【 更新情報 】

スポンサード リンク

首に装着する方法

 
コルセットで首のヘルニア対策をしていると、自動車事故でむち打ちになった人だと思われがちですね。
実際、自動車事故でむち打ちになると、首にコルセットをしているというイメージがありますね。
元TBSの小林麻耶アナウンサーが交通事故によりむち打ち症になって、首にコルセットをしたままテレビ出演をした事もありましたよね。
また首に白いマフラーをしていると、遠目にはコルセットで首ヘルニア対策をしていると勘違いされる事もあります。
それだけ、むち打ち症にはコルセットをするということが一般的だということですね。

 コルセットは首ヘルニア対策ばかりでなく、姿勢を正す という目的で使う事もできます。
首にコルセットを巻く事によって、首を正しい位置に固定する事ができるのです。
首は正しい姿勢を保つのに重要な役割を果たしているので、コルセットを装着することによって姿勢を良くする事ができます。
特にデスクワークをしている方は首の角度が前のめりになることが多く、猫背につながっていきます。
そのため、首にコルセットを着けることにより正しい姿勢を保つ事ができ、肩こり等を防いだり、不快症状を和らげる事ができるのでお勧めですよ。

 コルセットを首に正しく巻く方法はインターネットで調べる事が可能ですので、色々と見て回って調べてみましょう。
最近では首に装着する為の、空気が入ったドーナツ状のコルセットも売られています。
手軽にコルセットを首に正しく巻く事ができるので、デスクワークの方にお勧めの商品ですよ。


★首用コルセット、サポーターのお求めなら安心の楽天市場でどうぞ★

ヘルニア対策

 コルセットで簡単にヘルニア対策をする事ができるのは、ヘルニア患者にとって朗報です。
ヘルニアにもいろいろ種類があるのですが、一般的に知られる腰椎椎間板ヘルニアコルセットで対処できます。
コルセットで対処する事のできない鼠径ヘルニア(脱腸)臍ヘルニア(でべそ)やの場合は医療機関を受診しましょう。

 腰椎椎間板ヘルニアになると腰の痛みの症状がでてきますが、コルセットを使用することによって腰の痛みに対処することができます。 
お医者さんのコルセット《プレミアム仕様》 S〜3L【アートテック・オンラインショップ】
コルセットでヘルニア対策をしなければいけない人はどんな人でしょうか。

  重い荷物を運ぶ仕事をしている人や、また、普段運動しない人が急に重い荷物を持ったときにも腰椎椎間板ヘルニアになってしまう事があります。
 腰椎椎間板ヘルニアになってしまったらできるだけ早く整形外科等を受診してコルセットを作ってもらいましょう。

 病院に行ってコルセットを作ってもらう時間がないのであれば、通販でもいいので早めにコルセットを購入しましょう。

★楽天市場★

などのサイトを参考にしてコルセットを探してみたらいかがでしょうか。
ヘルニア対策のために病院で医療用のコルセットを購入すると意外と値段がかかり、大体5万円以上もかかってしまいます。
ただし、健康保険が適用される場合もありますので、その場合は、3割負担の1万5千円位で済みます。
最初に5万円払っても、申請すれば後で、7割もどってきます。
医療用のコルセットをヘルニア対策のために病院で購入する場合は事前にお医者様に相談しておきましょう。

 ヘルニア対策として有効なコルセットですが、根本的な治療をしてくれるものではありません
コルセットの試用期間が長すぎると、筋力が落ちてしまうというデメリットがあります。
つまり、体を支えることをコルセットに頼ってしまうようになり、自分自身で体を支える機能が衰えてしまうのですね。
そうなるとコルセットを取ったとき、以前よりもさらにヘルニアになりやすい状態になってしまうわけです。
ヘルニア対策として有効なコルセットの使い方を紹介しているサイトもありますのでぜひご参考にしてみてくださいね。

