恋文(清団清) 

2005年09月02日(金) 14時21分
−恋文−

「団蔵、何読んでんだ?」
「文だよ」
「家の人に宛てたの?」
「違うよ、これは清八から。こうして時々村の近況を教えてくれてるんだ」
「ええええええええ!?」
「な、何だよ。そんなに驚く事じゃないだろ?実家からの近況報告なんて」
「う、うん…そうだね。いいなあ、加藤村の人たち元気?」


驚いたのは手紙の内容じゃなく、暗号さながらのその字に対してなんだけれど。






同タイトルのドラマがあったなあ、なんて。
ほぼ会話文のSS、久しぶりに書いた気が。私は精神的団清の清団なので、清団清と表記してみました(長次と仙蔵についても同様)。お互いに字が汚いので、特に気にならない上に直そうという気も起きない(悪循環/笑)しかし清八が字が上手かったりしたらそれはそれでとても素敵なのですが。要するにどっちに転んでもいいわけ ですよ!

清団は5年生頃両想い。告白は清八から。告白しておいてなかなか煮え切れないのとかいいです。それに痺れを切らした若旦那が積極的になって発展できると素敵。団蔵と金吾は有望すぎてヤバイ…!!

視線の行く先2(長仙+鉢雷) 

2005年09月01日(木) 3時19分


「読書に来たんじゃないのか」

ゆっくりと振り返ると、何やら古めかしい紙束を前にして此方を眺める男が1人。必ず顔を合わせる二人目の人物だ。
僅かに端を持ち上げ笑みを浮べた薄い口元からは、揶揄する雰囲気が漂っていた。

「…そうしようかとも思ったんですが」

「不破なら今しがた学園長に頼まれていた書物を庵へ届に出たところだ。じきに戻る」

それだけ言うと、ふ、と目を細めて手元の書面に視線を落とした。男のものにしては細めの整った指が頁を捲り、真直ぐな髪がそれに合わせてさらりと揺れる。こっちの目的をわかっていながらからかわれたのは少し癪ではあったものの、雷蔵の動きが知れたのでそれは気にしないことにした。小さく礼を言い、近くの棚から適当に本を手にして相手の対角線上に腰を下ろす。そっちも同じクチだろう、と出かかった言葉を飲み込んだのは、自分でも評価出来る点だと思う。
暫くして、滑らかな黒髪を背へと流して顔は軽く俯けたまま、文字列を追っていた涼しげな目元だけがちらりとカウンターの奥、今は丁度こちらへ背を向けている男へとむけられ、すぐにまた手元へと戻された。決して空気を変えることはせず、極自然に向けられた視線。しかし涼しげな目元と所作に比べ、その熱さだけは浮いていた。周りの人間は気付かない。気付いているのは自分のみ。もしかすると自分に加えカウンター内に居る、視線の先に居るあの男のみ。そして仏頂面の男が仕事の合間にこの定位置で本を読んでいる男の姿を幾度となく見遣っている事に気付いているのも、自分のみかもしかすれば視線の先にいるこの男本人のみである。お互いに気付かれていると知ってか知らずか、決して交差する事なく毎回かわされる視線。もしお互いにわかっているとすれば。


「…イチャこく場所くらい選べよな」

欠伸交じりに心中で呟き、三郎は手元の本に目を落とした。




視線の行く先(長仙・鉢雷) 

2005年09月01日(木) 3時12分
過去データ発掘品最終章(大袈裟)

