そのときは彼によろしく 2007/7/2鑑賞

October 11 [Thu], 2007, 22:34
映画館にて鑑賞。
ほんとは6月に観る予定だったんだけど、
上映終わる前に観れて良かったw
原作は読んだ事無くて、あんまし知識も入れずに観たんだけども。
良い話とは思ったけど泣けなかったなぁ。ナゼなんだろ( ノ゚Д゚)ノ
いくら睡眠時間2時間で眠かったとはいえ
泣ける映画だったらウルウルきたと思うさ(´Д`)

内容は、
9歳の時の友達と13年ぶり再会を果たす、花梨 智史 佑司の3人。
花梨は幼少の頃から眠るとずっと起きない病気を患っていたが
それを二人にはずっと黙っていた。
そして花梨は深い眠りについてしまう。
花梨は9歳の頃から、智史の事が好きだった事を眠りにつく前に
スケッチブックに書いて佑司に渡しており
最後の文面は「そのときは彼によろしく」と書かれていた。
それを読んだ智史は涙する。
それから5年、佑司は結婚をするが、
智史は相変わらずいつ起きるかもしれない花梨を
水草の店長をして待っていたが、ある日、店の前に花梨の姿が。
そう、花梨は長い眠りから覚めたのであった。
そして二人は抱きしめ合う、という感じ。

ps
長澤まさみ、スキだけどどの映画も同じようにみえてしまうw
モデルの感じをだしてた映像は違和感アリアリなり(ノД`)
山田孝之も相変わらず、
ネガティブというか(得意な演技?)見たことあるような役柄だったかなぁ。
5年経っても見た目たいして変わってないし(仕方ないけど(ノД`)
9歳の時、花梨が病気の為に引っ越すけど、
普通その時に二人には言うと思うんだけどなぁ。
で言わずに、薬で何とか深く眠らずにすんで、
その間トップモデルで活躍するんだけど
そんな時間あるなら、
好きだった智史を探せば良いのにと色々思ってしまって
感情移入出来なかったなり(ノД`)
原作読んだ事ないから、あんまり言えないけど、
もっと良い作品に仕上がっててもよかったような。
キャストが豪華なだけに残念な作品なり。

参考になったと思った方は映画ランキングご協力の為
↓↓ 一クリックお願いしますm(_ _)m ↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へにほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へにほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へにほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ

キサラギ 2007/6/29鑑賞

October 11 [Thu], 2007, 22:30
映画館にて鑑賞。
メッチャおもろかったから友人誘ってまた観てきたさ( ´∀`)
2回目もやっぱおもろかった(≧∇≦)ノ
友人も「ホントにオモシロカッタ!」と言ってたし(´艸`)
冒頭のいちご娘が出てくるトコで既にニヤニヤしてしまうw
1度観てるから、
序盤のオダ・ユージのシリアスなシーンも理解出来るさ( ノ゚Д゚)ノ
あと、セリフは無いけど、
「あーこの表情はあのシーンに繋がるんだ」とか
伏線の多さに改めてビックリ(゜∀゜)!!
1回目観た時に、
オダ・ユージはいちご娘の事をストーカーと決め付けていたのに
なんで初め、いちご娘を見た時にすぐに
【いちご娘】と気づかなかったんだろうと思ってたんだけど
オダ・ユージはいちご娘の顔を見た事なかったんだぁーと
今回観て変に納得( ´∀`)
すでに物語の謎を知っているから
観客が、「デブッチャー?」「やっ君?」「お父さん?」
「手紙?」とザワザワ囁いてるとこは
共感出来なく残念だったけど仕方ないよね(´□`;)
ちなみに、σ(・∀・ )は1回目鑑賞の時、
デブッチャーとやっ君はすぐ気づかなかったさ(#-∀-)
サスペンス&コメディ、そしてハートフルな映画なんだけど、
今回の方が終盤、ジーンときたかなぁ(*'▽'*)

ps
ネタを知ってるだけに
他の観客よりも笑いが1テンポ早くてチョイ恥ずかしかったかもΣ(ノ∀`)

参考になったと思った方は映画ランキングご協力の為
↓↓ 一クリックお願いしますm(_ _)m ↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へにほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へにほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へにほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ

ラストラブ 2007/6/28鑑賞

October 11 [Thu], 2007, 22:26
映画館にて鑑賞。
田村正和、14年ぶりスクリーン復帰作品って事だけど、
率直な感想は、
地上波2時間SPでも良かったんじゃないのって感じ(-.-)y-゜゜
田村正和や伊東美咲ファンじゃなければ
DVDで十分だと思うさ( -_-)
田村正和=古畑任三郎のイメージが強いから、
初めは古畑にしか見えなかったw

