ペット 

2008年01月11日(金) 18時48分
yaplog!を1年以上もほったらかしにしていましたが
ペットを飼い始めました。
様子を見にときどき来ます。
よろしくお願い致します。

吉祥寺の限界 

2006年11月13日(月) 17時39分
先週、妹と吉祥寺で用を足した帰り
西荻には戻らず、プチ都会で夕食を食べることにした。

「何食べる?」
「おいしいもの」

おいしいものか。難しいな。
こんだけ店はあるけれど
あんまり知らないし、若者向けの店が多いし。

4〜5年前に一度行った割烹を思い出し、電話をしたら
「お席、ご用意できます」と言うので行ったのだが
店に入り、メニューを見て「しまった」と思った。

アラカルト(一品料理)がなく、
すべて「おまかせコース」だったのだ。

6000円、7000円、10000円、12000円と微妙な設定。
「どう違うんですか」と給仕係の女性に聞いたら
「素材が違います」ですまされた。

大将(オーナー件板前さん)に聞けばわかるかなと
忙しそうにメシ作っている隙に同じことを聞いたら
「素材が違います」。

だから、どう違うのよ。

「うちは全ておまかせになっています。
何か苦手なモノはありますか。青魚とか」
「特にないです。青魚も好きです。野菜が多いのがいいです」

「わかりました」

え〜 それだけでほんまにわかったんかいな!
と突っ込みたいとこだが、黙っていた。 シ〜ン
しかたないので中庸の7000円のコースを選んだ。

数分後、出てきた先付けは
「鉄皮の酢の物」「鱈白子の辛子酢味噌和え」
クリアです。
お造りはクエ。肝挟み。
旨い。クリアです。

カウンター横の先客をふと見ると
「金目鯛の煮付け」を食べていた。
苦手ではないが魚はキンメ以外の方がエエなぁ。
でも「煮物なに?」と聞ける雰囲気でもないし…
ドキドキしながら待っていたら
「クエと野菜のスープ仕立て」
大クリアです。ゼラチンたっぷりで旨い。

飯物は小さなお雑炊
デザートは柿2切れ。 よい。

お勘定して店を出て
舌と腹は満足しつつ、気持ちはモヤモヤしながら歩いた。

なんか、こう。
あのシステムと接客に納得できない。

「おまかせコース」て、お店側がこれと決めた素材で
メニューを構成するため
ムダが出ないので、提供する料金は安くできるし
料理を出す時間も安定しているというメリットはある。

がしかし。
コースはだいたい、量が多すぎる。
それほど食べたくないものが出てくることもあるし
逆に、他に食べたいものもある。

百歩譲って、コースでもよいとしよう。
じゃ、6000円は金目鯛、7000円はクエ、10000円は鯛、12000円はふぐ
等と書きましょう。じゃなきゃ何選んでいいかわかんないよ。
今回の場合なら
「今日はクエのいいとこが入ったんですよ」
「どうやって食べるの」
「肝と一緒にお造りと…あとはスープ仕立てで、
最後は雑炊にしてもおいしいですよ」
「お!いいね〜!」なんてさ。(脳内劇団ひとり)
料亭と違って、割烹は、そんな会話や即興性が楽しいのに。

帰路、姉妹でがっくし歩きながら
妹が「味はいいんだけど…これがこの街の和食の限界か」と
つぶやいた。

和食の激戦区(京都市中、東京なら中央区港区界隈か)じゃないから。
でも銀座や赤坂に行く人も全員そこに住んでいるわけではないので
武蔵野界隈にも需要はあると思うのだけれど… 難しいのかな。

