消費者金融のことなら消費者金融.com【 更新情報 】

消費者金融と信販会社は何が違う

消費者金融と信販会社、実は両方ともキャッシングが出来ます。

では、消費者金融と信販会社(クレジット会社)の違いは何かというと、もともとの営業目的が違います。

消費者がクレジットカードを使って買い物をした場合に、一旦信販会社が立て替えて、小売店に支払います。

そして、商品やサービスを売った小売店から手数料が信販会社に支払われます。そのほか、会員のカードの年会費や入会金が収益になります。

これらが信販会社のもともとの営業目的です。

その後、クレジット会社が貸金業登録をするようになり、キャッシング業務を始めました。

そのキャッシングの利息も当然収益になります。

これ対して、消費者金融は利用者から年会費や入会金を取ることは通常ありませんし、小売店への立替払いといったものもありません。

つまり、信販会社のように、小売店からの手数料収入などといったものがありません。

消費者金融は純粋に自社でお金を貸して、その利息が収益になるのみです。

消費者金融は、信販会社に比べて融資の利率は高いが、審査はゆるいというのが、一般的に言われていました。

しかし、今では信販会社よりも低い利率でキャッシングできる消費者金融も決して珍しくなくなりました。

ところで、今すでに信販会社のクレジットカードを持っているなら、審査を経ずに、すぐ融資を受けることが出来ます。

そこで、消費者金融の審査が待てない場合は、ひとまず手持ちの信販会社のクレジットカードで借りる方法もあります。



人気ブログランキングへ

消費者金融を比較して選ぶ

消費者金融でキャッシングする時に、どのようにして会社を選んでいますか?

金利、キャッシング限度額、審査、即日融資、振込・・・・。

どれもそれぞれキャッシングにとっては重要なことなのですが、何の準備もせずにいきなり「この消費者金融でキャッシングしよう」と決めて申し込みするというよりは、いくつかの消費者金融を比較してから決めることが多いのではないでしょうか。

(もちろん、一旦いろんな会社を比較した上で申し込んだ消費者金融で、継続してキャッシングする際には、最初からそこに決めていることはよくあります。)

では、どこでキャッシングしようか消費者金融を比較するときの、ポイントとなるのはどういった点でしょうか。

まずは、審査の難易度です。平たく言うと、審査がおりやすいかおりにくいか、ということです。

当たり前のことですが、審査を通らないことにはキャッシングすることさえできません。

消費者金融は、キャッシング申込者に対して、職業や年収といった諸条件で、消費者金融側が決めた基準を満たしているか、ということを審査しています。

当然、審査が厳しくないほうがキャッシングしやすくなります。申しこむ側としては、審査がおりやすい消費者金融を選びたいと思うでしょう。

次が、融資のタイミングです。

つまり、消費者金融にキャッシングの申し込みをしてから、現金を受け取るまでの期間です。

申しこむ側にしてみれば、キャッシングの期間が短いほど助かります。特に、緊急でお金が必要になって、申しこむ人にとっては、融資のタイミングが早ければ早いほどいいわけです。

銀行系のような会社は、場合によって一週間程度かかるところもありますが、申し込み当日に審査・融資までしてくれる消費者金融も多くなってきました。

どの消費者金融でキャッシングしようか迷う場合は、自分が重要視する点を基準に消費者金融を比較して、その中から自分の希望に沿った会社を選ぶようにすると、選びやすくなります。


人気ブログランキングへ


消費者金融の利息と利率

早速ですが、ここで消費者金融の利息について、ちょっと簡単な質問があります。

利息と利率の違いは何でしょう?

知っている人にとっては「何だそんなこと」と思うでしょうが、意外と知らない人もいるものです。

現に、現に同じような意味合いで、日常会話の中で「利息」と「利率」を使っている人はたくさんいるのではないでしょうか(このサイトでも時どき同じように使っているかもしれません)。

でも本当は、非常にざっくり言うと「利息は、元金にプラスして支払うお金の額」であり、「利率は、元金に対する利息の割合」です。何となくわかりますか?

