ミツバチの話 つづき

April 17 [Fri], 2009, 18:21
読売新聞読んでいる方、いらっしゃいますか?

別に読売新聞の回し者ではないんですが。
今朝(4月17日)の朝刊に「ミツバチ大量消失」の記事が
大きなスペースで取り上げられていたんです。

なんと、昨日このブログで記事にしたばかり。
ですから、さすがにびっくりしました。^^

で、よく読んでみると、
この問題は、日本やアメリカだけの問題ではないんですね。

カナダやヨーロッパでも発生して、
地球規模の大問題となっているようなのです。

「ハチが地球からいなくなったら、
人間は4年以上は生きられない」
このアインシュタインの予言がとても気になるところです。

私たちはもっと地球に感謝して
もっと地球を大切にしなければいけないようですね。


無料レポートです。 → 胸奥(第2章)


それでは、楽しい週末をお過ごしください。

ミツバチ君は、どこ行った?

April 16 [Thu], 2009, 18:24
ミツバチが激減?
謎の現象?


最近、かなり心配なニュースがあります。

ここ数年、日本の各地でミツバチが大量に死んだり、
姿を消す事件が増えているそうなんです。

アメリカでは、3年前からこの事態が発生し、
06年秋から07年春にかけて全米の約3割のミツバチが
短期間にいなくなったということです。

ハチの生態を狂わす何らかの変化が自然界で
起きているといるのでしょうね。

イチゴやメロン、梨やさくらんぼ、ナスやかぼちゃ…
なにしろ、私たちの口に入る食品の約3分の1は
ミツバチの力を借りたものらしいのです。

それに、真偽は定かではありませんが、
あのアインシュタインが
「もしハチが地球上からいなくなると、
人間は4年以上は生きられない!」と
予言しているとか。

心配ですね。


ところで、地球に感謝する大切さをアピールする
無料レポートを発見しました。

無料ですので、もし良かったら
ダウンロードして読んでみてください。

ダウンロードは、こちらから。

※つまらなかったらゴミ箱にポイしてくださいね。

それにしても、
ミツバチ君たち早く元気になって
戻って来てもらいたいものですね。^^