−視線の行く先−

涼しげな目元からは想像出来無い程の熱い視線。
無意識の内の行いなのか。それとも。




三日に一度、図書室へと足を運ぶ。それは自分にとって既に習慣となっていた。
目当ては一つ、図書委員である自分と同じ姿をした級友…想い人。同じ姿と言っても、自分が彼の姿を真似ているのだが。
上級生ともなると委員としての仕事も増える。特に他の委員と違い図書委員や保健委員は毎日といっていいほどやるべき仕事があるので、自然と割かなければならない時間も増える。雷蔵が当番である日は何か用事がある時以外図書館へと向かい、閉館までゆっくり読書をすると言うのがいつもの流れだ。
担任にいいつけられた文書類を提出し、今日も図書室へと足を進める。
図書委員というのは上級生を中心にした当番制らしいが、割り当てられた日数に真面目に顔を出す奴は稀で、雷蔵が当番である日も他の学年は代番が来ていたりと同じ面子であることは少ない。勿論雷蔵は割り当てられた日数、授業終了から閉館時までちゃんと仕事をこなしている。
だが休日明けのこの日は、他の日とは違っている。必ず顔を合わせる人物が2人。
ゆっくりと戸を開けるとカウンターに一人目の姿が見えた。
図書委員長のその人は、相変わらずの仏頂面で何やら書面に目を通していた。

「中在家先輩、お疲れさまです」

会釈とともに声を掛けると、無言のまま頷いて返す。いつもの遣り取りだ。挨拶を終えると目当ての姿を探すべく図書室内を見回した。締め切られた空間には日差しによって暖められた空気が篭っていて、机に肘をついたままこくりこくりと船を漕ぐ生徒の姿も見られる。紙の匂いと日の香りが交じって、優しい其れは彼を連想させた。
一通り室内を見渡すも、目当ての姿を見つけることは出来無かった。昼食の時は確かに当番の日だと話していたはずだが。さては急用でもいいつけられたかと踵を返した直後、一番端の席から潜めた声が掛かった。

遠雷(きり+乱) 

2005年08月29日(月) 0時41分
懲りずに雨ネタ。2年生くらいのきり丸と乱太郎です。この二人は4年生夏くらいにくっついて欲しいなァ…昔からしんべヱは3年生で学年を離れると信じて疑ってないのですが、なんでだろう…。

−遠雷−

青い閃光が走った少し後、遠方で地鳴りのような低い音に乱太郎は起こされた。
「……う…、雨…?」
未だ覚醒しきっていない体をのろのろと起こしながら障子の向こうへと目をこらす。真っ暗な其処から外の様子は伺えないが、耳に雨音は届いてこない。
「今はまだ降ってない」
自分の頭で結論を出すよりも早く、正解が降ってきた。うつ伏せのまま布団から肩だけだして、肘で体を支える格好のまま反射的に声の下方向、障子とは反対を向く。そこには布団を一つ隔てて、同室者が3人に分裂していた。慌てて枕もとに置いていた眼鏡をかけると、既に眠っていたとばかり思っていたきり丸が下半身は布団に入ったまま、上体のみ起こしてこちらをみていた。
「…って言っても、じきに降り出すだろうけどな」
その声を聞きながら何度か瞬きをすると、目が暗闇に慣れてきた。が、月明かりも無い中で、彼の姿はぼんやりとしか伺えない。かろうじて障子の外を眺めているのだという事に気付いて、己も倣ってみる。やはり闇が広がるばかりであった。
きり丸はずっと起きていたのだろうか。
じっと闇を見つめて、遠くから近づいてくる落雷の音を聞きながら。
「さァて、寝るかな!」
場の空気を変えるかのようなきり丸の声に、思わず”うん”と返す。どちらからとなくおやすみ、と呟いて、布団に潜り込んだ。しんべヱを挟んだ隣を見ると、眼鏡を外したせいでぶれる視界の中に背を向けている彼の黒髪が白い布団の上へ滑らかに流れる様が見えた。
障子の向こうでは雨粒が地面を打ち始めていた。

蝉時雨(久々綾) 

2005年08月25日(木) 2時37分
先週の木曜日からずうっと休み無しでバイトに出てるんですが…そろそろ限界です店長!金曜の休みに向けてあと一日、頑張ろうとおもいます……現代パロでバイトネタとかいいかもしんない。明日は料理運びながらこのネタについて考えようと思います。…まじめに仕事シヨウ。

