 人生の喜怒哀楽、愛、信頼を、
 人間の極限の最高のパフォーマンスで
 表現した圧倒的な、人間離れした演技にすごい感動した!

 人生は、どのような人間に出会い、
 そのとき、どのように喜怒哀楽を感じていったか、
 人生にはいろいろなドラマがあるが、
 自分のドラマは充実しているのか
 「コルテオ」には、いろいろと考えさせられました。 
 
 今回は、舞台から一番最後方だったので、
 近くでパフォーマーの表情をみてみたいと思いました。
 こんなに感動させてくれてありがとう!

ダイハツ「コルテオ」の詳細はこちら

コルテオのレビュー(感想)その2

February 15 [Sun], 2009, 17:11
コルテオのレビュー(感想)その1 をみていない人は、こちらから先にみてくださいね。

ここからは、レビューというよりは、感想です。

○開演前
 舞台の中央9列、10列の間、出演者がいろいろと楽しませてくれます。
 すごい気分が高まっていきます。

○第1部開演
 カーテンとカーテンの間に挟まれたところから、透けて見える幻想的な世界。
 天使がたくさん描かれた大きなカーテンは、光のあたり具合によって、
 いろいろな表情をみせてくれた気がした。
 クラウンの死から天に召されるまでのお話。
 そのなかで、今までいきてきた人生を回想し、いろいろな出会い、喜び、怒り、
 悲しみ等を、人間とは思えないようなパフォーマンスを通じて、
 舞台(地上)、舞台(空中)を通じて繰り広げられる。

 ・クラウンの死
  自分の葬儀はどのようになるのだろうか。
  自分に会いにくる友人たちと空中で舞う天使が
  生死のハザマの世界をリアルに再現していると思う。
  
 ・かつての恋人なたちの舞
  3つのシャンデリアを使った演技は圧巻だった。
  シャンデリア上で、どれだけまわるのかとくるくる回ったり、
  片手1本でぶら下がったり、足をかけて逆さになったり。
  あごでぶら下がったり。みているこちらがひやひやでした。 

 ・ベッドでのパフォーマンス
  こどもの頃、ベッドでぴょんぴょんトランポリンのようにはねて
  遊んでいたのがなつかしく感じました。
  きっと、あんなふうに遊べたら楽しいでしょうね。
 
 ・クラウンが天使に
  天使から天使の羽をもらい、クラウンが天使となります。
  日本語のジョークも楽しめました。

 ・ホイール
  輪っかのなかに人がはいり、くるくると舞台をまわります。
  だんだん人数が多くなり、最後は、5人でびしっとシンクロして
  きめるところがかっこよかったです。    
  こんなふうに遊べたらたのしそうですが、
  あってもたぶんできないんだろうなあって
  少々うらやましかったです。

 ・綱渡り
  トゥーシューズ、一輪車、素足と、綱渡りしていく姿は
  こちらがドキドキしました。そして、綱の上でのフラフープ
  7、8本あったでしょうか。ここまでくると、ありえない姿で
  ありえない姿をみている私は何?って衝撃的でした。  
  命綱をつけていたのは、わかったのですが、
  つけていてもおそらくできないでしょう。
  さらに圧巻だったのは、40度近くある綱をよじ登っていく。
  40度ですよ。もうがけをよじ登るもんです。
  もうすごいの一言!!!感動しました! 
  
  あと、ろうそくをもって、逆さでつなわたりしている
  真っ白なクラウン。どうやっているのかすごい不思議で、
  度肝を抜かれた。

 ・子馬
  最初、ロバだと思ったら、パンフをみたらリトルホースとあり、
  馬だったんだとあとから気がつきました。
  コミカルな喜劇をみているようで、笑えました。

 ・ゴルフ
  ボールとゴルファーと、キャディー?が絶妙のタイミングでの
  コントが笑えました。ちょっとやりすぎというか、古典的な点も
  なごませていただきました。
 
 ・アクロ・デュエット
  体の柔らかさをいかした、芸術的なポーズ、男性と女性の愛が
  感じられました。もう、魅せつけられたって感じですね。
  息がぴったりとあっていないととてもできない芸当ばかり。
  こんなふうに愛し合えたら素敵だと思いました。

 ・操り人形 
  サッカーボールでかわいらしい操り人形との遊ぶ姿は、
  どこか懐かしく、自分のお気に入りのおもちゃで遊んでいる昔を
  思い出してしまった。操り人形は、まるでいきているかのようで
  人形と少年が恋しているかのようでした。

 ・風船
  小さな子供が大きな風船に乗って登場し、客席を渡り歩く。
  子供とクラウンのひとことひとことが絶妙でおもしろかった。

 ・シーソー
  大の男が、シーソーのように順番にジャンプし、飛ぶパフォーマーも
  次々交代。飛び跳ねて、順番に回っていく。
  よくあの狭い板に着地できるなあってすごいと思った。
  かつ宙返りもいれて着地するんだからすごいバランス感覚だと思う。
  着地の衝撃もすごいと思うが、強靭な肉体がなせる業なのだろうか。
  クラウンと小さなクラウンも挑戦するが、全く動かない演出も楽しかった。


第1部はここまで。休憩30分後、

第2部へつづく。

 
P R