2013年元本保証について

September 27 [Fri], 2013, 13:10
資産運用をするにあたって、元本保証がある商品が安全でいいと考えていたのですが、元本保証っていうの
は法的にあんまりない商品みたいですね。

元本保証をうたった不動産の商品や株式投資などあったら、それは法律違反みたいです。

元本保証の商品であるとしたら、銀行の預金ぐらいみたいです。

資産運用の初心者の私はちょっと前までこの事をしりませんでした。だから元本保証の不動産ファンドを結構さがしていたのですが、やっぱりないんだなぁと思って定期預金に路線を変更しようか考えている所なのですが、個人向け国債って、安心は保証されているけれど、金利の低さがどうやってもネックに感じてしまいます。

そして、満期まで待っている覚悟も必要だし、なんだか損?なきがします。どうせ資産運用をするのであればそれなりのリターンを期待してしまうのは私だけでしょうか?

あと、元本保証っていうのは、調べると分かると思いますが、あくまでもお金を貸してもらった側が期日にはきちんとお金を返しますよ、そして利子もつけますよという約束をしているだけだそうです。

だから、倒産してしまったら元本保証も何もありません。きちんとお金を返してくれて利子をちょっとつけてくれるだけであれば、元本保証ってそんなに魅力ではないのではないかと自身で思ってしまいました。

銀行は世の中のお金が余っているところからお金を預かり、不足しているところにお金を貸すという仕事をしています。銀行は企業などにお金を貸し出すときには、そのお金の貸し賃として利息をもらい、その中から利益を確保したあと、一部を預金の利息として私たち預金者に支払うのです。

だから預金伊金利よりも貸し出し金利の方が高くなるそうです。

銀行だから安全だし、元本保証だから安全ってわけでもないみたいです。資産運用をするにあたって、やはり私はリスクの覚悟が必要なのではないかと改めておもいました。
カテゴリアーカイブ
最新コメント
月別アーカイブ
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:資産運用アドバイザー
読者になる
http://yaplog.jp/colorchocolat/index1_0.rdf