内容は、
ニューヨークの有名なサックス演奏者である
田村こと阿川明だったが
妻をガンで亡くし、サックスに熱中し
家庭をかえりみなかった自分を責め
サックスをやめ、日本でヒッソリ、娘と暮らすことになった。
それから5年後、
県庁で働く伊東こと上原結と感じの悪い初体面だったが、
偶然ニューヨークで再会し、しだいにお互い惹かれあっていく。
サックスを捨てた明だったが、日本でまた演奏する事に。
そんな明だったが、医者からガンで余命3ヶ月と診断される。
死ぬ前に再び夢をと、娘を日本に残し、
ステージに立つためにニューヨークへ飛び立ち
チャリティーコンサートのステージで見事サックスを演奏する。
演奏後、明は会場をあとにする結を目撃し追いかける。
結は明のガンの事も知っており、
明の娘の後押しもありニューヨークに演奏を見に来ていた。
公園で抱きしめあう二人、木の下で寄り添い座り語らう二人。
帰りの路すがら、明の娘のお土産を買いに結は店に寄り
明は外のベンチで待つが、そのまま息を引き取る。

ps
悲しい映画だね(´Д`)
ただ、夢の為とはいえ自分のわがままを貫くのは娘が可哀相だし
とても感情移入出来なかったさ。
この作品で一番偉いのは娘の佐和だと思う(笑)
森迫永依は憑神にも出てたし売れっ子だねー( ´∀`)
あと、犬のワンちゃんが可愛かったさヽ(´ー`)ノ

psのps
最近、涙を誘う映画が多すぎだと思う。
そんな映画ばっかりだと泣くに泣けないさー(-.-)y-゜゜

参考になったと思った方は映画ランキングご協力の為
↓↓ 一クリックお願いしますm(_ _)m ↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へにほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へにほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へにほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ

転校生 -さよなら あなた- 2007/6/27鑑賞

October 10 [Wed], 2007, 19:46
映画館にて鑑賞。
25年前の転校生のリメイクらしいけど、イマイチだったなぁ(´Д`)
前作は観た事ないけど、評価は高いみたいね(´ー`)
監督は同じ人なんだけど、リメイクする意味ってなんだろう(´□`;)
うーん、ヒロインの蓮佛美沙子は良いとして、
森田直幸はカッコよくないし
弘役の厚木拓郎はメッチャ演技ヘタかったんだけど
あれは演出なんだろか(´Д`|||)
体は変わらずに、心が入れ替わると聞いて
もっとドタバタコメディを期待したんだけど
最後シリアスになるし、
序盤もそんなに笑いがあるわけではなく、
なんだかなぁって感じだったけど
入れ替わった後のセリフはチョイチョイ笑えるトコもあって、
駄作まではいかないと思うけど
時間は気にしてしまったさ(ノД`)

内容は、
さびしらの水場に落ちてしまった一美と一夫は
心が入れ替わってしまう。
いろいろとハプニングは起きてしまうが
何とか乗り切る二人だったが、
ある日、一美が原因不明の病気にかかってしまう。
そして、さびしらの水場でまた二人が落ちてしまい、元に戻る。
一美は亡くなってしまうが、
一夫はイットキとは言え一美の体に入っていた為
人事とは思えず、
俺たちは二人で一人という気持ちになっていた。
こんな感じかなぁ〜カナーリはしょったけど(笑)

ps
この映画の良さがσ(・∀・ )には分からなかったさ。
前作に思い入れがある人が観たら
また違った感想なのかもしれないね( ノ゚Д゚)ノ

psのps
入れ替わる前の一夫が結構ナヨナヨしてた割には、
入れ替わった後の一美が勇ましく見えたのは
ちょっと違和感あったかも(´〜`)

参考になったと思った方は映画ランキングご協力の為
↓↓ 一クリックお願いしますm(_ _)m ↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へにほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へにほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へにほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ

アドレナリン 2007/6/26鑑賞

October 10 [Wed], 2007, 19:43
試写会にて鑑賞。
『アドレナリンを常に出してないと死んでしまう』
というアイデア先行で作られた映画だから
後付の脚本は突っ込みどころ満載の
想像通りのオバカ映画に仕上がっていた( ´∀`)
期待せずに観たけど、正解だったさ(´ー`)

