素晴らしいシナリオだった。「Ever17~the out of infinity」

November 17 [Sun], 2013, 22:28
素晴らしいシナリオでした。

ある仕掛けによって、このシナリオはアダルトカードゲームでしか成立しないものになりました。アニメ化やドラマ化は絶対にできません。小説にも。

そのゲームシステムですが、本当に素晴らしかった。完全にだまされました。

だまされたことすら、きづかずにプレーしていて、今までの総プレー時間25時間くらいだまされていて、謎が解けて、あ!今までうちだまされてたんだと、初めて自覚した時、鳥肌がたち、心臓がとまりそうなほどびっくりしました。快感でした!

この仕掛けというかトリックを考えた人本当に神だよ!

結論からいえばギャルゲーということさえ嘘だった!
はっきりいってこれはもったいない!

世間ではギャルゲーに偏見をもってる人のほうが多い。
そーいう人はこのゲームを買うことはないでしょう。
これでは、プレーする人も限られてくる。
本当にもったいない!

このゲームの真の目的を表記して売れば、もっとたくさんの人のプレーしてもらえたかもしれません。

しかし、それはできなかった、ギャルゲーと嘘をついて売らなければならなかった。それはこのゲームをやるプレーヤーをだますために、ギャルゲーという先入観をうえつけなくてはならないから。
そして、先入観により錯覚現象をおこしだまされてることにきづかずにプレーさせる。


全て、ゲームをやる前から計算されていたのです!

最初から全て計算されたシナリオ、伏線、違和感それが、きれいにまとめられる後半は鳥肌ものでした。本当に一人でも多くの人にプレーしてもらいたい、神ゲーです。