骨折対策

お医者さんのコルセット《プレミアム仕様》 S〜3L【アートテック・オンラインショップ】 コルセットで骨折対策をする時の注意を述べたいと思います。
それは骨折した骨が完全にくっつくまで着用したコルセットを固定し続けておくことです。
スポーツ選手などは、すぐに運動を再開したくて医者に止められていてもコルセットをはずそうと思ってしまいます。
しかし早急にコルセットをはずしてしまっては、骨折箇所が十分に完治しないままになってしまいますので、コルセットをはずす時はお医者様の確認をとってから行いましょう。
しかも、完治していない骨折箇所がずれてくっついてしまう可能性もあるので安易にコルセットをはずす事はやめましょう。

 コルセットで骨折対策する前に、骨折直後はギプスで骨折箇所を固定しておくのが普通です。
ギプスは骨折対策として患者に合うようサイズ調整されているのですが、それでもコルセットと同様に窮屈なものでもあります。
骨折対策に使用するコルセットも、意外と強靭な材質でできているものを病院では使用しますので、思いのほか窮屈である事に驚く患者さんも多いようです。

 痩せ型の方はコルセットの骨部分に当たる箇所が痛いことがあるかもしれません。
骨折箇所付近の出っ張った骨部分とコルセットの間に何か柔らかいものやガーゼなどを挟んでおくと痛みが無くなりますので参考にしてみてください。
コルセットで骨折対策をする時は、なるべく体に負担の無いものを使用したいですよね。

 ギプスは患者に合わせた作りになっていますが、コルセットは骨折患者全般に合わせた作りになっているので自分に合っていない事もあるかもしれません。

 実はコルセットも骨折対策用品として自分の体型に合わせてオーダーメイド、できるんです。
色々な骨折対策を紹介したサイトでは、フィット感や装着感が市販のコルセットと比べ物にならないという骨折患者さんの声が多数掲載されています。

 値段は多少高くなりますが、骨折対策を楽なものにするためにもオーダーメイドのコルセットはお勧めです。
おしゃれなデニム生地のコルセットなどもあるので骨折対策が楽しいものになるかもしれませんね。

コルセットと腰痛ベルトの違い

 コルセットと腰痛ベルトの違いはなんでしょうか。
コルセット医療機関で呼ばれている呼び名ですので、腰痛ベルトよりも専門性の高い商品に名付けられている事が多いです。
腰痛ベルトはコルセットに対して、どちらかというと動きやすさや、着用時の簡易性等を重視した商品が腰痛ベルトと名付けられているようです。
特に正式な違いは無いようですので説明書などをしっかりと熟読してコルセットと腰痛ベルトの相違点を確認しましょう。

 コルセットは腰痛ベルトと異なり、特に整形外科といった医療機関などで使用されることの多い、固くて頑丈な素材からできている腰痛対策商品です。
頑丈なコルセットに対して腰痛ベルトはおもにゴムでできている腰痛対策商品です。
腰痛ベルトはドラッグストアなどでも簡単に購入する事ができますのでコルセットよりも手軽に腰痛対策をはじめる事ができます。

 産後のママの一番の悩みは骨盤のずれ・痛みなのではないでしょうか。
そのため、腰痛ベルトが骨盤を補正すると、産後のママの間にも使用している方が増えてきているようです。
小さな子供がいるうちはコルセットをオーダーしてもらうために整形外科に行く事も時間的にも難しいので、通販サイトで購入できる腰痛ベルトに人気があるようです。

 腰痛予防コルセット  【ファンタジックワールド】コルセットと腰痛ベルトは通販サイトで購入する事ができます。

 整形外科などでコルセットや腰痛ベルトを購入した場合は保険が効くこともあります。
整形外科のお医者様にあらかじめ確認しておくと良いかもしれませんね。
もちろん医療費控除の対象にもなる場合もありますのでコルセットや腰痛ベルトを購入した時の診療報酬明細票(レセプト)は捨ててしまわずに、きちんと保管しておきましょう。