画伯 

2006年02月05日(日) 17時02分
さっきまで「石けん」の記事を書いていて
イラストを描いてくれる方に
ラフを送った後で気がついた。

石けんの原料となる油で
ヤシ油、大豆油、ラードを
ビジュアル化したかったんだけど…



ラードが牛になってる。豚だよ。

でも豚に見えなくもない?
牛にも見えないけど。
鼻の輪っかとまんだら模様が余計だった…
どうか豚に見えてくださいますように 

にしても、絵のうまい人とゆうのは
表現のテクニックだけではなく
記憶力もよいのだなぁ・・・・憧れる 

人を好きになったりすること 

2005年08月31日(水) 12時31分
最近マンションでよく会うギャル系の女の子がいる。
こっちは朝なんだけど、向こうは夜の延長?だったり。
でもドア開けて待ってあげてたら「ありがとございます〜」て
脳は薄そうだけど顔と性格は可愛いのだ。

昨日朝、ゴミ出しに行くときにその子が
マンションの前に座って携帯電話で話をしてた。
お昼過ぎにコンビニに行くのに外に出たら雨が降っていた。
女の子は同じ場所に傘をさして座って電話してた。

夕方、一階に下りていったら
オートロックが開いた隙に入ってきたんだろう、
ロビーの隅っこに座って電話してた。

鍵がないなら管理会社に言えばいいし…
彼氏を待ってるのかな、
開けてもらえないのかな、
入れない事情があるのかな、
と考えたら胸がきゅうんとなりました。
おばちゃんとしては電話代も気になったけど。

仕事が終わって降りていったときには
さすがに姿がなかったけど、
たぶん8時間くらいいたんだよ。

悲しいけれど、懐かしい感じ。
自分はそんなことできない年齢で、
彼女の若さがうらやましかった。

後から考えたら
馬鹿馬鹿しいことだったりするけど
その年齢にしかできない馬鹿は
やっといてもいいのでは、と思ったりして。
(違法行為は除く)

野球離れ 

2005年08月20日(土) 18時06分
世の人々の野球離れを防ぐために
プロ野球でストライクゾーンを広げて、
試合時間の短縮を図るという動きがあるらしい。
時間が短くなれば皆が球場に来るようになり
テレビの視聴率が上がるんだってよ。
バッカじゃねーの?

読売は、ホームランを打った選手を出迎えないとか
テーマ曲は最初の一回にするとか、時短に懸命やけど
こないだ(桑田先発の日)みたいに
一回表が終わるのに30分もかかってたら
なにもかも「しおしおのパー」やん。
ファンに球場に来てもらいたいなら、
相手方の選手のテーマ曲流すくらいのサービスしなきゃダメよ。
時短サービスするなら、100回まわすくらいせな(何を?)

まず、選手とファンを大事にすることと強くなることが先決だ。
(近鉄時代、皆にあんなに愛されていたローズを orz.......)

野球をサッカーと同じようにしたいって発想が短絡的すぎ。
全然違うものなんだということから
理解を始めないとホントにダメになるよ。

わしにとっては、野球場での観戦は花見と同じ。
味方の攻撃の時には応援して
相手の攻撃の時にはトイレや買い物に行ったり
モニター見ながら煙草と焼き鳥の煙にまみれ
アホどもの床屋談義を聞いたり、
飲んで食ってバット振り回して万歳して
結局試合そのものは全然見てないね。
勝ったか負けたかだけ。
それすらヘタしたら翌日には忘れてる。

ファッションデザイナーの小西某が、甲子園に高校野球を見に行って
ユニフォームをもっとファッショナブルにしなきゃ、といっていたが。
これもアホ草。いいの。あれで。ベルトびっしーで短いズボンで禿で。

