日々の何気ない事を 書き連ねています

2005年10月
« 前の月    |    次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:color_of_mind
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
「存在」 / 2005年10月20日(木)
見た目は単純で
簡単そうで、、

誰にでも出来そうな
事だけど、、

例えば、、

貴方が居るだけで、

それだけで、
寒い冬の日、、

手の中に握りしめた
缶コーヒーの様に

胸の真ん中が、
ほんのりと温かくなる

それはきっと、、

誰かじゃなく
貴方だから、、

ただ、
そばに居るだけで、

ただ、
そばに居るだけなのに、、

見た目は単純で
簡単そうで、、

誰にでも出来そうな
事だけど、、

それなのに、、

ただ、、

そばに居る事の難しさ

そして、、

大切さを知りました
 
   
Posted at 22:17 / 生活 / この記事のURL
コメント(0)
「優しさ」 / 2005年09月16日(金)
「やさしさ」を
探してたら、、

「つよさ」へ
そして、、
「はかなさ」へ

辿り着きました

「優しさ」を
探してたら、、

「うれしさ」へ
そして、、
「かなしさ」へ

辿り着きました

本当の優しさって、
何処にあるんだろう?

それは、、

何にも揺るがない
強い心の中にこそ

あるのでしょうか?

触れたら、、

折れてしまいそうな
繊細な心の中にこそ

あるのでしょうか?

笑顔で伝えられる
優しさもあれば、、

涙を隠して伝えなければ
ならない優しさもある

何が本当の優しさ
なのかはきっと、、

伝える自分ではなく
伝えられた貴方が

何かを感じて思う事で

初めて見つけられる事
なのでしょうね

まだ、、

ちゃんと優しさを
伝えられない

そんな自分も

いつかは
本当の優しさを

貴方に伝えられる日が
来るのでしょうか?

だから、、

その日が来るまで
気持ちを言葉に乗せて

貴方に送ります

本当の優しさを
見つける為に、、
 
   
Posted at 22:31 / 生活 / この記事のURL
コメント(0)
「居場所」 / 2005年09月16日(金)
何処にある
って訳じゃなく

何処にもない
って訳でもない

「居場所」

それは、、

待ってて見つかる
場所じゃなくて、、

自分で作る場所

たぶん、、

「ここに居るよ」って
伝える事から始まる場所

自分の場所だから、、

傷付く事、
傷付ける事も

良い時もあれば
嫌な時もある

逃げ出したい時
だってある

それでも、、

自分の場所だから、、

誰の為でなく
自分の為の場所だから、、

居場所を作る事から、
逃げないでほしい

人と比べたら、、

ちっぽけな場所
いびつで凸凹してる場所

そんな場所かも知れない

笑われたり、
陰口を叩かれる

そんな時だって
あるかもしれない

でも、、

それは確かに
自分の居場所

下を向かないで
振り返らないで

前を見て胸をはって
叫んでください

「ここが俺の居場所」

そんな貴方の場所

誰が認めなくても
俺が認めてあげるから、、

居場所、、

待つ事じゃなく
自分で作る場所

「ここに居るよ」って
伝える事から

生まれ始まる場所
 
   
Posted at 05:51 / 生活 / この記事のURL
コメント(0)
「時」 / 2005年09月13日(火)
部屋の明かりを消して
窓から差し込む街灯に

優しく照らされた二つの影

カチカチと刻む針と
刻々と流れる二つの時間

街灯の明かりに
照らされた二つの影が、、

同じ時を刻んでいる

普段は別々の早さで
刻む二つの時が、、

今は同じ早さで
静かに時を刻んでいる

時のはやさは、、

きっと、、

一人一人違うの
かもしれない

でも、、
今、確かに、、

二つの時が刻む時間は、
一つに重なりあっている

カチカチと刻む針と
刻々と流れる時間の中で

二つの影が刻む時が、、

今、一つになって
動き始める

部屋の明かりを消して
窓から差し込む街灯に

優しく照らされた二つの影

新しい夜明けを告げる時を、、

静かに

そして、、

とまる事なく

今、一つになって
刻んでいる
 
   
Posted at 06:42 / 恋愛 / この記事のURL
コメント(0)
「その先に、、」 / 2005年08月27日(土)
うだうだ考えるなら

まず、動いてみたら?



動いた先に見える

何かがあるから、、



当たって砕けたら

砕けたで良いじゃん



また、一から始めれば

良いだけなんだから、、



何をそんなに考えてるの?