先日書いた物。ちなみにファイル名は(夏の久々綾)
そのままです。


-蝉時雨-

蝉時雨が降っている。
午前中にも関わらず日差しは刺す様に鋭く、戸を開けていても室内にはむわりと熱気が立ち込めていて、湿り気を帯びた皮膚に纏わりつく衣服の感触がなんとも気持ち悪い。寝転がった背からじんわりと伝わる板の温さといい、不快な要素もここまで集まるのかと感心してしまうほどである。
寝返りを打つと、部屋の隅、入り口の辺りに壁に寄りかかってじっと座っている後輩の姿が目に入った。この暑さだというのに普段通り涼しげな表情のまま、黙々と手元の本に視線を走らせている。部屋を訪れてからすでに一刻、こちらに話し掛ける事も無いが、こちらから話し掛ければ一言ながらも返事をするところを見ると、会話がいやだと言う事でも無い様である。かといって読書を止める素振は全く無いので、邪魔にならないよう黙っておこうという結論に達してからのも、同じく一刻程前のことであった。

一定の間隔で頁を捲る手元を眺めていると、何かが落ちる様が視界を掠めた。そこから視線を上へと運ぶと、彼の横顔の耳の横辺りに、じんわりと浮かぶ水滴がある。透明なそれは徐々に質量を増し、同時に重力に逆らうことなくやや丸みを残した彼の輪郭をゆっくりと顎先に向い滑っていく。
落ちる。
反射的に思ったが、予想は覆された。水滴はすぐに落ちる事は無く、顎先で小さな溜りを作っている。その様子と淡々と本を読み進める顔が酷く対照的で、視線を離せない。




「何か、私の顔に付いていますか」


我に返ったのは、彼に声を掛けられてからであった。
喋った拍子に動いた顎先から、溜まった水滴がぱたりと落ちて、手元の書物に小さく染みを作る。
咄嗟に勿体無い、と思ったが、何がどう勿体無いのか自分でもわかりかねて、こちらを見遣る後輩の顔をただ呆けた表情で見返すしかなかった。

蝉時雨が急に耳をついた。


一人の夜(鉢雷) 

2005年08月23日(火) 13時29分
珍しく昼間の更新。お昼の五つ子ドラマを見ながらは組に脳内変換。
たくや→庄ちゃん
みほ→兵太夫
のんちゃん→乱太郎
しんご→団蔵
つよし→きり丸
のんちゃんは伊助でもいいなぁ…

SSは鉢雷。好き過ぎてどうしようもないです…!!

−一人の夜−

静かな夜であった。
閉じられた雨戸を揺らす木枯らしも無く、部屋の中には隣で眠る級友の静かな寝息だけが響いている。
七輪の火を落とした室内の空気は冷たい。雷蔵の溜息は吐き出される度に白くその存在を主張した。もうかれこれ半刻こうやって溜息と寝返りを繰り返しながら過ごしている。

「……眠れない」

何度目かわからない呟きは、先ほどの溜息と同じようにすぐに空気中へ溶けた。
一向に重くならない瞼を無理矢理閉じるやその裏に己の顔が浮かんで慌てて目を開ける。
しかしそれは自分の顔格好であるが自分の物では無い。
未だに冷えたままの両足同士をすり合わせて暖をとろうとする。途端、以前部屋を訪れた彼が自分の布団に足を差し入れた時の、「暖かい」と言って緩んだ顔が浮かんで眉がハの字に下がる。

よくあることだ。三郎がちょっかいを出して雷蔵が怒る。どんなに怒った時でも謝り倒してくる三郎をその日の夕餉までには許してしまうのが常であった。ただこの日は、喧嘩してすぐに三郎が用事を言いつけられた。いつものように一緒に来てくれと頼まれたものの、別の奴に頼めば良いと突き放したのだった。