大辞林(三省堂)によれば、利息と利率の違いは、次のようになっています。

利息・・金銭などの使用の対価として、金額と期間とに比例して一定の割合(利率)で支払われる金銭その他の代替物。利子。

利率・・元金に対する利息の割合。年利・日歩(ひぶ)などで表す。利子率。

ちなみに、利息と利子は同じ意味ですが、日常会話では慣用的に利子が使われることが多いようです。金融機関では、利子ではなく利息が一般的に使われます。

具体例をあげてみます。

100万円を借りて、1万円をプラスして返済した場合、元金は100万円、利息は1万円、利率は1%(1万円÷100万円)ということになります。

これで、消費者金融で言うところの利息と利率の違いという、基本的なことが明らかになったと思います。


人気ブログランキングへ

即日融資

予定外の出費が発生して、急にお金が必要になることがあります。

会社の同僚や友人、親など、周囲の人に借りられる状況でない。さてどうやってお金を工面したらいいか、困った・・・。

そんな時に便利なのが、消費者金融の即日融資です。申し込みと同じタイミングですぐに審査してくれて、当日のうちに融資が受けられる。そんなキャッシングは、いざという時にとても助かります。

今では、即日融資を行う消費者金融も多くなりました。

消費者金融によって、即日融資、即日キャッシング、スピード融資、スピードキャッシングなど、言い方はさまざまありますが、目的とするところは同じです。

消費者金融の窓口に行かなくても、電話やネットで申し込み受け付け・審査を行い、審査が下りると、利用者の指定する口座に、即振り込んでくれる消費者金融も珍しくありません。

ネットで申し込みできる消費者金融で、キャッシングの申し込みをしてから、最短30分程度で融資が受けられるところもあります。

急にお金が必要になって消費者金融を選ぶときには、どの消費者金融が一番早く借りられるか、が一番重要ポイントですが、同時に、可能な限り利率や返済手段(振込OKか、など)をチェックすることも、忘れないようにしましょう。


人気ブログランキングへ

安心な消費者金融を調べる

消費者金融でキャッシングするにあたり、闇金など違法な金融業者から借入しない為にも、きちんとした消費者金融を選択しなければなりません。

審査の条件が甘く、きちんとした審査もほとんどなく、すぐにでも貸してくれるようなキャッシング・ローンは、違法な消費者金融が行っていることがありますので、注意が必要です。

そういった消費者金融で融資を受けないためにも、合法的で安心できる消費者金融を選ぶ基準を知っておきましょう。

まず、合法的な消費者金融であるかどうかということです。

合法的な消費者金融を見極めるには、登録番号があるかということです。貸金業を営むには、内閣総理大臣(財務省の各財務局)または都道府県知事への登録が必要です。

登録すると、登録番号が付与されます。XX財務局長(5)XXXXX、○○県知事(3)○○○○○といった、登録番号です。

これをきちんと明示して消費者金融を営んでいる業者は、合法的です。逆に、登録番号がどこにも見当たらない消費者金融は、違法な闇金の可能性が非常に高いです。

まず、これで合法的な消費者金融業者の見分けはつきました。

次に、安心できる業者かどうかです。

先ほど書いた登録番号の中に『(1)』という部分がありました。括弧で囲まれた部分です。この中の数字は、財務局や県知事への登録年数を表しています。

ですから、括弧の中の数字が大きいほど、長年営業している消費者金融ということになり、安心感が増すわけです。

商売を長く続けていられる、ということは「信用があるから続けられる」「評判は悪くないからお客は付く」ということで、安心の一つの目安になるわけです。

逆に、(1)となっているような消費者金融は、創業して間もないわけで、安心面・信頼性という点では、やはり老舗の消費者金融のほうが上回ります。

さらに最近増えてきているのが、闇金業者があたかも合法であるかのように貸金業登録して、登録番号を得ることがあります。特に東京都で特に多く見られ、問題になっています。