誰もが初めは

何もなかったんだよ



いつしか日々の生活の中で

身につけた物に執着する



そんな、、



自分をみつけたのなら、、



全てを壊してみても

良いかもしれないね



まあ、、



それが一番難しい事

なんだけどさ



そんなに気張って

色々と考えてたら



何も変わらないよ



とりあえず、、



出来る事から、

はじめてみようよ



傷つく事

傷つける事



怖がらないでね



きっと、、



その先にある何か、、

見つけられるよ





****************************



今日のお勧め商品




****************************



ランキングに登録してみました。

宜しければ、クリックをお願い致します。



人気blogランキング




****************************
 
   
Posted at 05:51 / 生活 / この記事のURL
コメント(0)
「明日」 / 2005年08月25日(木)
何かの壁にぶつかって

立ち止る事もあるけど、、



立ち止ってたら

昨日の自分と変わらない



だから、、



泣きたい今日も

立ち止りたくない



明日の自分を見つけたいから



泣きたい今日はきっと、、



新しい自分への扉

その向こう側を見てみたい



明日の自分と出会う為に、、

笑顔の自分に出会う為に、、



****************************



今日のお勧め商品



****************************



ランキングに登録してみました。

宜しければ、クリックをお願い致します。



人気blogランキング



****************************
 
   
Posted at 14:30 / 恋愛 / この記事のURL
コメント(0)
「犯罪 後編」 / 2005年08月15日(月)
また、薬物反応や精神鑑定の結果では、
罪にさえ問われる事のない人を、、、

「幼児期のトラウマや家庭環境が、
犯罪を引き起こす要因になった」と、
カウンセラーの診断により、
罪を犯した本人にもやり直す機会を
与えようとしています。

やり直す機会が本当に必要なんですか?

被害者は、やり直す機会は与えて貰えないんですか?
時間を戻す事が、出来るのならそれも可能でしょう。

日本は、基本的人権の尊重・平等を、謳っています。

ならば、加害者本人のみを保護しては
可笑しいのではないでしょうか?

死刑にするべきだとは云いません。
云いませんが、妥当な判決なんでしょうか?

また、法律で定める所の刑期を終えて出てきても、
情報は公開されないのは、何故でしょうか?

そうですよね、公開すれば、
遺族の方に襲われるかもしれない、、
自分が今度は、同じ目にあうかもしれない、、

普通に社会生活を、営む事が
出来なくなるのは目に見えてます。

ですが、それで良いのではないでしょうか?

同じ目にあうかもしれないと、
思いながら生活をするのも、、

いつ、被害者の関係者に襲われるかもしれない
と言う恐怖と隣り合わせの日々を、
過ごさなければならなくなっても、、

それが、自分の犯した罪を
本当の意味で理解し償う事に繋がるのでは
ないでしょうか?

被害者の遺族が受ける悲しみも、
事件が公共の場で起これば、居合わせた人々の心も、
ましてや、加害者の家族・親戚の人々も、、

みんな、心にトラウマを持つ事に
なるのではないでしょうか?

何度も云いますが、心のケアが必要な人は、
報道に取り上げられることが無く、
そのトラウマと戦っています。

殺人・レイプ等、、
残された人々に、深い傷を残す事件の取り扱いを、
今一度考える時期に差し掛かっては居ませんか?

このような事件は、弱者に対して一方的に、
大きな力で襲い被害者の心から全てを奪い去ります。

刑期を終えたから、事件の事は忘れてと言われて、
貴方は忘れられるのでしょうか?

笑って話せる、、そんな内容なのでしょうか?

加害者の情報公開は、最低限必要な事です。

情報公開をする事は、逆にスプラリミナル効果を
もたらし、犯罪抑止効果の一因にさえなると思います。
 
 続きを読む…  
Posted at 06:58 / 生活 / この記事のURL
コメント(0)
「犯罪 前編」 / 2005年08月15日(月)
ニュースでは、今日も尊い命が奪われた
と報道をしています。
そのニュースの締めに、必ずキャスターは言います

加害者に精神鑑定を、、
加害者の今後のカウンセリングによる心のケアを、、

との言葉を、よく聞きます。

果たして、加害者に心のケアが、必要なんでしょうか?

加害者の心のケアをする以前に、
もっと心のケアをしなければならない人達が
居るのではないでしょうか?

自分は、被害者の家族、、
加害者の残された家族、
現場に居合わせた人々にこそ、
心のケアをする必要が急務だと考えています。

しかし、何故、、、

加害者本人の人権を守ろうとするのでしょうか?

人を殺めたのに、その気持ちを理解しようと努力する、、
その時の心の状態を理解してどうしたいのでしょうか?

犯罪のプロファイリング・データとして、
次の犯罪の抑止効果を考えるとでも
云いたいのでしょうか?

「冗談を言うのも良い加減にしろ!
何が今、必要か見えていないのか、、」

って言いたい気分です。

何故、したり顔した精神科医の先生方は、
その様な事を平気な顔して云えるのでしょうか?

自分は、対岸の火事を眺めるような
その態度が気に入りません。

本来、保護されるべきであるのは
弱者である立場の人です。

加害者が弱者とでも云うのでしょうか?