ついていけばよかった。
泊まりだなんて聞いてないぞ。
ちゃんと宿取れてるんだろうか。
今日は野宿するには寒すぎるだろうに。

考え始めたら切りがなくて、時間だけが過ぎていく。

外は肌を刺す寒さだろう。
暖は取れているのか。
大体謝る前に行ってしまうなんてずるいじゃないか。

心配を愚痴に変えてみても頭の中は冴えたまま、眠気は一向に遣ってこない。
たった一晩、されど一晩。

「………バカ三郎」

消え入りそうなほど小さな声で呟いて、雷蔵は今日何度目かも知れない寝返りをうった。




文→伊 

2005年08月22日(月) 0時48分
でした、ね。よくよく読み返してみると。別題「もんじの激情」…汗臭そう要するに突っ走り気味の少々引いてしまった伊作あわや放課後の保健室で
貞操の危機!そこに現れた不運小僧が語る真実とは…!!遊びすぎ遊びすぎ。


半年も経つとキャラの解釈もいろいろと変わってくるもので。当時は性格破綻者もんじと常識人伊作という捉え方だったのですが、近頃はどちらかというと逆です。6年生の中では(ココ協調)常識人の部類にはいるもんじ。常識人っぽいけどそれは単に人が良いというか、親切であるだけで、偶に少々電波入っちゃってる伊作。どちらかというともんじが伊作に振り回されてるカンジです。付き合い始めたのは4年の終わり頃、熟年夫婦のような貫禄…余裕?を醸し出しているのが理想形。マンネリとはまた別の落ち着きが欲しいです。若いのでケンカも多いのですが。伊作がもんじをぐーで殴ったら萌える…笑

PM6:37(2) 

2005年08月22日(月) 0時44分




何か言おうと微かに開いた唇から漏れたのは、制止の言葉ではなく声になりきれぬ吐息のみ。棚にピタリと背をつけている伊作の顔横にあった手が動き、ゆっくりとした動作で伊作の方へとのばされる。視線は逸らさぬまま、指先が伊作の頬へ触れようとした瞬間、保健室の戸が音を立てて開かれた。


「伊作先輩!さっき何か割れるような音が…」

「ああ、さっき手が滑って消毒液を落としてさ」

心配げに声を掛けながら、失礼します、と続けて室内を見回し、足を踏み入れる。
伊作は自分の足元出来た染みを爪先で示し、肩を竦めて苦笑いを浮べた。

「あ、ホントだ。でもよかったですよね、危険な薬品じゃなくて」
「本当、不幸中の幸いって所か…後で新野先生に謝っておかなきゃ。乱太郎はこんな時間にどうした?」
「私は補習授業です。教室に走ってたらこっちから何か割れる音がしたから…って、もうすぐ始まる!すみません、失礼します!」

慌てて頭を下げて駆け出した後輩の姿を笑顔で手を振り見送ると、手に持っていた薬品瓶を一度机の上におろす。身を屈め片膝をついて散らばった破片に手を伸ばした。

「…っつ……」

突然指先を刺した痛みに片付けの手を止める。よく見ると人差し指の先にぷつりと真赤の雫が浮かんで、重力に沿って指先を僅かに流れた。
先程、彼の頬に射していた夕日を思い出す。
搾り出すような溜息を吐き出して、伊作はその場に尻をつけて座り込んだ。血の滲んだ指先を眺めながら思い出すのは、彼の険しくて、そして表現するとすれば切なげな、歪んだ表情。
彼はいつもそうなのだ。言葉には出さず、しかし真直ぐに感情をぶつける。
自分に受け止められないほどの激情。
戸が開くと同時に身を翻して窓から消えた友の気配は完全にその周囲から消えていた。座り込んだまま薬品棚に背をつけて、天井を仰ぎ見る。大きな溜息を零して、極小さな声で呟いた。

「……僕には出来ない。文次郎」


夕日は山にその姿を隠す。
僅かに明るさを残す屋外に先駆け、光の遮られる室内に落ちる影が、その濃さを増していった。


PM6:37(文伊) 

