今読んでる論文。。。 

2005年11月25日(金) 16時07分
ちょうど、修士論文の季節だということで、とくにレビュー論文にお世話になることが多いのです。現在はGilovich, Epley, & Hanko, 2005, Shallow Thoughts about the Self -The Automatic Components of Self-Assessmentを読んでおります。

このレビューは、Alicke, Dunning, & Krueger, 2005, The Self in Social Judgment, Psychology Pressという本に載っているのですが、欲しい。欲しいのです。この本。だって、出版直前まで、この本、"The Self in Social Perceprion"というタイトルだったんですよ!もう、ぼくの関心領域ぴったりじゃないですか。。。でも、高いんですよ。

運良く、いちばん読みたかったGilovichの章はネットで手に入ったので、それに甘んじておるのですけれど。。。図書館に希望図書購入というシステムがあることを知って、いちおう申し込んでみたのですが、、、基本的にこういうのって時間かかるんですよね。先生買ってくれないかな。いや、まぁ。

このレビューは、とくに"an illusion of personal strength"という現象を扱っているのですが(なんて訳すんだろう、人格の強さ錯覚?なんか変)、その誤りの例えとして、なんだか危険な感じのする名前を用いております。さすが。

ところでこのGilovich博士、最近では「大和証券」のCMにも出演されているようです。男前です。ダイワインターネットTV。まだ、TVでは見たことないんですけれどね。前のクラメール博士はよく見たんですけれどね。

まぁ、こんなことでまた時間をかけてたらたらと書いてしまった。。。修論なんです。がんばろうと思うのです。集中すれば、年内完成だって!ある!・・・かな。と思わなくもない。これこそ、あれです、"人格の強さ錯覚"、かな。

んー。 

2005年11月24日(木) 14時07分
んー睡眠不足の日々です。
一日24時間じゃたりない!
土曜日はぐっすりねむるぞ。
と心に誓う木曜日。

楽しい日々。 

2005年11月14日(月) 12時05分
ふわふわとした慣性の中で、メールが着信する。
新しい携帯電話のヴァイブレーションは冗長で、知らせるというには充分だけれど、マナーというにはおせっかい。
それでも付属したFMラジオには満足していて、ぼくが黙っていても誰かがしゃべっていてくれることに安心感すら覚える。それでも今日は、イヤホーン忘れてしまったから思い出だけ。感傷二十代。

髪を切る。
気にする女の子。
うかつな男の子。

残り少ない今年の標語 

2005年11月08日(火) 11時14分
今年の目標を、今ごろ確認。"articulation"
さて、チョコレートの朝食を。

今日の音楽。
B00005HN3CKID A
レディオヘッド

東芝EMI 2000-09-27
売り上げランキング : 7,461
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

男前豆腐店 

2005年11月07日(月) 13時50分
「男前」で検索したらこんなのが。
んー、これは何を目的に作られたものなのでしょう。
本当に、豆腐屋さんだったりして。
ほんとにうってるのか?
むぅ。

ところで、なに探してたんだっけ...

今日の音楽
B000B7MC9Eプレゼント
玉置浩二 松井五郎

ソニーミュージックエンタテインメント 2005-11-02
売り上げランキング : 834
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
このぼくが、毎週ドラマ見てるんです。
この世界には、愛があふれてる。

いいじゃないですか、本当じゃなくっても。
そう思ってるうちに、そうなってしまうかもしれないし。

ふとおもった 

2005年11月02日(水) 9時54分
妻夫木聡は、スヌーピーのイメージ。
以上。

今日の音楽
B0007QPRDWあなたと私にできる事
安藤裕子 山本隆二

エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2005-04-27
売り上げランキング : 23,483
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
B0002L4DW8Middle Tempo Magic(CCCD)
安藤裕子 山本隆二

エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2004-09-08
売り上げランキング : 5,205
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

学振の結果 

2005年10月27日(木) 16時12分
んー。学振だめでした。残念。まぁ、つぎつぎ。しかし、通知が見開き式のはがきで来るとは・・・。ガス料金の通知かと思った。

がんばるのだ。

今日の音楽。
B0009S2PJ2空創クリップ
スキマスイッチ GRAPEVINE

BMGファンハウス 2005-07-20
売り上げランキング : 251
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
澄んだ気持ちだと、世界が澄んで見えてしまう。

ものものしいもの 

2005年10月21日(金) 11時39分
タイトルに意味はありません。内容もきっと同様に。

蛍光ペンが切れそうです。
これはそうだ、大学院の勉強をするときに、大きくて重たい英和辞典を買って、一度調べた単語の繰り返しの忘却を抑制するために、マーカーで印をつけるためのものだったのですけれど。もうずっと何年も使っているのですが、こういうのって、なかなか使い切れないですよね。たいてい、インクを使い切るまえに、ペンごとなくしてしまう。部屋の中でなくしたはずなのに、二度と見つからない。

こういうことって、よくあります。どこいっちゃったんだろ?

自己中心性ノート 

2005年10月18日(火) 13時52分
自己中心性[egocentrism]―自己の認知的枠組みを過度に適応する傾向。
自己確証[self-verification]―自己知識が正しいことを示す証拠を集める傾向。
自己認知の複雑性[self complexity]―「適度に」分化しつつも統合を保った自己知識。
動機付けられた推論[motivated reasoning]―上記のものを含むような、自己関連の認知・感情に動機付けられる推論方略。

のようなシステムによって、アイデンティティの感覚はより強固なものにされていると考えられる。実際、それらの関係は、Conwayやら、その他の自己知識の記憶システムについての理論によって、あるていどモデル化されてるにせよ、よくわかってないんだけれど。ね。

大学院生は自己変革をめざす 

2005年10月14日(金) 16時29分
院生である限り、学会や、研究会や、ゼミなんかで、一見馬鹿な質問してもただ静かに聞いてても周りからの評価は変わらないのであれば、つまり、まだ失敗することがゆるされると考えている人が周囲に多いのであれば、ぼくは進んで失敗すること、というよりも、何が失敗で何が失敗でないかを誰かの行為よりも自分によってなされた行為で確認したいと思うようになりました。なんて、無駄にまわりくどく言ってみました。最近はがんばって質問しようとしている、ということです。

進んで質問することにはいくつかの有用性があると思います。一つには、やはりその場で質問を短時間kで構成する思考力を養うということ。二番目に、単に場に慣れるということ。いざ質問したいときにできないと困りますね。三つ目に、発表者の意図をより簡単に推し量れるという点。これは単純にそうとは行かないのでしょうけれど、誰かが質問してるとき、第三者として発表者の意図を社会的に学習しようとするときに、余分に質問者の意図も推測する必要が出てくるでしょう(質問者が実力を持ってると感じる場合、その人の思考をトレースするという意味では、人の質問を聞くのもトレーニングでしょうけれど)。四番目、これは前の三つの要素が絡まってるとも思いますが、何が良い質問で何が悪い質問か、手探りできるという点です。その場の参加者とか、場の空気とか、自分の思い込みとか、その領域についての自分の理解度の理解とか(メタですね)、そういったものを探索できる。

運良く、ウチの講座はこういう質問やら何やらを歓迎する雰囲気があります。ありがたいことに。今のところ、質問の競争や時間が足りないなんてこともあまりないですし(皮肉かな)。

今日は卒論の中間発表会でした。成果は・・・、正直詰めが甘かったかと思う。まだ、質問すること自体に満足してる気があるね、とうどうくん。