【 更新情報 】

スポンサード リンク

コンテナヤードはどうやって作ればいいのか?

輸出入用のコンテナヤードを自分で作りたいという方とお話したことがありますが、
一番悩んだのが高さだそうです。

コンテナ内へ荷物を出し入れする方法は主に二つありますが、
この方法によって、コンテナヤードの高さが違うためその方法まず決定をしなければいけないようです。

コンテナ内への荷物の出し入れをする二つの方法で、
一つ目の方法はハンドリフトをコンテナ内に持ち込み、
扉まで持ってきてモーターリフトで運び出す方法です。

コンテナヤードを作るために、
この方法だと外をバッファーにも出来るのでコンテナがシッピングエリアにベタつきしなくても可能ですし、
シッピング床面の高さも自由になるメリットがあります。

ただこのような方法でコンテナヤードを作る場合のデメリットとしては、
シッピングとコンテナ内での受け渡しがあるために人が必要となることです。

コンテナヤードを作る場合に確認する荷物の出し入れ方法の二つ目はモーターリフトごと中に入り出し入れする方法です。

この場合、コンテナヤード内でリフトがシッピングエリアからコンテナ内に入るということは、
非常に効率的ですが、シッピングエリアの床面をコンテナの高さにする必要があるそうです。

コンテナヤードを作るためにはこういった出し入れの方法を考慮して作る事が重要なんですね。

コンテナヤードを使った受け渡し作業について

コンテナヤードを使った受け渡し方法についても貿易実務検定によく出る問題のようです。

貿易関係の仕事の人にはコンテナヤード自体もそれを使った受け渡し作業も簡単に思われ
るかも知れませんが、
これから貿易実務検定を受けたいという人にとっては
コンテナヤードやそれに関わる作業はまったく未知のものですから、
ちゃんと覚えておきたいですよね。

コンテナを船からおろして荷主に渡されるまで、
コンテナヤードを使った受け渡し作業のやり方としては、大まかに3つあります。

一つ目はストラドル・キャリア方式。
コンテナが、ガントリークレーンで船から岸壁の上に直接降ろされるので、
そのコンテナをストラドル・キャリアというコンテナを運ぶ機械でコンテナヤードに運んで保管します。
コンテナヤードから外へ運び出す時もこのストラドル・キャリアでシャーシの上に乗せトレーラーが運ぶのがこの方式です。

二つ目のシャーシ方式は、コンテナを船からシャーシに降ろす方法です。
トラクタがコンテナの乗ったシャーシをコンテナヤードに運びますが、
シャーシに乗せたまま保管もしますし、
コンテナヤードの外へ持ち出す時もトレーラーが直接シャーシを運んで行く方法です。

三つ目のトランスファークレーン方式はシャーシ方式で
コンテナヤードに運んだコンテナをトランスファークレーンという大きなクレーンで持ち上げ
3〜4段で高く積んで保管する方法です。
コンテナヤードから外に出す時もトランスファークレーンでシャーシの上に乗せてトレーラーが運びます。

この三つがコンテナヤードで行われる作業です。

貿易実務検定に出されるコンテナヤードとは

コンテナヤードという言葉は普通の人には聞きなれない単語です。

しかし、貿易関係の職業に就いている人。
貿易実務検定に合格したいという人にとっては重要な用語の一つなのです。
コンテナヤードを単純に直訳してしまえば、コンテナがある敷地というような意味になるのでしょうが、
実際には貿易に関する重要な拠点であることから貿易実務検定に必ず出る用語になっています。簡

単に言ってしまえば、コンテナヤードというのははコンテナを荷役し、
一時保管しておく場所ということになりますが、
貿易実務に関わる人にとっては、コンテナヤードは船会社が自社の持つコンテナヤードへの搬入や引取りを指定している場所として覚える方が良いでしょう。

なぜなら、コンテナヤードは貿易実務上最も大事な場所、保税地域であり、
通関手続き等の輸入出に関して手続きをする場所でもあるか
らです。また、コンテナヤードを使っての荷物の受け渡し作業は大きく分けて3つありますが、
このみ3つの方式がよく貿易実務検定試験に出されるので覚えが方が良いと思います。

その3つの方式については、次に書かせて頂きますが、
貿易実務検定に合格して高収入の貿易関係の仕事に尽きたい人はコンテナヤードについて、なるべく多くの知識を持っていたほうが今後も役に立つと思います。