張本の「野球選手は耳を出せ」もウザイけど
阪神の選手に、オサレにされて
ふにゃダンスとか踊られた日にゃ
焼き鳥の串で刺しちゃうかもしれません。

田舎のカワイイもの 

2005年08月18日(木) 13時29分
寄生二日目の土曜日。

高校のプチ同窓会(3人)。他のふたりは広島と倉敷から。

遠方から訪ねてくるお客さんも多いという、
うちの市内では珍しく小洒落た料理屋でランチ。

その後、茶でもしばこうと喫茶店を探したけれど
お休みばかりで全然見つからなくて(田舎!)
結局、結婚式場の喫茶室に行った。ソファふかふか。

そうじのおばちゃんかな?と思ってた人がじつはサービス係で
前掛けしてて小ちゃくて優しいのだが、耳が遠い。
床に膝をついて「何にしましょ?」というので
わし「メニューありますか?」
オバ「ミルク?」
わし「メニュー」
オバ「ェ…ビール?」
わし「いや、メ・ニュ・ー」
オバ「ごめんなさいね。メニューはないんです」
わし「何ができるの?」
オバ「コーヒーと、紅茶と…あと、あんまりないんですけど…」
わし「ミルクとビール?」
オバ「そうですね」
わし「じゃ。コーヒーくださいホットで」 友1「私も」
友2「私は紅茶」
オバ「紅茶はレモンとミルクどっちにしましょう?」
友2「ストレートで」
オバ「あたたかいのでね。お待ちくださいね」
てこてこてこてこ(厨房へ)
友1「ストレートって、通じてないかもしれんよ」
わし「あの場合はどちらも要りません、が正しかったな」

我々の心配をよそに、ちゃんと
フィルターで落としたコーヒーとストレートの紅茶が来た。
お客さんは全然いなくて、自分ちみたいにダラダラして
16:30頃、「お水ください」て頼んだら
おばちゃんがお水をコップに入れてくれながら
「私、4時で終わりなのでもう失礼させてもらいますけど
いてもらってけっこうですので、ゆっくりしてくださいね」
と、他のテーブルを片づけて帰っていきますた。

言い出せなかったんや〜おばちゃん。帰るって。
myカワイイもの列伝に入れてあげよう。

寄生してきた。一日目 

2005年08月17日(水) 12時55分
13日土曜日
朝、東京にいる友だちに電話したら
「今日の昼頃東京を出て岡山に帰る」というので、
時間を合わせて帰ることにして
岡山駅近くのカウンターの店に行った。

甲子園でちょうど地元の高校が2回戦を戦っており
ラジオを聴きながら、盛り上がりつつ飲み食い。
友だちもその店のママも「予想表」持ってたよ。
やっぱりみんなやってんだ…。
自由が丘の飲み屋(虎キチのママがやってる)主催のは
高校野球マニアが作成しているらしく、コメントが面白い。
来年は参加させてもらおっと。

しばらくしたら
高知のよさこい帰りという父がやってきた。
友だちは「バスがあるうちに」と先に店を出たので
親子でさっくり飲んだ後、電車に乗った。

気持ちよく寝ていたら「おい」と父に起こされ、
見ると、目的地を通り過ぎた後であった。
互いに乗り越し常習者なので、
一緒だからと言っても全然あてにならん。

一駅だったので「まだ傷は浅いな」といい
タクシーに乗っておうちに帰りますた。

夏の甲子園(の裏のこと) 

2005年08月12日(金) 10時58分
今回の高校野球甲子園大会で
高知代表だった明徳義塾が部員の不祥事で出場停止となり、
繰り上げて県大会準優勝の高知高校が代表になった。

県大会で負けた高知の3年生部員は、
「俺らの野球生活もこれで終わった〜〜」と
髪の毛伸ばしたり眉毛そったり
田舎に帰ったり、放浪の旅に出たりしていたらしく
いきなりのミッションにかなりとまどった様子でした。

予想通り、高知高校は初戦で敗退したわけですが、
妹がボソッと
「トトカルチョ…どうしたんかな」という。
高校野球と言えば賭博。もとい
日本の各所(飲み屋、職場、怪しい組織)で
「優勝校予想」が楽しまれています。
出場47校、優勝の一校予想では、もし一回戦で負けた場合
その後がたいへんつまらなくなるため、
点数制にしたり、枠予想したり、最後まで楽しめるよう
主催する会によって工夫が凝らされています。