内容は、
フリーの殺 し屋チェリオスが
恨みを持ってる人間から毒を打たれる。
本来ならば死ぬはずが、なぜか死なない。
しかし、タイムリミットは1時間。
知り合いの医師に相談したところ、
アドレナリンを出している間は
病状を和らげる事が出来ると聞いて、
解毒剤や自分をこんな体にしたリッキーを探す間
アドレナリンを出す為に、
麻薬を使ったり、強盗したり、病院の薬を使ったり、
彼女とH したり、白バイを盗んだり、
自分の手を焼いたり、カーチェイスしたりと大忙し。
ようやく、リッキーを追い詰めたチェリオスだったが、
ヘリコプターから二人とも落ちてしまう。
落下中に、リッキーを殺 したチェリオスがとった行動は
彼女の家の電話にかけて留守電に人生や愛を吹き込む事だった。
そして、チェリオスは車の上に落ちバウンドして路面に落下。
眼を開けたまま心臓がドクッと鳴って、エンドロールって感じ。

ps
最後、チェリオスが生きてるか死んでるかは
観た人の判断に任せるって感じなんかなぁ。
σ(・∀・ )的にはどっちかにしてほしかったさ。
彼女の家の電話にかけるシーン、序盤にもあって、その時は
「携帯持てって言っただろう」←こんなニュアンスのセリフだったと。
と、吹き込んでたからてっきり落下中の吹き込みも
同じセリフだと思ったんだけどハズレたさΣ(ノ∀`)
リッキーはチェリオスを気絶させ注射してるんだけど
そんな事せずに銃殺 すれば早かったのに、
と思ってしまうとこの作品が成り立たなくなるんでそこはスルーでw

参考になったと思った方は映画ランキングご協力の為
↓↓ 一クリックお願いしますm(_ _)m ↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へにほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へにほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へにほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ

舞妓 Haaaan!!! 2007/6/25鑑賞

October 10 [Wed], 2007, 19:39
映画館にて鑑賞。
おもろかった!笑った笑った(≧m≦)
レイトだったけど、観客30〜40人ぐらいかなぁ、
アチコチで笑い声が聞こえてた( ノ゚Д゚)ノ
σ(・∀・ )もカナリ笑ったけど、
後ろに座ってた女性はカナーリ爆笑してたさΣ(ノ∀`)
冒頭の、掲示板のカキコミの攻防からツボに入って、
笑いのギアがトップに入ったさ(´艸`)
ハイテンション&ハイテンポで時間もあっという間!
阿部サダヲのあのテンションはありえなかったなー(笑)
堤真一もおもろかった、
特にお茶がかかって「熱っ」というシーン(≧m≦)
ストーリーもかなり目まぐるしく想像してたのと違ったさ。
まさか柴咲コウが阿部サダヲを好きという設定とはww
しかもサクッとふってるしΣ(ノ∀`)
酒井若菜が出てたって観てる時は気づかなかったなぁ(ノД`)
豆福役かぁ、今度観たら分かるとは思うけども(´□`;)
これ観たら舞妓の知識がつくね(笑)
唯一イマイチだったのがミュージカル部分かなぁ、
あんまし笑えなかったさ(´Д`;)
あのシーンいるんかなぁ( ノ゚Д゚)ノ
エンドロールで流れた
【お・ま・え ローテンションガール】耳から離れないさΣ(ノ∀`)

参考になったと思った方は映画ランキングご協力の為
↓↓ 一クリックお願いしますm(_ _)m ↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へにほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へにほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へにほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ

傷だらけの男たち 2007/6/25鑑賞

October 09 [Tue], 2007, 18:04
試写会にて鑑賞。
香港映画って事もあって、
名前がなかなか覚えれなくて
しかも、予備知識一切入れず、
入場する時にこの作品のチラシもらったけど
読まずに一緒に行った知人とずっと話してたから
話についてけなかったΣ(ノ∀`)
でも読んでても内容が分かりづらい作品だったと思うさ(´□`;)
この作品って、インファナル・アフェアみたいに、
ディカプリオがリメイク決定ってチラシに書いてるけど
そんなに良い脚本でもないとσ(・∀・ )は思うんだけどなぁ。。
インファナル・アフェアはカナリ良かったから
リメイクも納得だったんだけどね( ノ゚Д゚)ノ

