薬を使いながら便通を良くしよう!

April 10 [Wed], 2013, 8:35
裂肛(切れ痔)になってしまった場合、薬物治療を行いながら生活療法によって便通を良くしていくことでより効果的に裂肛を治すことができます。

もともと裂肛を起こしてしまう原因は便秘などで便通が悪いことによるものであり、水分を失われたカチカチの便が肛門を無理に通ろうとすることで傷を付けてしまうことです。

一度傷ができてしまうと排便のたびに硬い便が傷にあたってしまうことで激しい痛みが伴うようになってしまうため、薬で傷を治療しながら、原因であるカチカチ便を改善して便通を良くすることが重要なのです。

もし裂肛を起こしてしまった場合には、繰り返して慢性化してしまう前に症状を改善するようにしましょう。

まず、座薬や軟膏などの薬で傷の痛みの症状を和らげながら傷を治していきます。

それと同時に問題である生活習慣を改善しながら便通を良くしていきます。

たとえば生活習慣が不規則であったり、肉や脂っこい物などの栄養バランスの偏った食事を毎日続けていたり、普段から運動不足であったりなどです。

便通を良くするためには腸内の働きを良くする習慣を身につけることが大事なので、規則正しい生活習慣を送るように心掛けて、近年不足しがちな食物繊維をできるだけ摂るように意識することが大切です。

また、運動不足や水分不足も腸の働きを悪くしてしまうので、少しの時間を使って15〜30分歩くようにしたり、こまめに水分補給することも大事です。

食生活を見直したり水分補給を心掛けることで便の内容物も良くなって、カチカチの便が解消されることで困難だった便の排泄もスムーズになります。

こういった健康的な生活習慣を普段から意識して行うようにすることで、便通が改善されて裂肛の治りも良くなるだけでなく、便秘や切れ痔の予防にもつながっていくのです。


切れ痔 ガン
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:retu
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/comfortflights/index1_0.rdf