出身地などをからめつつ、データを睨みつつ
あれこれと予想するのは楽しい作業です。

明徳義塾は優勝候補にもなる強豪だし
上の方に予想してる人は多かったと思うのね。
それがいきなり、出場停止。

「始まる直前やったし、どうしたかな」
「そのまま振り替えじゃきついよな」
「明徳と高知じゃ計算が違うもんな」

そのあたりは主催者の裁量で、そのままいくか
予想し直しかにしたんだろうけど、

「ホンギョウの人たち、おおあわてやろな」
「うわ〜えらいこっちゃって、事務所が騒然として」
「たいへんなことになってる」(笑)

罪作りだなぁ、高野連。

萌系 

2005年08月09日(火) 10時30分
ANAのCA歴代フィギュア全10種類。
いわゆる「食玩」なんだけど、
コンソメスープ一袋+フィギュア一体で400円。

初回販売は即売り切れで、現在は第2回販売だそうです。
週末に長崎空港の売店で見つけて、思わず箱買い(6個入り)。
しかし、一番のお目当て(五代目)は入ってなかった。



でもかわいい。 ヱ…キモいですか?

海洋堂ってすごいわ。
ヱビスビールのおまけの「九州物産展」も集めています。
集めるっちゅーか、ビール買うから集まってしまうのだけれど。

「シロクマ」「モツ鍋」「ムツゴロウ」「別府温泉」
「西郷どん」「長崎チャンポン」「吉野ヶ里遺跡」
セレクトも渋いが、ディテールにこだわりを感じます。
プロの仕事だわぁ・・

ドレスコード 

2005年08月04日(木) 12時06分
ひさしぶりにエンピツに日記書いたわ。
二ヶ月ぐらいほったらかしにしていたんだけど
どうせ見てる人も少ないし(こっちもやけど)

浴衣で歌舞伎座に行くのはやめてください。
てことを書きました。

その続き(粘着)

林某によれば
最近は「歌舞伎座にも着ていけますよ」
と浴衣を売りつける業者もいて、
それを真に受けるヤシがいるのだそうで、
それが3階席あたりの若い子なら失笑ですむけれど
桟敷席にいい年をした婦人が浴衣で座っているんだそうである。

恥ずかしい。

夏祭りや花火に行くのはイイよ。
球場でも最近、浴衣姿の人を見かけるが
それもイイ。むしろがんばってると思う。
でも、歌舞伎座はイカン。
あるクラス以上の飲食店もイカンです。
まあ、ビアガーデンとか安居酒屋までやな。

飲食店の雰囲気(格)を作るのは
店構えや室内装飾、テーブルウエア、料理だけじゃない。
店員の身なりやふるまいもそうだけれど、
そこにいる客も大きな要素なんである。
それなりの店にドレスコードがあるのはしかたない。
それがイヤなら行かなきゃいいんだよ。

ついでにいうなら
「食べ歩き」というものが嫌いだ。
「どこどこの名店に行った」
「おいしかった」
「たいしたことなかった」

店とか飯とか、その時間を楽しんでいない。
行ったという記録だけを楽しんでる。

だいたいグルメにありがちな
「先代の時はよかった」ていうセリフも嫌い。
「わて、ず〜と贔屓にしてまんねん」ていう
自慢が見え見え。
それが次の世代に受け継がれていないのは
先代に引き継ぐ力がなかったということです。
Comment
アイコン画像つみ
» 画伯 (2006年02月06日)
アイコン画像店長どん
» 画伯 (2006年02月06日)
アイコン画像画伯
» 画伯 (2006年02月06日)
アイコン画像れーこ
» 画伯 (2006年02月05日)
アイコン画像Bump
» 画伯 (2006年02月05日)
アイコン画像Bump
» 画伯 (2006年02月05日)
アイコン画像れーこ
» 人を好きになったりすること (2005年09月01日)
アイコン画像店長どん
» 人を好きになったりすること (2005年08月31日)
アイコン画像yurigon
» 人を好きになったりすること (2005年08月31日)
アイコン画像かとうとおる
» 人を好きになったりすること (2005年08月31日)