海、花、虫、人形、映画、片想い… 好きなものと、日々のこと。

profile
CORAL
女性誌の新米編集者。24歳。
学生時代は人形アニメを自主制作。
奇妙な虫や植物、キッチュなものが大好き。会社のデスク上では小エビを飼育中。
最近は乙女趣味に走りがち。ゴス方面にも惹かれがち。恋は片想いがち。
久々の映像作品制作に向けて、現在いろいろ模索中。
2005年04月
« 前の月    |    次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:coralgarden
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
入稿中。 / 2005年04月12日(火)
週末のうちにイラストレーターさんや占い師の方々が原稿を仕上げてくださった。それのチェックや連絡に追われる。メール書きまくる。校正作業などもちょいやる。
夜、スタイリストさんが来て、ファッションページの洋服や雑貨の物見せ。可愛らしいものをたくさん見て、心が癒される。

入稿時期にもかかわらず、こそこそと21時に退社。
同期とふたりで、代官山に今日オープンしたビストロにロケハンへ。
他に誰もお客さんがいなくて、シーンとしてたので、ちょっと緊張気味で食べた。鳥の股部分の肉に茸を詰めた肉料理が美味しい。ポルチーニ茸が、丸のままたくさん添えてあって嬉しかった。茸の形は美しい。
シャンパンとワイン1杯でやたら酔っぱらい、
だんだんハイになり、「恋の嵐来い!」と叫びつつ、12時頃歩いて家に帰った。

帰宅してから、明日の会議に備え、少し仕事する。いくえみ綾の『カラフルパレット』3巻を読みながら入浴。
明日は朝から会社で取材があるから早く寝ればいいのに、2時頃、借りていた『オールドボーイ』のDVDなど観始めてしまう。これがやたらと面白い。映像の色、小物使い、カメラワークなど私好み。シュールさのさじ加減もグッド。横スクロールなバイオレンス場面もグッド。最後まで観たかったが、起きれなくなるのが怖かったので、半分まで観たところで寝ることに。
続きはまた明日。
 
   
Posted at 03:20/ この記事のURL
Storytelling / 2005年03月16日(水)
 仕事後、何かビデオを借りようとTSUTAYAをぶらぶら。何となくLOWなムードに浸れる映画、自虐っぽいブラックなコメディが観たい気分。で、『ストーリーテリング』(トッド・ソロンズ監督)を選んでみた。気になっていたけど、まだ観ていなかったので。ディスクに“無修正版”と大きく書いてあるのがちょっと借りにくかった。
 映画自体は、そこまで心に強く残るものは正直なかったです。同じ監督の『ハピネス』も私にはいまいちピンとこなくて、、、。合わないのでしょうかね。
 でも、全体の鈍いトーン、たるい雰囲気は気に入りました。後半に出てくるドキュメンタリー作家のダメっぷり、偽善っぷりが何かリアルでよかった。こういうこと言う人いるよね〜、と共感。そしてセルマ・ブレアは可愛い。ビッチなんだけど憎めない感じで、どこか滑稽で。コメディセンスがある人なんだろうな、と思う。実はすごく体が細いことも判明。
 
   
Posted at 02:09 / movie / この記事のURL
VIVA! BABBI! / 2005年03月15日(火)
 ホワイトデーでした。会社の同期の男子二人から、『BABBI』のチョコレートをいただきました。やっぱりうまい☆ パッケージもかわいいし。高いからなかなか自分で買えないけど。大切に食べさせていただきます。
 
   
Posted at 01:54/ この記事のURL
Laurel Canyon / 2005年03月13日(日)
『しあわせの法則』のDVDを借りて観た。
 原題はLaurel Canyon。はちゃめちゃな音楽プロデューサーを演じたフランシス・マクドーマンドのキャラクターが印象的だけど、この映画の陰の主役は、舞台となったローレル・キャニオンという場所。もちろん実在する土地で、映画や音楽関係者がたくさん住んでいる、ロサンゼルス郊外の住宅地だそう。いかにもお金持ちが住んでいそうで、けだるい空気が辺り一面に漂ってる。この作品の監督自身も住んでいたらしく、その郷愁がじわじわと画面からしみ出してくる感じがたまらなく良かった。温水プールの湯気とノスタルジックな音楽にのせて、とくに驚くような展開があるわけではないけれど、胸がそわそわするストーリーが進んでいく。
 何かうずうずして、やるせなくて、むなしくて、、、。何かを成し遂げたいのに、無為に時は過ぎていく。そんな空気が胸をざわつかせた。

