入れ墨の話

June 02 [Sat], 2012, 1:18
大阪市では入れ墨職員の雇用で物議を呼んでますね入れ墨そのものの社会的な評価もありますが自衛官警察官のような治安を維持するに関与する公務員には認められてないようですね遠山の金さんを除くそもそも入れ墨の意義はなんだったのかこぶたぬき考狩猟民俗の生活ではいつどこで命を落とすかわからないわけでそんな時に遺体に間違いのない印があれば判別がつくだろうならば生涯取れないモ変わらないモをと考えられたのだろうと狩猟民の成人の儀式として行われるのもその意味それは個体識別となるが元来剥k民族では単なる個体識別ではなく犯罪者の識別になって同人誌ゲッテンダー行ったのではそしてそれは犯罪者の烙印としての入れ墨の地位を確率してきたのではそういう過去の歴史館を持たない若者が欧米の入れ墨文化をカッコイイと思って入れ墨の普及を高めているのかとちなみに北欧の漁師は防寒具の一つとして手編みのその家系オリジナルの模様のセーターを着ると聞きますもし遺体が上がってもセーターの模様で家がわかるもし公務員が入れてもいい入れ墨があるなら国民登録番号だろうなあ人に公に見せない公開できない場所ならばかまわないかな
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:contknwtlo
読者になる
2012年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/contknwtlo/index1_0.rdf