2008年06月11日(水) 1時23分
夜の町は 囁き声で満ちている
その声に 重ね たくさんの絡まる縁に
感謝するけれど
決定的なところで 一人だと感じる 私は
きっと どうしようもない 欠陥品なんだろうな
相変わらず 人に馴染めません
例えばこの肌が 緑色なら きっとこんなこと 思わなかった

町はざわめき 夏の匂いがする
私は赤い 息を吐こう

ほんとは 

2008年04月08日(火) 23時36分
いきたいところなんて どこにもないよ
やりたいことなんて なんにもないの

白昼夢の 日々
低体温症のように
指先の冷たさに 驚く

寒気に爛れる 

2008年02月07日(木) 23時32分
まるでドライアイスだな、なんて。
失笑
焼けるようにキリキリ痛む。
いっそ凍結させてくれればいい。
笑顔のフリで足下からじわりと腐る、この感覚。

涙の一つも流せれば、少しは何かかわったかな?

賛辞を述べる 

2007年11月19日(月) 8時13分
このくそったれな世の中に
生まれ落ちて今日で23年目です
適度に社会に適合できない未熟なまま
どうにかこうにか 死なない程度に愛想を尽かされず
生きてこられました
生かされてきました

こうやってまた年を重ねられたのは
不運にも 不幸にも あたしなんかと関わってしまった みなさまのおかげです


愛してやまない この世界に
百万回のごめんなさいと
ほんの少しのありがとう
そして溢れてこぼれる程の愛してるを込めて


なな

思い出す 

2007年10月13日(土) 23時59分
やらなきゃなんない 自分のために
手をうごかしたらさ 案外いけるんだ
まだ大丈夫 まだやれる
もっと先にイケる

失望させてはいけない
誰よりも自分を

拒絶反応 

2007年09月30日(日) 2時20分
決定的なところで いつだって受け付けない
孤独感を 持て余している

手のひらで 耳をふさげば
遠くからジャガーノートの歌が聞こえる
圧倒的に なぎ倒す
揺れるような 地鳴りのような

月を落として 潰してくれよ

ジャガーノートが来るまで 

2007年09月17日(月) 23時41分
希望だとかのポジティブと
絶望だとかのネガティブを
綯い交ぜにした 卵を 抱えて
ただただ待つのは辛いから
一生懸命死ぬために
一生懸命生きているだけ


曇ったガラスが うまく拭けない

記憶 

2007年09月13日(木) 0時31分
誰も彼も驚くほど 僕を覚えていない

僕は君を知ってるけれど
君は僕を知らないようで
君は僕を知ってるけれど
僕は君を知らないようで

明日の君を知ってるよ
だけど昨日の君は知らないし
今日の君には会ったことないや


そんな僕を叱らないで
僕の誠実さを叱らないで


覚えてなんて いないくせに
忘れてなんて いないくせに

なんだろね 

2007年09月12日(水) 23時53分
何にもない
何も持ってない

だから 何者にもなれない
それでもいいやって思うけど
やっぱ苦しいなぁ


誰もおらんてゆってよ
何もいらんてゆってよ
しゃーないなぁくそったれ

なんにもないよ 

2007年09月11日(火) 13時34分
伝えたいことも
残したいものも
なんにもないよ
なんもない

それでも描きたいんだ
それでいいかな
なんもないなら ないなりに
まぁ なにかしらできるでしょ
2008年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:connect7
読者になる
Yapme!一覧
読者になる