うーむ 

2006年05月23日(火) 11時33分
そういえば、彼に”ゆっくり進めて行くのだったら良いかも...”という返事をしたはずだった。
駄目って彼を押し返す事だって出来たはず。でも黙って受け入れた。
本当は、ずっとそうして欲しかったくせに。今、気がついたフリなんかした自分が可笑しかった。
彼は、少し恥ずかしそうに微笑んで、”緊張するよ。心臓がどきどきしてる。”と呟いたのでした。
????
私の知らなかった彼が、見えた。
あの、”仕事の鬼”、”厳しい上司”で通っていた人が、こんな面を持っているなんて。。
心臓をぎゅっと掴まれた気分。どうしよう...。
最後にもう一度、軽くキスをくれて、”会場で会おう。”と言って、私の部屋を出て行ったのでした。

***********************************
会場は、照明、ステージなど、沢山のスタッフが忙しそう動き回って、活気に満ちてました。
このエネルギー、最高なんだよなあ。
昔から、学園祭なんか大好きだったなあ。皆んなが一つの目的に向かって何かを作り出している雰囲気。
などと考えている暇もなく、私も自分の持ち場に移動して、セットアップ開始。
彼は、私達に問題がないかを確認しながら、サウンド関係の人達と話し合いをしている。
こういうところ、責任者としての彼は心強くって、彼の部下としては鼻が高いのでした。
彼のチームで良いなあって、周りにも羨ましがられるくらいの気配りをしてくれる。
特に、私はこのイベントチームの参加は初めてだったので、顔を合わせる度に”大丈夫か?なんかあったらすぐに言うように”と声をかけてくれる。
さて、全員でスタッフのまかないを食べながら、最終ミーティングをして、とうとう客入れ。
よーし、頑張るぞー!

さて、当日 

2006年05月14日(日) 9時32分
そして、イベント当日。
私はチームの人達とフライトイン。彼はGFと家族を一緒に連れてくるのでドライブで来ると聞いていました。
全員で一斉にホテルへチェックインする為、集合場所はホテルのロビー。
彼の到着を目の隅で探しながら他のメンバー達と雑談をしていたところ、彼がコンピューターケースを肩に下げて入ってきました。
ラフなスェットスーツ姿にサングラス。なんか素敵ー!
メンバーの間ではボスである彼の到着に、ちょっとした緊張した空気が流れる。
そこで彼はにこやかにメンバーに挨拶。”無事に皆んなに会えて嬉しいよ。今回も頑張ろう。”と言った。
その後、私を見つけて”君がスカート姿って珍しいね。今日は可愛いじゃないか。”と皆んなに同意を求めた。
皆んなも”はははは。。。”と笑う。そういや、いつもは私もジーンズが多いもんな。確かに。
ちょっと嬉しかった。

そして、私は自分の部屋へ行き、荷物を下ろしコンピューターを接続し、イベントのファイルのチェックをしようとした。ところが、コネクションが悪くて繋がらない。こりゃ、困った...。
その時、丁度良く彼から電話。
”疲れてないかい?朝早くのフライト、大変だっただろう。”とねぎらってくれた後、”あんなにセクシーな君を見せられたら、気が狂いそうだ。今すぐ君の部屋へ行って抱きしめたいよ。”と。
ありがとう、とちょっと笑ってお礼を言った後、”実はね....”と、コネクションが悪い事を告げたら、じゃあ一緒に解決しようと私の部屋にすぐ来てくれる事になった。
1分くらいの後、軽いノックが聞こえた。私は自分の姿を鏡で一応確認してから、ドアを開けて、彼を部屋に入れた。
彼は普段には見せない、恥ずかしそうな、でも嬉しそうな笑顔で私を見つめて、”抱きしめて良いかい?”
私は”ええ”と返事をして、彼の腕の中に自分の身体を預けた。大きな腕。広い胸。
そして私の大好きなシャネルの”エゴイスト”の香りがする。知らなかった。彼もこの香水が好きなんだ。
あー気持ちよい。ここにずっと居たい!
彼は私から身体を離して、私の唇の上にそっとキスをした。

はじめまして 

2006年04月22日(土) 11時48分
はじめまして。これから宜しく。。
ここは私にとっては”ウラ”Blog。表では書けない事を書く場所が欲しかったので。

今、私には大好きな人がいる。名前は..んー,Daddyにしておこうかな。彼の事、そう呼んでるから。
彼はある特殊な分野のプロフェッショナルで、私も同業者。
去年のNew Years Eveのイベントでの仕事の準備で、初めて会った。
私のガールフレンドの代行だったんだけど。

彼はその業界では名前がよく知れた人で、もちろん私も知ってた。
googleなんかで名前を検索した日には、バイオ、作品がどさどさ出て来るくらいの人。

今回のイベントは、彼が直接の私の上司なので、まずは私と彼だけのミーティング。
その初顔合わせに行った時、私の下準備が出来てなくて随分といらいらされた。
怖い顔してたので、”うわっ。こわいやっちゃなあ。”と思ったけど、次のミーティングの約束をして私が自分の荷物を手早くまとめて帰ろうとしたその時、”ちょこまか動き過ぎだよ、ゆっくりしろって。”と、優しく言い、私の荷物を持ってくれた。その笑顔と仕草にちょっとズキっときた...。

その後、結構頑張って準備をして次の全体での最終ミーティングに挑み、皆んなが揃ったその場で彼はとても誉めてくれた。やったー!!良かった。ほっ。
ミーティング後、残るように言われ、一応二人だけで最終確認をした。
そして、少しづつ色んな話しを始めたら、アートの趣味趣向が凄く近い事に気がついて、びっくり。
ふーん、そんな人なんだ..と思い始めた時、彼から”君の事、もっと知りたいよ。すごく惹かれてるんだ。ニューイヤーに君とキスをしたい。”と言われた。おいおい、君、上司だろうが。
でもね、それ言われた時にちょっと嬉しかった。
で、”ゆっくりあせらないでだったら、良いかもしれないです。”とお返事。

一つ問題があるのは、彼にはGFがいて、私にもBFがいると言う事。
お互い、結婚はしてないし、婚約してる訳でもないけど。

さて、30日、31日2日間の出張。何が起こっちゃうんだろう....。
2006年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:coolkitten
読者になる
Yapme!一覧
読者になる