犯罪を犯すその寸前までは、
何らかの心に傷のある弱者であった
と言えるかもしれません

しかし、犯罪を犯した時から、
弱者ではないと思います。
 
   
Posted at 06:56 / 生活 / この記事のURL
コメント(0)
「依存 後編」 / 2005年08月09日(火)
と言うのは、、、

その後の結果に対して、責任を取る意思がない
と言う事に感じられませんか?

責任を取る意思が無いので、
行動が短絡的になり、
その為に周りの人を巻き込んで行く、、
そんな状況が予想出来ます。

そんな状態でありながら、
「本人には最後の意思決定を下した」
という感覚が無いので、
行動を改めようという気がありません。

逆に、周りに関係する人達に背を向けて、
もう一段、深みにはまってしまうでしょう。

これは、ひとえに行動による結果を、
物や他人のせいにして、
自分を正当化してしまうからだと
思われます。

「自分を傷つけたくは無い」

そんな気持ちが、根底にあるのでしょう

根底にあるので、自分では気が付きにくい
いや、気が付いても見て見ぬ振りをする。

自分は、誰かに相談を受ける時に、
まずは自分自身を好きになる事を進めます。

しかし、自分を好きになる事と、
自分を傷つけない事とは違います。

人が動けば誰かを傷つけるかもしれないし、
自分が傷付くかもしれない、、

だから、人は行動に責任を持つのだと感じます。

楽な方向に逃げる気持ちも分かります。
しかし、逃げてばかりで良いのでしょうか?

いつか、逃げる事からさえも逃げる気がします。

出来ることが何も無いと感じるのは、
自分の居る足元がちゃんと見えてないから、、、

まずは、自分の足元を見て感じてください。
本当に何も出来る事が無いのか?と、、

ジタバタするしかない時は、
ジタバタしてみて下さい。

自分で考え選択した、
そのジタバタする行為は、
素敵な事だと思います。

また、人に任せずに、自分で歩く道は、
険しく辛い事も沢山あるでしょう。

でも、その先に待つもの全て、
自分の身となり支えとなります。

最後に、、、

誰かに依存したり、物に依存してる方も、
このブログを読まれてる事と思います。

その後に訪れる結果は、貴方の意思で訪れました。

依存はしていますが、実は無意識に意思決定を
自分自身で繰り返し行っていると、自覚して下さい。

それは、「意思決定を依存する」と言う
無意識の意思決定を行っているのです。

簡単な気持ちの問題ですが、
それだけで今より少し責任感が芽生えて来ます。
 
   
Posted at 05:27 / 生活 / この記事のURL
コメント(0)
「依存 前編」 / 2005年08月09日(火)
何かに頼る事を、依存と呼ぶのでしょうか?

もしそうだとたら、、
少し他力本願に聞こえてしまいますね

今、貴方は恋人と、静かな湖畔に来ています。
そして、湖面の傍らにある小石を手に取り投げました。

小石は、大きく弧を描きながら湖面に落ちていきます。
湖面は、落ちた場所を中心に、
幾重にも小石の起した波紋を伝えています。

小さなその小石の起した波紋は、
自分はここに居るよと云うかのごとく、
幾重にも広がり伝えています。

ただ、この波紋を起したのは、
貴方ではありませんでした。

静かな湖面でさえ石を投げれば、
そこから波紋が広がります。

これと同じに、人が何かをすれば必ず、
何処かで何かを感じる人が居ます。

その最初の何かを、人に任せて自分は見ている、、

「これは、誰の為の人生なの?」

そう考える自分は、間違っているのでしょうか?
頼る事自体が、悪いとは思いません。

出来ない事や、あると便利な物もあります。
一緒に居て、幸せな気持ちになる事があります。

しかし、「自分の人生」という事に措いては、
主であるはずの自分が、従になる、、、
逆転してしまっては、如何なものかと思います。

依存するのと、効果的に利用するのでは、
雲泥の差があると思います。

「利用する」、、
この言葉が少し語弊を、
招くかもしれませんが
全体の本質を感じてください。

効果的に利用するとは、、

自分の気分転換の為、
仕事の効率を上げる為、、
自分の生活を豊かにする為、、

自分を中心とし、
最後の判断は自分で行う事が可能な
そんな行為と考えられます。

では、依存状態では、
最後の判断は誰が下すのでしょう、、

それは、煙草であり、薬であり、
家族・恋人かもしれません。

何度も言いますが、頼る事は悪い事
ではありません。

では、何が悪いのでしょうか?

「最後の判断を、自分が意思決定出来ない」
これが頼る事を、悪者に仕上げています。
 
   
Posted at 05:25 / 生活 / この記事のURL
コメント(0)
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
GMO MadiaHoldings, Inc.