2005年08月22日(月) 0時41分
これも去年の12月作。今とは色々違って自分で見てて新鮮でした。


−PM6:37−

何時の間にか後ろへと回った気配に気付たも時既に遅し。
帳簿へと記し終わった薬品の瓶を両手に抱えて戸棚を開けようと手を掛けた姿のまま、伊作は動きを止める。真正面にある焦げ茶色をした年季の入った棚に掌をぺたりとつけるようにして、日焼けした二本の腕が伊作の体を挟み込んでいた。
己の動きを阻む腕を横目でちらりと見遣り、きゅ、と唇を噛む。
すぐに振り返ることはしない。

「…吃驚したなぁ。なに、また何処か怪我でもしたのか」

ふ、と僅かに吐息交じりに笑みを零すと一瞬ぴりりと張った空気が急速に温度を取り戻していく。両側の腕は未だ微動だにせず、押し殺すような呼吸を紡いだ。問いかけに帰ってきたのは沈黙のみ。放課後、生徒は殆ど寮に戻ってしまう。保健室のある校舎には教師が数人残っているかいないか、独特の静けさがあった。僅かに戻ったかと思われる空気の熱を逃がすまいと、伊作は早口で続けた。

「今日は怪我人も病人も少なくて助かったんだ。新野先生も用事で留守にしていらっしゃるけど、薬品整理をする暇もあって」

最後まで言い切らぬうちに棚につけられた手がグ、と拳を握る。その様を視界に捉えて思わず語尾を濁した。こく、と喉元を動かして出しきれなかった言葉を飲み込んだ。


悟られぬように。


「………仕事が出来ないじゃないか。文次郎」

笑った声が微かに掠れたその拍子、急に肩を掴まれて強い力で振り向かせられる。抗う事もせずに棚に肩を打ち付け、く、と小さな呻きが零れた。腕から滑り落ちた薬瓶が床にぶつかって派手な音を立てる。文次郎の背後から射す朱の光に双眸を細め、反射的に顔を俯かせる。己の足元、散らばった破片の下で零れた液体がじわりと床色を濃く染めているのが目に入った。

「伊作」

低い声で名を呼ばれゆっくりと視線をあげると、幾分か慣れたのか文次郎の表情が伺えた。
眉根を寄せて眉間には深く皺を刻み、此方を睨むような視線。真一文字に結ばれた唇はそれ以上の言葉を発しなかった。この男が普段良く浮べる表情は、背後から射す夕日が作り出す陰も手伝って普段よりその険しさを増しているように見える。しかしその目元だけが苦しげに歪められている事に、伊作は僅かに目を見開いた。


―駄目だ。
―私には出来ない。

雪解け2(長仙) 

2005年08月20日(土) 2時50分
続き↓

「やっと此方を見たな」

殊更満足気に微笑んで、帳簿を脇へ置く。じっと訴える視線にはお構いなしにカウンターに越しに顔を寄せた。

「折角2人きりなんだ。少しは構ってもいいんじゃないか」

ふっと長次の眉間に刻まれていた皺が消える。正面から瞳を見つめたまま頬へ触れようとと手を伸ばすと、不意にその手を掴まれ遮られた。思いがけない行動に目を瞬かせる仙蔵には構わず、捕えた手をじっと見つめている。

「冷えている」

その言葉に己も視線を指先へと移す。成る程、長次の視線の先にある自分の人差し指と中指の先は僅かに赤みを帯びていた。

「雪を触っていたんだ。当然だろう」

そんなことより、といいかけた仙蔵の言葉を遮るように赤い箇所から指の付け根にかけて親指で2,3度擦ると徐に掴んだ手ごと口元へと運ぶ。唖然としている相手を気にする風もなく、唇を僅かに開くとそこへ暖かい息をかけ、再度親指で緩く摩擦した後大きな掌でゆっくりと包み込んだ。



雪のような仙蔵の肌が、指先よりも赤く染まったのはその直後のこと。



                                   





最後のほう、やっけつけ感がひしひしと伝わってきますが…(笑)
静かにいちゃいちゃってのが長仙の基本。
2005年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:con2xxx
読者になる
Yapme!一覧
読者になる