従って、できるだけ数字の大きい(つまり営業年数の長い)消費者金融を選ぶほうが安全です。

ちなみに、貸金業登録している消費者金融の一覧が、金融庁のHPで見られるので、申しこむ前にチェックしておくと良いでしょう。


人気ブログランキングへ

消費者金融の審査の仕組みは

消費者金融の審査の仕組みは、キャッシングを申しこむ側にとっては、ブラックボックスのようなもので、審査基準がわかりません。

経験則的に、どういった場合に審査に通りやすいか(裏を返せば、通りにくいか)、知っていることはあるでしょう。あるいは、消費者金融で借金した人同士のつながりで、聞いたことがあるかもしれません。

消費者金融の審査の仕組みを知っておくと、自分が審査に通りやすい(あるいは通りにくい)のか、前もってある程度の推測は出来ます。

消費者金融の審査方法は、大きく二つあります。

一つは、「申込者の情報(例えば職業)に点数をつけて、合計点数で融資可能か判断する」方法。

この審査方法は、消費者金融の審査方法としては、もっともポピュラーなものです。上で書いた職業で言えば、会社員の方が自営業者よりも点数が高くなります。

項目ごとの点数を足していって、その合計点数が基準を超えていれば融資可能になり、基本的に点数が高いほど、融資額も大きくなります。

二つ目は、「申込者と条件が似たユーザー(例えば同じ職業の人)を探して、そのユーザーの過去の返済状況から判断する方法」です。

つまり、似たような条件の人は、似たような行動をする、という前提に立った審査方法です。

申込者に近い条件を持つ消費者金融の既存ユーザーを見つけ出し、その人の返済状況などを確認します。そのユーザーに延滞など問題が無ければいいのですが、トラブルがあるユーザーに当たってしまった場合、申込者があおりを受けて、審査が降りない場合があります。


人気ブログランキングへ

消費者金融で無職がキャッシングできるか

無職でも消費者金融でキャッシングできるのか。

これは気になる無職の人は、とても多いのではないでしょうか。

消費者金融は、安定した収入のある人にはお金を貸してくれますが、収入の無い無職の人では、まず審査がおりません。

実質的に、無職がキャッシングするのは、非常に難しいことといえます。

では、無職の人はまったくあてがないのか、とあきらめてしまいそうになりますが、それはまだ早いのです。

実は、中には消費者金融で借入できる人もいるのです。

それは、

 ・主婦
 ・親と同居で無職

こういった人たちです。

でも少し待ってください。「私でも借りれる!」と喜ぶのは、ちょっと早いです。やはり条件があるのです。

主婦の場合は、夫が働いていて、定期的な収入がきちんとあることが条件になります。ちなみに、専業主夫(妻が働いていて夫が家事をしている人)でもOKな消費者金融もあります。

親と同居で無職の人も主婦と同様、自分は収入が無くても、親に収入があるかどうかが、審査に通るためのポイントになります。

本人に返済能力が無くても、夫(あるいは妻)や親に返済能力があればいい、という考え方ですね。


人気ブログランキングへ

無利息で借りられる消費者金融

ノーローン・キャッシングだとか、○○日間無利息でご融資、といった広告を、見かけたことはありませんか?

無利息の消費者金融の広告や看板が、電車に載っていたり、街を歩いていても、目に入ってきます。

この無利息キャッシングですが、次のような人は借りないことをおすすめします。

ずばり、「意思が弱い人」です。

確かに、無利息というのは、借りる側にとってはとても魅力的です。

無利息キャッシングというのは、初めての人にとっては消費者金融で気軽に借りるきっかけになります。もともと、新規顧客を取り込むために、消費者金融が知恵をしぼって考え出したのです。「今月はお金が無いし、無利息ならちょっと借りてみようか。期限内に返せばいいんだし」と感じてもらえるように、思い切り敷居を下げたのです。

また、消費者金融で今までに借りたことのある人でも、その利息ゼロ円のありがたさゆえに、借金しているという意識がだんだん薄れて、抵抗感無く借りるようになります。そして、最後には返済能力を超えた金額を借りてしまい破綻、というケースもあるのです。

