季節の色があります

May 21 [Mon], 2007, 7:05
春は比較的パステルカラーの色が多いと思いませんか?それに花の周囲には芳しいよい香りがしますよね。

夏は、はっきりした鮮やかな色で、黄色とかオレンジ色の暖色の花が多くないですか。
気候がムーンとした暑い中に、花の甘い香りが漂うと夏だ〜と気分がさらに盛り上がります。

秋は枯れ葉色と言いますか木々が朱色ぽく燃え盛るような、しかし熟した実り豊かな季節の色です。

冬はあまり花は咲かず、辛抱強い草木と、針葉樹の濃い緑のピンと尖った緊張感のあるイメージです。
それに白い雪化粧をされた冬の景色。
ヒイラギの枝、飾り立てたクリスマス・ツリーが印象的です。

色に関わった歴史上の人々

April 25 [Wed], 2007, 7:13
ピタゴラス(紀元前6世紀頃、ギリシャの哲学者・数学者 ピタゴラスの定理)ものが見えるのは粒子のため、
プラトン(BC427〜347年 古代ギリシャの哲学者 著書に「ソクラテスの弁明」)目から発せられた光の進み方、
アリストテレス(BC384〜322年 古代ギリシャの哲学者 プラトンの弟子)光がどのようにして進むか、波動説、
そしてアイザック・ニュートン(1642〜1727年 イギリスの数学者・哲学者 万有引力の法則を発見)光の7色、
ゲーテ(1749〜1832年 ドイツの詩人・小説家 戯曲「ファウスト」など)著名な「色彩論」がある、
アルバート・アインシュタイン(1879〜1955年 ドイツの理論物理学者 「相対性理論」を完成)と、名だたる方々が色に携わってこられたのですね。

暖色は男性的なエネルギー、寒色は女性的なエネルギー

April 24 [Tue], 2007, 15:38
赤、オレンジ、黄色は男性的なエネルギーを持っていて、緑とマゼンタは男性と女性の両方の性質、青、藍色、紫色は女性的なエネルギーを持っているそうです。
活動的か落ち着いた感じかということでしょうか。

カラーバスに入って色に包まれる

April 24 [Tue], 2007, 14:31
アロマテラピーで言う入浴、アロマバスみたいなものでしょうか。
アロマバスではエッセンシャルオイルをお風呂に入れますが、妊婦さまはなるべく避け、或いは専門家の指導を仰いで下さい。
カラーバスは色付きのお湯です。
一種のバスクリンのような…。
色、カラーで身体を直に癒すのです。
お風呂の水を変えるための材料ですが、食品を使う、色のある花びらを使う、市販の物を使うなどあります。
そうそうバスソルトがありますよ。
アロマバスと言いますか、私はスーパー銭湯さまの薬湯が好きで、成分もですが、色がブルーなど冷たい感じですとさらにクールになります(どこが)。

活気ある配色にする方法

April 23 [Mon], 2007, 7:45
印象が大人しく感じたり、インパクトや緊張感が足りない時に次のようにするそうです。
補色(反対色)を加えること
面積比を大きくしたりして変えること
明度のコントラスト(対比)、明度差をつけること
白黒でコントラストをつける、アクセントにするのも1つの方法

落ち着いた配色にする方法

April 23 [Mon], 2007, 7:31
イラストや、例えば洋服のファッションでも、色調が予想に反して落ち着きがない時、次のようにするそうです。
@トーンを落とす
A白〜黒を入れる

飛び抜けた色を落ち着かせる方法
トーンのズレをそろえる
同系色を添える
明度(明るさ)をそろえる
彩度(あざやかさ)をそろえる

光の3原色と顔料の3原色は異なります

April 18 [Wed], 2007, 13:38
色光は赤、緑、青です。
各色を等量ずつ混ぜ合わせると、白くなり、白色光ができます。
光の色は“加法”的とされています。
これら3色からスペクトルの全色を作ることができます。
それらすべてを混ぜると白色になります。
ですので、色を混ぜ合わせても黒くはなりません。
物体色、顔料の3原色が赤、黄、青です。

光を反射するのは白色、光を吸収するのは黒色です

April 18 [Wed], 2007, 12:45
例えば赤色ならば、赤以外のすべての色の波長を吸収し、赤の波長を反射しているのです。
それで赤く見えます。
反射している色がその色です。
すべての光を吸収すると黒く見えます。
白はスペクトルのすべての色が含まれていて、光を反射します。

色相環からみた4つのタイプ

April 16 [Mon], 2007, 9:02
色相環の上での分布図から、次のように4つのパターンに集約できるそうです。

A 全色相タイプ
色相環上の分布図をみると均等に各色が分布しているタイプです。
赤・黄・青の3色もこの1種です。
これはホロスコープで言えば、満遍なく惑星が散らばっているスプラッシュ型になるのでしょうか。

B 補色(反対色)タイプ
補色関係にある色を中心にするタイプです。
このタイプは色相的にもバランスがとれていますが、全色相タイプに比べると整理が進んでいます。
180度のオポジションが多いタイプになるのでしょうか。

C V字タイプ
類似色の集まりです。
Dの同系色タイプと近い関係にあります。
色相的に2つのグループに明確に分かれ、その色相距離がV字になります。

D 同系色タイプ
同系色だけで構成されるタイプです。
色相環上では必ずしも1点ではなく、かなりの幅を持つ配色もこのタイプとします。
前のV字と違い、この色相幅が連続的です。

色の散らばり方をホロスコープのいろいろな型で考えるのも面白いと思いました。

占星術と色の結び付き

April 16 [Mon], 2007, 7:51
12の星座と10の惑星、そして火・地・風・水の4つのエレメントも色と結びついています。
牡羊座は赤、牡牛座はピンク色…というように。
火のエレメントは赤色で、地は緑色、風は黄色または青、水は青色です。
惑星にも色があります。
本当にみなさまのイメージ通りなのですが、太陽はゴールドのように派手な輝き、月はシルバー、金星は愛と美の惑星でピンク色、火星は赤く輝くので赤色、木星はルールを守り高貴な紫色、土星は抑圧と義務の茶色、天王星はネイティブ・アメリカンのように魂は自由でいたい空色のターコイズ、海王星は深い海の青…と、色で捉えるのも興味深いです。
P R
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/color1223/index1_0.rdf