わが国の東南沿海の一部地域の検出ごく微量で人工放射性核素-物语網

May 05 [Sat], 2012, 15:20
东日本大地震報道集

人民網の北京3月28日(日レポーター王)今日の午後、然しようとした記者が環境保護省(国の核安全局)のオフィシャルサイトで分かったことだが、わが国では、東南沿海江蘇省、上海コピーブランド
市、浙江省、安徽省、広東省、広西壮族自治区の一部地域の监测点气溶胶サンプルで検出されてはごく微量の人工放射性核素ヨウ素131だった。

関係者の説明によると、が観測されたごく微量の人工放射性核素ヨウ素131、その濃度は、いずれも10−4ベーカー/立方メートルのフライ級以下だった。初歩確認所が検出したヨウ素131日本から福岛の核事故が発生した。検出されたため核素人工放射能による付加辐射外れる極めて低調より天然本底辐射外れるの10万分の1にもかかわらず、現地本底辐射水準やう範囲内が適用されるので、に対して何らの境界の行动である。

現在エコ部署は韓国の他の地域の气溶胶サンプリング监测点確認されていない日本から福島に検知核事故の人工放射性核素だった。

上は、環境保護省(国の核安全局)の3月28日18時が発表した全国の省都の都市と一部の穆辐射環境自動监测站吸収率をリアルタイムで連続空気が外れるモニタリング値となった。検査結果まとめ図の中で緑の曲線代表モニタリング値,青色柱の代表、緑の天然本底の水準は、いずれも青色のスーパーコピーブランド
柱の曲線の対象にならない。検査結果によると、現在韓国環境の辐射の水準は依然として本底の範囲内で、日本の原発事故未が韓国環境および内の健康にも大きな影響を及ぼす。




http://yaplog.jp/copyshop-iv/archive/20
http://yaplog.jp/copyshop-iv/archive/21
http://yaplog.jp/jpbrandkopi/archive/21
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/corfucmd/index1_0.rdf