しかし無利息といっても、期限付きです。当然のことですよね。消費者金融が、無期限無利息で貸していたら、商売になりません。それでは、ボランティアです。

「期限までにきちんと返済する」「返済能力を超えた金額は絶対に借りない」という強い意志を持っていないと、金利を払うことになります。エスカレートすると破綻への道が待っています。

ここまで、無利息金融について、かなりネガティブに書いてきましたが、実はうまく使いこなせば、これほど便利なキャッシングもありません。

ちなみに、消費者金融の無利息キャッシングをいくつか挙げてみると、このようなものがあります。

 ・プロミス
  新規契約者対象に、30日間無利息キャンペーンをやっています(2009/9/30まで)。
  こういうキャンペーンは、時期を置いて再度やることが多いです。 

 ・ノーローン
  一週間無利息キャッシング。新規も既存も関係なく、何度でも一週間無利息で借りられます。
  無利息ローンといえばノーローン、と思いつく人も多いのでは。

 ・ポケットバンク
  初めての契約者に限り、30日間無利息キャンペーンをやっています(2009/9/30まで)。


人気ブログランキングへ ブログランキング 株式/ファイナンス

消費者金融ランキング

消費者金融がこれだけ世の中にあると、いざキャッシングしようとしたとき、どの消費者金融会社に申し込みしたらいいのか、自分で判断するのが難しくなってきます。

年収や職業などの融資条件、審査の厳しさ(あまさ)、キャッシング限度額、振込融資、即日融資、金利など、気になる条件をすべて自分で調べるのも結構骨が折れます。

必死になればできないこともないですが、手間と時間をかけて、自分で数ある消費者会社を比較してランキング付けするのは、普通の人はなかなかできないでしょう。

しかも、自分が調べてランキング付けして選んだ消費者金融が、本当に自分にとってベストなキャッシングができる会社なのかどうか確信を持つために、第三者が調べた客観的な情報も欲しいものです。

そんな時、各消費者金融それぞれの融資条件などを比較して、ランキング表などで一覧で見れるものがあると、審査を申しこむ人にとっては、とても便利です。

そこに目をつけて、インターネット上で、消費者金融比較ランキングを公表しているサイトも多く見られるようになりました。

そのような消費者金融比較ランキングのサイトを見ると、利用者が一番多い消費者金融はどこか、口コミの評判が一番良い消費者金融はどこか、金利はどうか、あるいは、会社ごとの審査の難易度など、キャッシング希望者が知りたい情報が掲載されています。

そういったサイトの情報を参考にしながら、最終的には、やはり自分で消費者金融会社のサイトを見たり、資料を取り寄せたりなどして、確認してから、消費者金融を決めるのが、一番自分に合ったキャッシングが受けられるのではないでしょうか。


人気ブログランキングへ ブログランキング 株式/ファイナンス

消費者金融の審査

消費者金融でキャッシングするためには、審査を受けなければいけません。

消費者金融会社が、借り入れする人の返済能力をチェックするために、審査を行います。

審査にも、厳格な審査と、それほどでもない審査を行う消費者金融があります。審査が厳しくない消費者金融について、人によっては「審査が甘い」「審査がゆるい」などと言うこともあります。

審査に通りやすいと言われるのは、有名企業のような社会的信用の高い勤め先の人、勤続年数が長い人、安定して一定の収入がある人、あちこちの消費者金融からの借入が無い人、延滞したことが無い人です。

ある消費者金融にキャッシングを申し込んで、審査がおりなかった場合、他の消費者金融でも断られることがあります。

消費者金融同士で、キャッシング・ローン利用者の情報は共有していますので、ブラックリストに載っているような申込者の審査は、通らないことがあります。

時勢柄もあり、「ブラックリストでも可」をうたっている消費者金融もあるようですが、そういった消費者金融のキャッシングには、それなりのリスクがある(例えば、審査の厳しい消費者金融に比べて、金利がかなり高い)こともきちんと認識してしておきましょう。

最近は、消費者金融の審査に関する比較ランキングサイトもよく見かけるようになりました。


ブログランキング 株式/ファイナンス