 ただ、保険がきくといっても整形外科などでコルセットや腰痛ベルトを購入するとどうしても価格が高くなりがちです。
できるだけ激安価格でコルセットや腰痛ベルトを購入したい場合は 
楽天市場などのオンラインショップ
で購入する
という方法もあります。

いろいろなサイトを見て回れば価格比較をする事もできますよ。

腰痛対策

腰痛予防コルセット  【ファンタジックワールド】 コルセットを利用して腰痛対策を万全なものにしましょう。
 ぎっくり腰などの腰痛ですが、コルセットを使用することで痛みを抑える事ができます。
日本人に腰痛持ちが多い為か、外国に比べ、わが国ではコルセットの医療器具としての需要が多いといわれています。

 一方、特にヨーロッパなどの諸外国ではドレスを着る事が多いので、腰痛対策といった医療器具としての需要よりは、ファッション的な体型補正のためにコルセットが使用されることが多いようです。

 コルセットを使用して腰痛対策を行う方も多いと思います。
正しく装着すればコルセットは腰痛対策における一番のサポーターとなる事でしょう。
腰痛指導のお医者さんにコルセットの正しい装着方法を確認しておくと安心ですよね。

 コルセットで腰痛対策を行っている方の中にはスポーツ愛好者もたくさんいらっしゃいます。
腰痛対策ではなく肋骨を骨折した為にコルセットを着用している患者さんもいます。

 腰痛対策だけでなくどんな場合でも正しく着用しないとコルセットの効果を期待することは出来ません。
逆に、コルセットを使用していても間違った着用方法を続けていると、新たな腰痛を引き起こしたり、悪化させる可能性があるので正しくコルセットを着用しましょう。

 お医者さんのコルセットは通販でも購入する事が可能です
スポーツ愛好者のサイトを見てみてもコルセットの種類が予想以上に豊富にあって、驚くと思いますよ。

コルセットとは

 コルセットとは一般的には怪我の治療のために使用する医療器具です。
 また、それとは別に、体型補正のために使用するコルセットもあります。
 
 しかし、特に日本人に愛用者が多いのが腰痛用のコルセットなのではないでしょうか。
お医者さんのコルセット《プレミアム仕様》 3L〜5L 【アートテック・オンラインショップ】
 腰痛コルセットとはどのようなものでしょうか。
腰痛用のコルセットとは医療用コルセットの一種で、ぎっくり腰などで腰を痛めたときに整形外科で巻いてもらうコルセットの事です。
腰痛コルセットは坐骨神経痛椎間板ヘルニアなどのヘルニアにも効果的な医療器具です。
 
 鞭打ちの時にもコルセットを使いますが、この場合はに巻いて使用します。
最近では女子アナの小林麻耶さんやタレントの大泉洋さんが鞭打ちでコルセットを使用して話題になりましたね。

 医療用のコルセットとは、整形外科で用意してくれる医療用具なので、コルセット使用時の療養費は医療費控除が受けられたりする可能性があります。
保険が適用される場合もありますのでコルセット使用時の療養費について保険会社に問い合わせて確認しておいてください。

 コルセットとは肋骨、頚椎、腰椎、肩、など幅広い箇所で使用可能な医療器具です。
また、骨盤のずれを正常に戻す事をサポートする役割をする、産後用のコルセットもあります。

 医療用だけではなく、体型補正用としても使用されているコルセットもあります。
コルセットを活用した体型補正体験談を載せているサイトも沢山ありますので是非チェックしてみてください。
ドレス着用時に大活躍するのがウエストに巻くヴィクトリア時代 コルセットでしょう。
ドレス用のコルセットとは、もちろんファッションとしてのコルセットなので、整形外科ではなく店舗や通販で購入してください。

 ウエディングドレス用のコルセットで、コルセットデビューする方も多いと思います。
オーダーメイドできるコルセットなので着用感は大変すばらしいと思います。
もちろん巻き方や装着方法によってはコルセット着用感効果が満足に得られないこともあります。

 コルセットとは自分に合っていることが大切なので、販売店などで試着させてもらいましょう。