でも、日本題はどうかと思うのですが、、、。
 
   
Posted at 19:52 / movie / この記事のURL
A Very Long Engagement / 2005年03月12日(土)
 母と、六本木ヒルズ ヴァージンシネマへ『ロング・エンゲージメント』を観に行きました。待望のジュネ監督の新作。しかも音楽はバダラメンティ!
『アメリ』に引き続きジュネ節全開な感じで、好みとか癖、言葉や道具の使い方などから、人物ひとりひとりの個性が見事に描写されていきます。主人公マチルダが信じるジンクスみたいなもの(「夕食までに犬が部屋に入ってきたら、恋人は生きてる」とか)も楽しかった。もっとやってほしかったな。ビッグバジェットなんだけど、そこまでスケールが広がりすぎてないところにも好感がもてました。ただ、たくさんの人が次から次へ出てくるので、ぼやぼやしていると「あれ?この人は誰の関係者だっけ?」とか分からなくなってきます。途中ちょっとこんがらがりました。
 もちろん最後は母と二人で号泣。(私たち親子は、映画を観ると大体80%の確率で泣くのですが)

 総合的には『アメリ』のほうが、作り込みが細かくて、世界観が濃い感じがして好きなのですが、今回のようにミステリー仕立てでプロットが凝ったものも良いなあ、と思いました。次はどんなものを見せてくれるんだろう。

 ところで、ジュネは、もうマルク・キャロと組んで映画を作ることはないのでしょうか。このハッピー&ロマンティック路線もいいのですが、『ロスト・チルドレン』のようなダークな作品もまた観たいなあ。
 
   
Posted at 21:49 / movie / この記事のURL
like mermaid lashes / 2005年03月10日(木)
 長く苦しんだ入稿がやっと終わったので、自分への小さなごほうびに、ジバンシィの“ラッシュ・パール”を買いました。

 これ、まつ毛の上に、ちっちゃな雫状の透明球を作るという、何ともファンタジックなコスメ。朝露に濡れたような乙女なまつ毛が作れちゃうわけです。これはもう、そのアイディアだけで買いです。

 さっそく会社のトイレでまつ毛にオン! 仕事中なので、控えめにちょんちょんと。マニキュアのトップコートみたいな液をハケでまつ毛の先にちょっとのせ、すぐにハケを上に引き上げると、液がくるんと丸まって球状に。おお、のっかってる、のっかってる。ちゃんとついてます。ただし、正面から見たのでは、あまりわかりません。横からみると、確かにキラキラと小さな雫が! と言っても、けっこう近くで見ないと分からないです。男子にアピールしたい方は、かなりの接近戦に持ち込まないとダメかも。

 でも、いいのです、気分だけで。自己満足な乙女気分に浸れればいいのです。
 これつけてると、視界が何だかキラキラ。それもまたよし。
 
   
Posted at 00:05 / cosme / この記事のURL
enchanting flowers / 2005年02月27日(日)
最初はきれいな話題から。
最近、毎週末花を買っている。
別に「お花のある生活めざしてまーす」というわけではなく、
ただ、見ると買わずにはいられなくなってしまうから。
渋谷の東急の中の『青山フラワーマーケット』の前を通ると、まるで蜜を求める虫のように、ふらふらと引き寄せられるように花に近づいてしまう。
今はチューリップ祭で、カラフルなチューリップたちが店頭に山盛り。
ほけーっと眺めて、しばし花の色や香りや形からパワーをもらう。

昨日買ったのは、“エキゾチックバード”という名前のチューリップの一種(たぶん)。
名前が美しくて、しかも花のイメージにぴったり。
そう、思いがけなくすてきな花の名前に出会うと、無性に嬉しくなる。
いつも名前を覚えようとするのだが、30分後には忘れていることが多い。
花の名前をたくさん知っている人に憧れる。
 
   
Posted at 20:58 /  / この記事のURL
はじめまして。 / 2005年02月27日(日)
友人に触発されて、はじめてみました。
私の好きなものや出来事が、みなさまのアンテナにちょっとでも引っかかれば幸いです。
 
   
Posted at 20:12/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
 
 
Powered by yaplog!