内容は、
二人の刑事、ポンとヘイがいた。
ポンがいつものように恋人のいる自宅に戻ると
恋人は手首から血を流し死んでいた。
お腹の中には赤ちゃんもいた。
3年後。ショックから刑事も辞め、
飲んだくれの私立探偵に成り下がっていた。
また、恋人の死の原因も探っていた。
一方、ヘイは大金持ちのチャウの娘と結婚していた。
ある日、チャウが何者かに殺され、
不審に思った娘がポンに捜査を依頼する。
そのうち、チャウの娘も命を狙われ、
いつしかポンはヘイを疑うようになる。
そして、ポンはマカオの事件を知る事になる。
その事件とは、
ヘイの家族がチャウ達悪者に殺害された事だった。
ヘイは復讐の為に、チャウの娘に近づき結婚をし、
命を狙う機会をうかがっていた。
そして、とうとうチャウの娘(妻)の命も狙うが、一命はとりとめる。
しかし、実はチャウとチャウの娘は血が繋がってない事を知り、
ヘイは妻を看病する事になるが
自分の命を狙ったのが夫である事を知った妻は
ヘイを許さずに他界した。
後悔の念に駆られたヘイは拳銃で自殺 する。
一方、ポンは恋人には当時、自分以外に男がおり、
その男の子供がお腹に宿ったのを機会に
男とどこか遠くに行こうとしたが、
約束の時間を過ぎても男が現れないショックの為
自殺 した事が分かった。
その男の居所を突き止めたポンは
怒りをぶつけてやろうと思っていたが
その約束の日、事故を起こした男は寝たきりになっており、
怒りもどこかにいってしまう。
全ての謎が分かったポンは、
新しく出来た恋人と、前を向いて歩いていくって感じ。

ps
観てて疲れたし、よく分からないトコもあって、
あんまり覚えてないけど、たぶんこんな感じだったと思うけど
ニュアンスがちょっと違うトコがあったらごめんなり(´□`;)
なーんか、基本的に登場人物みんな不幸だよねぇ(ノД`)
リメイクされた作品はおもしろかったら良いなぁ( ノ゚Д゚)ノ

psのps
トニー・レオン、インファナル・アフェアではカッコよかったのに
何かオジサンになってたなぁ(´Д`)

参考になったと思った方は映画ランキングご協力の為
↓↓ 一クリックお願いしますm(_ _)m ↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へにほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へにほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へにほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ

シュレック3 2007/6/23鑑賞

October 09 [Tue], 2007, 18:01
試写会にて鑑賞。
おもろかったさ( ´∀`)
結構会場の子供も笑ってたし、
子供から大人まで楽しめる映画だと思うなり(^▽^)V
前作に引き続き、ブラックユーモア有り、パロディ有りで、
σ(・∀・ )は満足かなぁ(´艸`)
特に、カエル国王の死ぬシーンと、
クッキーマンの自分の世界に浸っているシーンと、
白雪姫の戦闘モードに入るシーンと、
ドンキーが目をキラキラさせてるシーンはお気に入りなり♪

内容は、
国王が死に、シュレックが王を引き継ぐ事になりかけたが、
王になりたくないシュレックは、
もう一人の王位継承者であるアーサーを探す旅に。
そして、王位を狙っているチャーミング王子と対立する事になるが、
邪魔を阻止し、無事アーサーが王位に就く事に。
かくして、シュレック、フィオナ姫は沼に戻っていき、
新しい家族である、3人の子供達と幸せに暮らしましたとさ。

ps
きっと続編あると思う、てかいくらでも作れそうな感じ( ´∀`)
シュレック3で、土曜日って事もあって
今回子供がたくさん来場してたんだけど
子供が一人ズーット泣いてた、あれは勘弁してほしいなり(ノД`)

参考になったと思った方は映画ランキングご協力の為
↓↓ 一クリックお願いしますm(_ _)m ↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へにほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へにほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へにほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ

サイドカーに犬 (舞台挨拶) 2007/6/20鑑賞

October 09 [Tue], 2007, 17:57
試写会にて鑑賞。
ほのぼの系かなぁヽ( ´ー`)丿
子役の松本花奈がとにかく可愛かった!
目がキョロキョロしたりパチパチしたりするトコが(´艸`)
竹内結子は、自由奔放で男まさりなハッチャケタ役に挑戦してたさ( ´∀`)
80年代のお話なので、
そんなテイストがいたるところに出てたと思う( ノ゚Д゚)ノ

