どれだけ 

2006年02月12日(日) 22時38分
どれだけ一緒にいれれば、気がすむのかな。

いつも、月曜に帰って金曜に会う生活。
なんだかんだで中距離恋愛。

今週は、日曜に帰ってきたし
金曜も会えるかわかんなくて、しかもだめなら来週の水曜。

この程度で、へろへろになっちゃうんだろうか。





そんなこんなで
昨晩は、ちょっと燃えました。


ふふふ。


いつも、君は丁寧だから、
お返しをしてあげた。

可愛かった。



あたしも、えっちいんだよね。

ふふ。


愛してるから、何だってできるよ。





と。



好きすぎてどうしたらいいかわかんないんだ。

愛してるのよ。


成り行きみたいに、付き合い始めてしまったから
心配だったけど。

ほんとうに、大好きなのよ。




不安になることなんて無い。

はじめよう。 

2006年02月08日(水) 21時09分
こっそり、始めよう。

君との日々を綴ることを。



友達に、知られないように。




君との出会いは
去年の4月。

同じサークルで。
1年生の君と、3年生のあたし。

セクションも違うし、
あたしの住んでいるところは遠いし。

そのころ、ちょっぴり気になるほかのヒトがいて、
君はその人と仲が良かったから。
自然と話すようになったのが7月。

9月の終わり、みんなで遊んだとき
君も一緒だったんだ。
そのときの君は、他に好きなヒトがいて、
その相談を受けたりしてて
君と付き合うことになるなんて
夢にも思わなかったのに。

10月。
たった2週間。
あたしは、


君に、恋していたんだ。

だから、相談に乗るのとか本当に辛かった。


君の失恋と、あたしの落ち込んだ時期が重なって
飲み会をしているうちに、

気づいたら、びっくりするくらい近くにいた。



10月18日。君の失恋コンパ。
酔った君は、うちに泊まることになって


二人だけになって




あまりにも、悲しい顔をしているから

大好きだって言えないことが悲しかったから



抱きしめてしまった。

そのまま、





キスしてしまった。







あの日から、あたしたちは始まった。




こんな形で始まったことに、後悔なんて無い。

きっかけは、どうだっていい。




今が


幸せなら。

2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:coronaria
読者になる
Yapme!一覧
読者になる