GFCのヴィラドバリ

October 30 [Wed], 2013, 10:17
その邸は、バリ島の薫りに満ちていた。
朝、スリットから差し込む柔らかな光で目が覚める。天蓋から垂れるレースに包まれ、王侯気分で眠りに落ちた私に、クッションのきいたベッドは心地よい休息を与えてくれた。食事前の散歩に出てみよう。趣のある門をくぐると、出迎える噴水の涼やかな音が耳に心地よい。
神秘のヴェールのように建物を包む、繊細な彫刻が施された白壁から視線を上げると、美しい飾り瓦が目に入る。この邸をバリたらしめてるのは、この屋根なのかもしれない。バリ・タバナンの土を捏ね、椰子の実で焼き上げた瓦。整然と並べられたそれが太陽に照らされた時、独特なオレンジの光を放つ。
この輝きが、いつか見たバリの想い出につながるから・・・。細部のひとつひとつに感じるバリの息吹、このこだわりこそが魅惑のヴィラを造り上げる

○こだわりの"バリ"スタイル
・見晴らしのよいリビング
目の前に広がるアジアンガーデンと海の眺めはムード満点

・バリ直輸入のインテリア
内外装は全てバリ直輸入。細部の一つ一つにバリの息吹を感じる

・バスルーム
広い大理石の浴槽を備えたバスルームで癒しのひとときを
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cooooon8264
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cooooon8264/index1_0.rdf