内容は、
松本花奈演じる小学4年生で内気な女の子 近藤薫がいた。
両親はケンカをし母親が家を出て行った。
しばらくして家にやってきたのは父親の愛人のヨーコさん。
ヨーコさんは、自由奔放で男まさりな、母親とは正反対の人だった。
そんなヨーコさんを薫は好きだった。
一方父親は、盗難車を中古車として販売しており
仕事仲間とトラブルになり、
父親の為に手切れ金をヨーコさんが仕事仲間に渡した事でケンカになる。
ヨーコさんは父親の気を引く為に、薫と小旅行に行く。
何事もなかったかのように家に戻って来た二人だったが、
そこに、母親が家に戻ってきて、愛人のヨーコさんとバッタリ出くわす事に。
母親に頭突きをしたヨーコさんは家を出て、もう戻ってこなかった。
それから20年後、弟からヨーコさんの家を教えてもらった薫は
一目見ようと、近くまで行くが、途中で引き返す。
その時薫の前を横切った自転車は、当時ヨーコさんが乗ってた
ドロップハンドルの自転車だった。
薫は まさかね、と笑い 走り去る。って感じ。

ps
舞台挨拶付で、
監督と竹内結子と主題歌を歌ったYUIが来てた(*'▽'*)
竹内結子が登場した時、
歓声のあと、あまりの綺麗さに、ため息が漏れたよ(´艸`) 
やっぱ女優さんって美人なのは当然としても、
立っている姿が綺麗だよね、ピシッって感じで(*'▽'*) 
喋り方はハキハキしてた。
なんかもっとホンワカしてるかと思ったら、
気の強そうな印象を受けたかなぁ( ノ゜Д゜)ノ
YUIは基本的に表情は変わらずに淡々と喋ってた( ´∀`)
綺麗な澄んだ声をしてたさ(*'▽'*) 
服は黒一色、背はあんまし高くなかったかなヽ(´ー`)ノ
顔は幼い感じ(´艸`) 
てかYUIって、Birth Place 福岡なんだね( ノ゜Д゜)ノ 
一時間以上前から列に並んだおかげで
(と言ってもすでに50人ぐらい並んでたけど(ノД`) 
前から3列目をゲット(゜∀゜)!! 
竹内結子との距離5〜6M(たぶんw 
とにもかくにも満足なり☆*。★゜*♪ヾ(o゜∀゜)ノルンタッター♪

psのps
MCがYUIに、映画はどのシーンが好きですかの問いに
堤防を薫とヨーコが自転車で並んで走ってるところと言ってたけど
σ(・∀・ )もそのシーンが好きなり(≧∇≦)ノ


参考になったと思った方は映画ランキングご協力の為
↓↓ 一クリックお願いしますm(_ _)m ↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へにほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へにほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へにほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ

ダイ・ハード4.0 2007/6/19鑑賞

October 08 [Mon], 2007, 22:18
試写会にて鑑賞。
12年ぶりにジョン・マクレーンが帰ってきたって感じで
これでもか!ってぐらいアクション満載の映画だったさ( ´∀`)
制作費カナリかかってそうな感じ。
アクション映画好きなら大満足だと思うなり(゜∀゜)!!
今度の敵はサイバーテロ。
相対するのはご存知 ジョン・マクレーンことアナログ刑事。
って言ってもσ(・∀・ )は1,2は観たと思うけど
3は観たかどうか怪しいんだけどね(笑)

ps
今回の試写はカナーリ大きな規模だった( ノ゚Д゚)ノ
試写会応募の時は1600組3200名、募集してたと思うんだけど
MCは2000人って言ってたさ。
場所は福岡サンパレス、試写会で行くのは初めてなり(゜∀゜)!!
2年前にスターウォーズ エピソード3の試写が
サンパレス横の福岡国際センターであった時は、
パイプ椅子で、苦痛だったから(笑)
今回、もし同じ感じだったら嫌だったので
クッション代わりにひざ掛け持っていったら
普通に劇場の椅子だったΣ(ノ∀`)
まぁでも劇場は空調が効きすぎて寒かったから
持ってきててチョード良かったけどねw
一時間以上前に並んでたおかげで
席はカナリGOODの前の方を取れたさ( ノ゚Д゚)ノ
スクリーンが劇場の大きさの割に
小さかったから後方とか2階席とかだったら
全然見えなかったんじゃなかろうか(´□`;)
劇場だった為、普通のセリフも音が反響して、
劇場内に響いていたのが印象に残ってるなりヽ( ´ー`)丿
普段行かない劇場だったから、
舞台挨拶でもないのにテンション上がって
写メとか撮ってハシャイジャッタなぁ、ナニやってんだろσ(・∀・ )

psのps
上映前に福岡市警の方が舞台に上がって
ネット犯罪についてアリガターイお話をしていったさ( ノ゚Д゚)ノ

参考になったと思った方は映画ランキングご協力の為
↓↓ 一クリックお願いしますm(_ _)m ↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へにほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へにほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へにほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