冷たくて美味かった 

2007年08月04日(土) 22時15分
久しぶりにシアトルに行ってきた。外国ではなく、コーヒーの方。
学生の頃はよく行ってたんだけど、仕事が始まって友だちとまったりする時間が減った今、なかなか行く機会がない。今日は暑かったし、何か甘いものも口に入れたくて、立ち寄ってみた。もう遅い時間だったし、家でゆっくり飲もうと思って入り口のところでメニューを見てたんだけど、400円の値段にちょっとあいたたた。出せない値段ではないけど、アイス一個買った方が得だよなぁでも久しぶりだしなぁ・・・と立ったまま5分くらい悩んだ挙句、入った。

レジでむかえてくれたのは、20代後半〜30代前半の店長(仮)。ひょろっとした痩せ型の男の人。この人結構前からいる。他の従業員は皆若い女の子ばかりなので、きっと店長と私が勝手に思い込んでるだけなんだけど。
で、この人なんだけど、よく静かに慌ててる。この前カプチーノ頼んだら、「少々お待ちくださいませ」って落ち着いた声だったのに、作業に取り掛かると上に乗っけるクリームの配分を間違えたらしく、コップからあふれるクリームを目の前にアワワワワ!ってなってた。声にこそ出してないけど、動作でえー!えー!どうしよーて動作してた。何事もなかったかのように新しいのを作ろうとしてくれたんだけど、2度目も、自分の思ってた量よりも意外に多かったのかアワワワワ!ってなってた。かろうじてこぼれてはなかったから、そのままの状態でくれた。きっとこれ以上待たせたら悪いと思ったんだと思う。てんこもりだった。「ありがとゴザイマシター」って早口で言われた。少ないよりはずっといいんだけど、あのね、運ぶのちょっとたいへんだったんだ・・ヨ?

そんなこんなで(私の中で)印象深い店長(仮)。ちょっと見ない間に、動作が機敏になってた。メニューを注文してすぐ、作る動きに迷いがなかった。横目でちらっと次は何をするのか確認しながら手は動いてた、みたいな。ミキサーを使うとき片足曲げてた。店長!余裕!そのままステップ踏んでターンしそうな勢いだった。私も仕事がんばろう。店長見て思った。


今の世の中危ないし 

2007年08月03日(金) 23時49分
よく光フ●ッツの勧誘がくる。今年に入って確実に10回以上は来てる。
最初は「せっかくですが、お断りしますー。」と丁寧に遠慮させて頂いていたのですが、が。もう本当にしつこいからいや。無言で切ってもいいんだけど、まだしてない。でもこの前、しつこすぎて「正直、不快です」って言った。さすがにそこまでいったら、当分は来なくなった。もし受けたら、きっと料金も安くなる、かもしれないけども人の都合も聞かず何回も何回も何回も。そんなとこにお世話になりたくないという意地もあるし。しかもこっちは部屋着でうだうだしとるんじゃー。そんなときに狙ったようにくるんだもの。しかも全然人の話聞かないんだもの。

けど、この前のお兄さんは、ちょうど暇で暇でしょうがないときに来られたからインターフォンごしに20分くらい話した。長時間話す用に作られてないから、途中ぶつぶつ切れるんだけど、そのたびに受け取って話した。NT●の愚痴を。お兄さんは低姿勢だけども、きちんと仕事をしようとしていた。私の言い分に同調しながらきちんと謝罪をしてくれ、それでも説明をしようとする姿勢は崩さなかった。お兄さんは営業が上手いなぁと思った。ちょっと受けてもいいかもって気になった。あぶない。


はじめに 

2007年08月03日(金) 21時02分
ブログを始めようと思って4ヶ月。あっという間に8月です。
で。うらっと勢いづいたときにやらねば、と思い始めてみました。
今日から新しい私。
ということで雑記帳と称して、思ったことを思ったときにつらつら書いていきたいです。
本当は毎日書くのが理想なんだろうけど、きっと時間的にも気力的にも恐らく続かないので最初から無理はしないことにしました。ハードルは低く、常に設定。
自分だけのために言い訳を用意する人です。えいえいおぅ。


P R
最新コメント
2007年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
http://yaplog.jp/colored726/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる